スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
シーツを洗う
先日から私の家ではあちこち血のりがついていた。
誰の血かわからない。
人間2人と犬猫3匹が住んでいるが
私はバレーの練習で足の指から皮がめくれ出血があり
バンドエイドを貼っていた所を
諭吉に「ビリッ」とはがされた。
皮がくっつきかけていたのにめくれてしまって出血中。
おまけに私の皮がくっついたバンドエイドまで食べていた
 *諭吉は湿布とかバンドエイドが今の一番のお気に入り

夫は色々と生傷が絶えず、現在ケガがあり出血している。
それとも犬猫達の誰かが血が出ているのかもしれず
床を拭いたりシーツを洗っていたが
ようやく誰の血かわかった。
私と夫のケガは治り、諭吉の足の肉球からだった。
ちょっとの傷なのですぐに治るかなと思っていたが甘かった。
毎日のように舐めるので治らずに広がっていき
毎日あちこちに血がついた。
こういう時に限ってお休みがとれず
なんとか仕事の後、高速を飛ばして病院にいくと
皮がすっかりめくれているのがはっきりわかり
「火傷やね」と先生から一言。
もっと早く気づいてやれば良かった。
かわいそうなことをした。

諭吉は本当にくいしんぼで
台所にもコンロの上にもしょっちゅうくる。
料理したてのコンロで去年の冬は髭と眉毛がちりちりに焦げた。
こないだ料理が終わった直後に一瞬目を離した時
コンロにあがってきたが、怒ると珍しくすぐに降りてくれたが
きっとあの時だっとと思う。
「猫の舌はざらざらで、組織を破壊しても舐め続けるから全治10日はかかるよ」
と病院の先生にきつく言われショックを受けた。
なので24時間、カラーを外せない生活になりました。
IMGP1632_convert_20100830225558.jpg

かわいそう。でもこのカラーかわいいので
写真もいっぱい撮っています。
IMGP1636_convert_20100830225729.jpg

これは今は亡き龍之介(享年17歳半 雄)が以前おできが出来た時に使っていたもの。
その時もかわいそうだけどかわいくていっぱい携帯で写真をとった。
ストレスは相当かかるだろうなと思っていたが
龍之介よりストレスがかかったのは押入れ猫の桃ちゃんだった。
カラーをつけた龍ちゃんは別の生き物みたいに見えるらしくて
夜中に今までに聞いたことのない唸り声をあげていたり
ご飯も一口も食べずに、怖がって震えていたっけ。

「今回は大丈夫ですように」と思ったが
案の定、桃ちゃんは怖がって
ほとんど押入れから出てこなくなった。
この夏はよく押入れから出てきてくれたので
喜んでいたのに又、振り出しに戻った。
そしてご飯も2日拒否中である。

諭吉が傍に寄っていくと
「うーーー」という地獄からの叫び声みたいな恐ろしい声をあげるので
私は夜中に悪夢とともに何度も目が覚める。
諭吉本人は
あちこちぶつかって不自由な生活に思えたが
思いのほかくつろいでいて
大物ぶりを発揮していた。
IMGP1627_convert_20100830225400.jpg

しばらくはかわいそうだけど
さすがに今はコードをかじらないしいたずらも出来ないので
それだけでもちょっと安心だ。

以前、龍ちゃんが生きていた頃、
龍ちゃんがカラーを巻いている写真を友達に見せて
「桃ちゃんが夜中にうなされそうなくらい怖い声でうなるねん。
 何で怖がるんやろ、何に見えるんやろ?」と話すと
「わかった!!ライオンに見えるんちゃう?」と言われ
「そうかー!」と納得して帰ってきたけど
冷静に考えれば桃ちゃんも龍ちゃんも
生まれてからライオンはおろか
熊にも虎にも会ったことがないと気づいた。
結局何に見えるのかはわからないけど
怖いことは確かのようだ。

040424_1840_01.jpg040502_0831_01.jpg
 龍ちゃん(キジトラ)と桃ちゃん(茶トラ)
 今から6年前くらいの写真、桃ちゃんが来てすぐの頃


いいこともあって
この家のシーツは今、
2日に1回は血がついて全部取り換えるので
この暑い中で洗い立てのシーツにほぼ一日おきに寝られるのは
とっても気持ち良くホテルのベットのような??
快適さと思えなくもない。

風水で「毎日シーツを換えると運勢が良くなる」と読んだことがある。
どうしても無理なら、「毎日枕カバーだけでも換える」といいらしい。
何かいい事がありますように。

諭吉のおかげで
台所のに三角コーナーも
5分と生ごみが置かれてあったことも
この1年ない。
おかげでゴキブリも虫もこないので
これはこれで快適できれいに暮らせている。
何がいいかなんて本当にわからないなぁ。

1ケ月くらいシーツを換えなくてじめーっとしていても
三角コーナーで生ごみがちょっとくらい臭っていても
全然気にならない私と夫の為に
諭吉は活躍してくれているのかも知れない。
そう思いながら
文句をいっぱい言いながら仕事で深夜に帰った日も
シーツを洗って換える日が続いている。




スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[諭吉
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。