スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
変わるきっかけ
チャリティヨガが17日の日曜に終わりました。
皆さん本当にありがとうございました。
さちこさんお疲れ様でした。

IMGP4227_convert_20110423233104.jpg

今回、嬉しかったことはいっぱいある。
なつみさんから前夜届いたお菓子達。
彼女はとても笑顔がすてきな人なので
きっとこのお菓子を作っている時も
食べる人の幸せな気持ちを想像して
きっと笑顔で作ってくれたと思う。
いつもブログで見せてくれるおいしそうな料理やお菓子に
近所ならストーカーになっていたに違いない。
そしてやっと念願かなって食べられた。
当日朝もメールをいただきチャリティヨガに寄せての
お手紙までいただいただいた。
御所で皆さんの前で読ませていただきましたが
ごめんなさい、おいしいのでさっさと食べてしまいました。
本当にありがとう。

サプライズはくみこさんもクッキーを焼いてくれて
こちらは手土産となりました。
こちらも愛情のつまったおいしいもので
皆さん喜んで持ち帰ってくれました。
何だか嬉しく意味がないまま
一緒に長机いっぱいに並べておいて
眺めて更に嬉しい気持ちを倍増させる。

IMGP4057_convert_20110421234741.jpg

今回、「チャリティヨガ」を京都でやろうという私の声に
さちこさんが気持ちよくきてくれて
メールを送ったらまだ日程もちゃんと決まっていないのに
「やろう」と約5分くらいで返事をくれた
神戸のともこさん、そしてくみこさん。
気功仲間の竹山さん、そしてみさをさんなど
ヨガが始めての人も来てくれた。
当日、マットやらCDを提供してくれて
私の夫の車に乗ることになってしまったゆみこさんも。

「やろう」という気持ちが起こっても
一人では出来なくて
支えて下さったり参加して下さる人がいなけでば
何の形にもならないことも知った。
それくらい皆さんから力をいっぱいいただいた。
そして、来て下さる方のことばかり心配したけど
よく考えればさちこさんにとっても
私の知り合いがほとんどで
全員が初対面。
チャリティヨガなだけに
いわきでのこと原発のこと
そしてこれからのことも含めて
いろんなことが伝わるかも心配だったと思う。
本当にお疲れ様でした。
さちこさんは語っていた。

“皆さんにできることとして
 いわきの野菜を買うことなどで
 被害にあった土地の人を元気に出来る
 風評被害に惑わされないで
 現地の情報は役所などのHPで見れます”

さちこさんがいることで、話を聞くことで
今まで身近でなかったことを
とても身近に感じられて
他人事ではなくなり目を背けてはいけないなと
それぞれ皆さん感じてくれたと思う。

この日を励みに仕事も一番ハードな時に頑張れたし
私自身がいろんなことを振り返るいいきっかけになって
きっとこれからに繋げていけそうな確信を
いっぱいいっぱい頂いた。

ヨガの後、御所で食べたMAMAROのカレーや
なつみさんとくみこさんのお菓子は
素敵な時間にもう一つプラスαの幸せをくれた。
愛さん、奈緒さん、詩子さん、智子さん、
平岩さんも本当にありがとう。
いろいろ考えていたのであまり写真が撮れなかったけど
充実した時間で
いろんなことを話せたし聞けた。
これから又、やりたいことも
私の頭にはしっかりあるので
その時は良ければ手伝って下さいね。
どうぞよろしくお願いします。

皆で輪になって御所で話をしていた時に
ともこさんと平岩さんが
「ご主人変わったねー」と言ってくれた。
私のブログを以前のものからずっと読んでくれていると
確かに夫の変化がわかるのかも知れない。
確かに夫はだいぶ変わったかも。
今日は挨拶に顔を見にきてくれた
ともこさんに「にこっ」とちょっと笑顔を作れていた。
これはともこさんがかわいいからと片付ければそれまでだけど
以前なら考えられないことである。

