スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
2月22日
2月22日は猫の日であり
大好きなイロハベーカリーさん
3周年記念の日でもある。

去年は2周年ということで
職場の事務さんにお願いして
素敵なドールハウスを作ってもらった。
今年はどうするかとさんざん迷って
いろいろ考えて結局、お花にすることに。
アレンジをお願いしたのは
以前からとても気になっていた
甲子園(兵庫県)にあるハルキナさん。
店主さんに何度も電話で相談し
その度にきめ細かく対応して下さり
当日はかわいい素敵なお花が
ケーキのように届いたらしい。
あまり見たことのないような
小さな花達はみずみずしくてしなやかで
緑が多いアレンジも
3周年のお祝いにぴったりで感動した。
もちろんイロハベーカリーさんのご夫婦にも
とても喜んでいただけた。

R0017720[1]
*ハルキナさんからメールでいただいた写真

3周年の3は特別な数字に思えて
今回数字の『3』のお花を用意してもらった。
お経も3回だしヨガのマントラも3回。
三三七拍子とか、柏手も3回とか
おめでたい時にも『3』という数字は何かと使われて
区切りという意味でもきっと
いい数字だと個人的に勝手に思う。

私達が「美味しい」と言って
ペロッと食べてしまえるパンも
適当にパッパと作れるわけではない。
時間を変え、材料を変え
いくつも製法を分け
何十種類もパンを焼くパン屋さんという仕事は
パンの美味しさや柔らかさとは真逆かも知れない。
お花屋さんの仕事も
仕上がりしか見ていないけど
体力仕事だし手は冷たいし
きれいなものほど美味しいものほど
見えないところで皆さんがんばっている。
一日中一人でパンを焼いておられる
イロハベーカリーのご主人は
ボクシングで鍛えているとはいえ
かわいい奥さんが支えてくれているとはいえ
夕方にパンを買いに立ち寄ると
疲れてフラフラになっておられる時もあった。
体調を崩し仕事の合間に点滴に通われている時でも
「こんにちは」
「いらっしゃいませ」と
レジで奥さんと話している私に
笑顔を向けてくれる姿は
オープン当時から何も変わらない。
美味しいパンを目指して
地に足をしっかりつけて
がんばっておられる姿はとても素敵だった。

奥さんは年に2回
「パンと暮らし展」という小さなイベントを
お店の片隅でやっている。
こちらも慎ましいくらい地味に
パン屋さんの一角に一時期だけ
雑貨やお菓子が並ぶ。
回を追うごとにディスプレイも
何もかもまとまってきて
小さくても続けることの大切さや
継続は力なんだということを
見せてもらっている感じ。
今回、友達のがなつみちゃん
去年に引き続きお菓子で
参加していることも嬉しい。

IMGP0731.jpg
IMGP0734.jpg

うちの猫達は猫の日も関係なく
いつもと同じように過ごしている。
野良で助けられた諭吉も
ロシアンブルーだと言われて
段ボールに入れられていた桃ちゃんも
誕生日がわからないまま
年月は経っていく。

IMGP0800_20130303235446.jpg

それでも小さな命が生まれて
生きていることはおめでたいし
小さな町の小さなパン屋さんが
オープンした記念すべき2月22日も
毎年変わらずにおめでたい。

イロハベーカリーさん
3周年おめでとうございます。









スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[ステキなお店
comment
うわお*
なつみちゃんの素敵で美味しそう!  
お花とってもとっても素敵ですね。
わたしの名前と誕生日で3が3つ入ってるからいいことあるかも(*^^*)

諭吉君凛としてていたずらっ子には見えないな~
2013/03/04 00:29 | | edit posted by 330
Re:
330ちゃん、コメントありがとう。
そうですね~
三がみっつ、確かに縁起がいいかも。
私のペンネームも『三』がつきますよ。

うん、なつみちゃんのお菓子美味しかったです。
何種類も買って楽しませてもらいました。

お花は緑が多かったのが
新鮮で良かったです。
“今から熟していく感じ”が
お祝いというだけではなくて
ぴったりでした。

諭吉の珍しくちゃんとしている写真です。
なのでこの時、角度を変えたりしながら
30枚くらい撮ったかな?
そしてこの後、ガス管をかじりに行き
夫に怒られていました。
2013/03/04 01:13 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。