まず自分を整えること。
まず自分が幸せになること。
すると周りにも広がることを
いつも気功の天野先生が言ってくれる。
そして先日、佐藤初女さんも
「誰かを変えようとか、良くしようとか思わなくていい。
 答えは本人の中にあるのよ」って言ってくれた。
ヨガでも同じ。
きっと大切なことは実は一つなんだろう。

IMGP4078_convert_20110422235333_20110422235537.jpg

本人や身近すぎるとわからないことも
少し距離をおけばきっと
はっきり判るのかもしれない。
東北に友人がいなかったら
地震のことなどそんなに考えなかったかも知れない。
いわきに知り合いや友人がいなければ
原発のことも考えなかったかも知れない。
そんな自分にぞーっとしつつも
私だけでなくて
それぞれの人が何かを考えるきっかけに
今日の日がなればとても嬉しい。
もう何かやっている人も
これから何かをやろうと思っている人も
それぞれが自分に出来ることを
無理なく長く継続できればいいな。
突然人は変われないけど
他人から見ればちょっとした些細なきっかけでも
人は大きく変われたりする。
さちこさん、本当にありがとう。
一年前にコベヨガの峰岸道子さんのWSでお会いして
偶然更衣室でお話しした縁も
きっと何かが繋げてくれたんだろうと思う。
何せ、同じ苗字だしね~
今日の日に、同じ時間を過ごして下さった
皆さんお一人お一人に
心から感謝します。

夕方、夫が迎えに来て
一応、マットなど運んでくれたのでお礼を言っといた。
「君の友達、何か知らんけどみんな
 気持ちがきれいっていうか
 人のいい顔をしてるな」だって!
この男、私が思っているよりも
ちゃんと人を見る眼があるんだなーと
少しだけ感心しながら家路についた。

この日の為にお菓子をたくさん焼いてくれた
なつみさんのブログはこちらから
さっさと食べて写真を撮れていませんが
前日から私だけでなく
うちのちび達(なな、桃、諭吉)みんなが狙っていました→hachimeshi

この日のことを素敵に綴ってくれた
さちこさんのブログはこちらから→気ままなyogini
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:4  
[ヨガ
明日、チャリティヨガ
明日、いよいよチャリティヨガです。
決まってから開催までに
あまり時間がなかったけど
参加して下さる皆さん
応援して下さった皆さん
本当にありがとうございます。

IMGP4027_convert_20110416223709.jpg

思わぬ協力もあって
最近ちょっとおかしくなった夫が
明日はヨガマットを取りに行ったり回収したりと
運んで協力してくれるらしい。
「どうせ暇だし、チャリティやし」という理由らしい。

プレッシャーになると申し訳ない上に
お菓子でつるのもなーと思っていたけど
今回、なつみさんがお菓子で参加してくれるので
明日来て下さった皆さんには
ヨガの後に、とびきりおいしいお菓子があります!
(前夜に書いているので参加者の皆さんは知らないかも)
今日、届いたのですでにこっそり食べたいのを
我慢していたら胃が痛みそう。

お会いしたいなと思いながら
ちょっとご無沙汰してしまった人からも
前日夜に「参加したい」と連絡をもらって
これも又、嬉しい。

出逢い、再会がありそうで
明日はとても楽しみです。
それを、この場で載せられて
暖かい輪が広がりますように。

なかなかご紹介できなかったのですが
講師である“さちこさん”のブログ→気ままなyogini
福島では先日、震度6の余震があったばかり。
きっと心配で気が気でないだろう。

くみこさんも書いてくれました→lumiere
同じイベントでもそれぞれ違う表現が楽しい。

そして今回、参加は難しいけど
いろいろ相談に乗ってくれた千絵さん、
千絵さんのクラスで知り合った方も来てくれます。
本当にありがとう→ヨガメモ

皆さんに愛と感謝を込めて。

IMGP4043_convert_20110416223940.jpg

*写真と文は全く関係ありません。
春の紅葉とたんぱぽは桜ばかりに目がいくなかで
ひっそりしっかり存在していました。
奈良、大神神社にて

Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[ヨガ
サービス
うまくお休みがとれたので
明石まで“みわさん”のヨガに行く。
新快速なら京都から1時間だし
昼特の回数券を使えば
片道1000円ほどで行ける。
3ケ月ぶりにみわさんのヨガに行きたかったし
神戸のともこさんにも会えるし
あけみさんも現地集合で来てくれる。

三宮で約束していたわけでもないのに
ともこさんが何だかちゃんと
新快速の同じ車両に乗ってきて
朝からこの気の合い方に嬉しくなってきた。

IMGP3446_convert_20110207232017.jpg

IMGP3430_convert_20110207231330.jpg

明石の生涯学習センターは
明石公園の中にあって
駅からの道が大きな神社の境内のようで
お城を横手に見ながら森林浴も出来る場所。
バードウォッチングをしている人
マラソン中の中学生
ハイキングのように散歩する人など
思い思いに過ごせる
とってもいい場所だった。
ヨガをしている和室からも
緑の森が見えた。

IMGP3447_convert_20110207232109.jpg

会場に着くとみわさんが
変わらない笑顔で迎えてくれた。
隣では陶芸教室が行われ
楽しそうなおばあちゃん達の声が聞こえる。
それにかき消されるような
それでも透き通るみわさんの声。
彼女の声はとてもきれいで
私がテレビなどの関係者なら
ナレーションとか絵本とか読んでほしい。
でもあまりにも気持ちよくて
聞かずに寝そうなので意味がないか。
前回、みわさんのヨガを受けた時
「この人の声好きだなー」と思って
でもいつも受けている千絵さんのクラスでも
「千絵さんの声好き」と思ってやっている。
それでいろいろ考えると
友達の声を一人ひとり思い出しても
残らず好きだと思える。
職場の高い声のスタッフさんの声も
頭が痛いときはキンキンしそうに思うけど
それでも安心するほど好きだったりする。
そう思って思い浮かべると
自分の友人やお世話になっている人、
職場のスタッフさんの声で
嫌いな人など一人もいない。
それでも人ごみや
電車の中で聞こえる声は
なんだかとてもうっとおしかったり
頭が痛くなったりする。
自分の好きな人達は
容姿だけでなくて
他のその人を取り巻くもの全てを
自分が認めて、許しているのかな。
それから人と接する時に
声をとても注意深く聞くようになった。
強さ、弱さ、優しさ、やわらかさ、硬さ
透き通ったり、甘かったり、安心したり。
普段はすぐ容姿に目がいくけど
日常では眠る時くらいなのに
ヨガではよく目を閉じたりするので
その時、感じる鮮明な感覚は
ヨガが終わっても意識すれば続いていく。
顔が鮮明に思い出せないことがあるけど
声は思い出せる場合もある。
そんなことを考えていると
自分の今いる世界は
好きな世界に自分が飛び込んでいるような
自分で好きで作っているような
不思議な感覚がある。

IMGP2598_convert_20110207231232.jpg
あけみさんが会ってすぐに
“やられた”と絶賛!
とってもかわいいみわさん。
11月の写真ですが、又使ってしまいました。


ヨガではよく伸びた。
手や足の関節など
気持ちよく伸びて
彼女の動きがバレリーナのようにきれいなので
つい見惚れてしまうけど
自分自身の土台作りは
焦らずじっくりしないとな、とか
硬くなっている所では呼吸を入れ
ちょっと立ち止まってみたり
うまく出来なかったら手放すと
案外上手くできるかもしれないとか
やっぱりそれが“クリパルヨガ”
日常で使えるたくさんのキーワードが
散りばめられていた。
気持ちよく緑の森を見ながら
身体を伸ばす。
自分と向き合い
ゆったり呼吸をする贅沢な時間。
90分のクラスはあっという間だった。

IMGP3437_convert_20110207231917.jpg
私が写真を撮っていたので
荷物を持って下さった。
調子に乗ってお2人の後姿を連写。
私の荷物も含んで荷物多いな、すいません~


あけみさんと別れて
ともこさんとランチに行くことになった。
みわさんに「どこかお薦めは?」
と聞くと「明石焼き」「海鮮料理」など
色々言ってくれたけど
何だか私とともこさんが
「ヨガの後はカレー」というものだから
結局、カレーのお店に連れて行ってもらう。
780円で大きなナンとご飯、
飲み物もやサラダもついてきて
量も多いのにおいしいお店だった。
3人で半分ほど食べた時に
お店の人が急に
「すいません、団体さんが来たので
 席をあっちに替わってもらえますか?」と言われた。
相席とか、ちょっとずれるとかではなくて
座敷に座っていた私達は
食事の真っ最中で
靴を履いてテーブル席に替われるのか?
そんなことは今まで入った飲食店で
一度も言われたことがないので
「嘘やろ?」とびっくり。
一瞬、3人で固まる。
ナンをちぎる手が止まる。
しかしそこは優しい“みわさん”“ともこさん”
そんな人と一緒にいるので
私もインド人の店だしと(←偏見です)許せて
靴を履いてテーブル席にヨガマットや何や
大荷物と一緒にゾロゾロと大移動。
不思議なことに違う席でもう一度食べ始めると
又、違う店で食べているみたいな感覚と
お腹いっぱいになりかけていたけど
食欲がもう一度出てくるという
これはこれでおもしろい体験だった。
いっぱい食べてたくさん話して
帰ろうとした時に
京都から持ってきた、
お菓子があることを思い出した。
席を替わったげたんやし
このお菓子をみわんやともこさんと分けるのに
サランラップくらいもらってやろうと
お店の奥に入ってお願いする。
するとこのお店、
ラップを気持ちよくもらえた上に
輪ゴムやら容器(使い捨てタッパー)やら
わざわざ出して席まで持ってきてくれた。
お店の食べ残しを持って帰るのではなくて
テイクアウトを頼んだ訳ではない。
あくまでも私の持込みお菓子を
分けて持ち帰る為にだ。
席は食べてる真っ最中に
容赦なく移動させるのに
この変なサービスの良さって何???
それがおかし過ぎて
お店を出てから3人で大笑い。

団体客は小さな子供達とお母さんで
お行儀よくカレーを食べていた。
あの時、席を替わってあげて良かった。

IMGP3448_convert_20110207232219.jpg

帰りの新快速では
寝て起きても、寝て起きても
早々には京都に着かない安心感で
京都に着いたら寝違えて
首や肩がキンキンになっている。
まぁ、いいか
明日気功の学校だし
きっと明日には治るだろう。

ヨガマットを背負い
三宮でともこさんに付き合ってもらって
買物もしたし
あけみさんから頂いたパンを持って
荷物いっぱいで
嬉しそうに帰ってきた私。
家に帰った瞬間に
夫は風邪で高熱があったのに
ふらふらで仕事に行ったことを
楽しすぎて忘れていたことに気付く。
「あっ、ごめん。
 でも明日、私は気功の学校に行くから
 ゆっくり寝て治してな」
心でそうつぶやいた。 

夜、みわさんのブログを見て愕然とする。
みわさんのブログ
すっかりこちらも読んでいたのに忘れていた。
みわさんはここ数日カレーが続いて
明日もカレーの会に参加することを。
「TVでインドの人は認知症になりにくい。
 カレーの香辛料がいいらし」とか言って
 *つい2,3日前のTV情報
何とかカレーを食べようとした
自分が恥しかった。

IMGP3457_convert_20110207232308.jpg

素敵な時間を皆さん、本当にありがとう。
夕方までつきあってくれたともこさん
息子さんを図書館で待たせて
ヨガに参加してくれたあけみさん。
そしてみわさん、ごめんなさい。
でも又、明石に行きたいな。
あのお店にももう一度行きたい。
自分の持っているつまらない
“こだわり”や“思い込み”
“普通はこうだろう”とか
簡単にくつがえされるのも楽しい。
自分とは考えの違う
誰かを受け入れたりしながら
カレーを食べるのも又、楽しい。






Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[ヨガ
意識を広げる
以前、千絵さんと食事をしていた時に
一年気功を学んで、無事“気功の学校”を卒業した私に
「気功を教えないの?」
と言う話になり
「私はまだまだそんなレベルでは。
 京都には天野先生がいるし
 やるなら天野先生から習うのがいいと思うもん」と言った。
千絵さんは
「あぁ、わかる。私も東京にいたら
 がんばってクリパルヨガを広げようって思わないかも。
 TOSHIさんとかいい先生がたくさんいるわけだし。
 京都だから、こんなにがんばろうと思ってるかも。」

それはカレーを食べながら話していたんだけど
千絵さんが本当にこの一年がんばってきたことを
私は知っていて応援していたわけだし
きっとマイペースな彼女が
この秋から二つのクラスを掛け持ったりする日があるのも
結構しんどいだろうなと思っていた。
見栄やプライドなどは持たずにただ純粋に
クリパリヨガを広げたい。
その中に自分を売り込みたいというエゴ的なものは
全くない彼女は自分のことを
「クリパルヨガを広げるツール」だと
最近言い切っている。
その千絵さんがずっと話てくれていたTOSHIさん。
私が何かに気付いたり教えられた話をすると
「あっ、わかる。TOSHIさんも言ってた」
といつも言っていた。
そしてどれだけ経験をつんでも
生徒さんが集められるようになっても
何年経っても
先生ではなくて
一人の人間として人の前に立つということを
忘れてはいけないと言われたと。

IMGP3308_convert_20110115001751.jpg
*写真と文は全く無関係です。

そのTOSHIさんが京都にWSで来られた。
三浦徒志郎ワークショップ
クリパルヨガ入門 in KYOTO
千絵さんのブログはこちらからヨガメモ

これは行かないと。
DVDで声や顔は見ているけど
ご本人と会うのは初めてだった。
料理教室つながりで来て下さった方や
いつも千絵さんのヨガでお会いする方もいて
それだけでテンションはあがる。
何より千絵さんがどれだけがんばって
この日を迎えたのか。
どれだけ嬉しいのかなと思うだけで
私は本当に嬉しかった。

TOSHIさんは思っていたより
背が高かった。
千絵さんの言うとおり
気功の天野先生の声に負けないくらい
声は心地よくたまらない眠さを誘う。
会場である和室に入ると
一人ひとりに
にこやかに丁寧に挨拶して下さった。

私が今までに参加したヨガのWSとは
違う雰囲気だった。
とにかく雰囲気が柔らかい。
ちょうどいいTOSHIさんの声、
ちょうどいい人数のように
何もかも決められていたように
ストーブが置かれた誓願寺の広い和室は
暖かかった。
道場のような雰囲気とはちがって
参加の皆さんも
「がんばってヨガをしている」
「鍛えている」
「私は教えてるから」みたいな
ギラギラした人もいなくて
皆さんとても素直に自然に参加されていた。

TOSHIさんは言い切る。
「ヨガは意識を広げるツール」だと。
わかりやすい説明で
自分の身体を自分自身を見つめることだと。
日常で起こる様々なこと。
例えば生きるとか死ぬとか
そんな劇的なことでなくても
小さなことでも
自分の感覚を研ぎ澄ませば
意識を深く持っていけば
感覚も意識も変る。

風が吹くことで見えないけど
空気が動いて
何かを感じて
エネルギーも動く。
そんな話も良かった。
気功を初めてから
ヨガが前ほど出来なくなったのに
(これは青森のともこさんも言ってたっけ)
クリパルヨガだけは抵抗なく出来る理由は
きっとここにある。
気功で習ったことと重複していて
とても安心していられた。

IMGP3316_convert_20110115001948_20110115002513.jpg

手を伸ばす、右手を伸ばしたければ
右手だけを伸ばすのではなくて
左手も一緒に伸ばせば可能性は広がる。
これはヨガだけではなくて
どれだけ押しても出来ないことが
引いてみたり
違う角度から
違う手法でやってみると
とっても簡単に出来たりする。
ヨガを日常に生かすというのはそういうことらしい。
意識を内に向けていき
自分の持っている可能性を最大限に生かす。
でも決して無理しない。
今ここにいること
ここで呼吸していることを感じて。

最後に感じたことを何人かの人が
あてられて発言していたけど
私はきっとこういっていた。
「千絵さんがTOSHIさんを好きな理由がわかる」と。
そんなことを言えばきっとWSの雰囲気を
壊してしまうかもしれない
初心者の人も3人ほどおられたが
皆さんそれぞれ自分の身体に意識を向けることで
何かを感じておられた様子。
女性更衣室では皆さんそれぞれが
とても優しい気持ちになれる映画をみて
「良かったねー」と顔を見合わせて
映画館から出てくるような
雰囲気が流れていた。

千絵さん、本当にお疲れ様でした。
今日はお会いできなかったけどみわさんも。
ありがとう、素敵な時間でした。

酵素風呂帰りで全身からちょっと匂う私と
ペアを組んで下さった愛さん。
「私と足のサイズ同じ、24.5?」
などと集中力のないことを言ってごめんなさい。
楽しかったですね。
予習までして来て下さった岩崎さん
私と会うことも楽しみにして下さっていた由美子さん。
皆さん本当にありがとう。
幸せな気持ちとはこういうことを言うのだろうと
凍えそうな京都の夜の
帰り道で思った。

世界中をふらーっと旅していそうな
そしてどこの国の人とも
壁を作らず話されていそうなTOSHIさん。
又、きっと京都に来て下さいね。
きっと千絵さんが呼んでくれると思いますが
皆で次回を首を長くして待っています。


Posted by 諭吉セブン
comment:6  
[ヨガ
紫の紫陽花の人
今日は京都の誓願寺で
クリパルヨガのWSがあった。
東京の渋谷からTOSHIさんが来て下さった。
注:千絵さんからいつも話を聞いていたので
  なんだか馴れ馴れしく書いているが初めてお会いした。
千絵さん、お疲れ様でした。
とても楽しかったです^^
嬉しいことに私のブログを見た人が
このWSに来てくれている。
お一人はヨガが初めての方。
私が何かのきっかけを作れたなら
こんなに嬉しいことはない。
もうお一人は私のブログがきっかけで
千絵さんのヨガに通ってくれている上に
気功の天野先生の新刊も
もう既に買って読んで下さったとか。
わぁ、嬉しい。ありがとう。
お2人とも森田料理教室つながりだ。

CA330088_convert_20110116015203.jpg
           花瓶を考えている間に紫陽花をテーブルに置いた際の一枚。

そして久々に男性からお花をいただく。
ヨガの先生やアシスタントならともかく
単にWSに参加していただけなのに
優しい人なので
千絵さんと色違いで私にまで。
何て嬉しいんでしょう。
それもうっかりしていた間に帰ってしまわれ
紫の紫陽花が預けられていた。
昔大好きだった“ガラスの仮面”を思い出す。
あれは“紫のバラの人”だっけ。
すっかり影響され
演劇をやりだしたのが15歳の時だった。
今でも本やブログを読んだり
ドラマを見た時に
登場人物の気持ちが自分の中に入ってきて
痛いほどわかる時があるのは
きっと演劇をやっていたからだと思う。

岩崎さん、由美子さん、
4ヶ月ぶりにお会いした愛さん、
楽しい時間が共有できて
本当に嬉しかったです。
皆さん本当にありがとう。
たくさん書きたいことや
感じたことがあるけど
千絵さんがブログにアップしてから
載せたいと思います。
それでは又、後日。

Posted by 諭吉セブン
comment:6  
[ヨガ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。