スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
わすれもの
気功仲間で信楽(滋賀県)在住のよしこさんとは
何度もペアを組んでもらったことがある。
“てあて”ををしてもらうと
ドンピシャでこちらの体の疲れている所に
手を持っていってくれるからすごい。
彼女と話していて悩んでいたことの
答えが天から降りてくるように見えたり
迷っている時に背中を押してもらったこともある。

これは去年に信楽に遊びに行った時のこと。

IMGP1929.jpg

よしこさんは車の洗車をあまりしていない。
畑や田んぼも少しやっているので
あまり車のきれいさを気にしていない様子だ。
彼女の車に乗り
皆で信楽を走っている時
車中のワイワイと楽しい空気と真逆に
その日、天気はどんより雨模様だった。
フロントガラスは曇って前道が見えない。
ワイパーが激しく動いても
隙間から少ししか見えない。
そもそもワイパーはうまく動いてない感じで
かろうじて少し見える程度だった。
サイドガラスも後ろも完全に曇っていて
凍っているかのように周りが見えなかった。

フル稼働のワイパーは
あまり役に立っていなかったことがわかり
よしこさんの娘ちゃんがこう言った。
(6年生のしっかりした子なのです)
「おかあさん、ワイパーのゴム変えようよ」
「何年前に変えたかな?」と
のんびりした口調で答えるよしこさん。

よしこさんは曇ってほとんど見えないはずなのに
カーブが続く山道を普通に走っている。
私の車では、こんなことは考えられない。
車好きの夫は車のガラスにはすべて
ガラスコートをしているので
撥水効果があって見えやすい。
ワイパーのゴムは
半年に一回は新しくなっている。
夫いわく、
ワイパーのゴムは定期的に取り換えないと
ガラスに小さな傷がいくらしい。
細かすぎると思うのだが
確かに会社の車や友達の車に乗ると
その差ははっきりわかる。
愛車は雨の日も視界がくっきりしていて
「前が見えない」というストレスは
ほとんど感じたことがない。

その日、私は家に帰って夫に
よしこさんの車のガラスが
いかに曇っていて見えないか
危ないかを話した。
いつもは私の話などほとんど聞かない夫が
車の話になると眼を輝かせる。
そしていつもお世話になっているし
私の友達を突然連れて行った時も
分け隔てなく優しくもてなしてくれるので
洗車をしてガラスコートをかけてあげたい、と話した。
「人の車を勝手に洗車したりしていいのか」と
夫は聞いてきたが
よしこさんはそんなことで怒ったりする人ではない。
ただ、ご本人の性格上
娘ちゃんは気付いても
本人は気付かない可能性はあるが。

IMGP1938.jpg

「今度、よしこさんが京都に来た時に
うちの駐車場に車を入れてもらおう。
車の鍵を預かって洗車してガラスコートかけて
ついでにワイパーのゴムも変えとこう」
ご本人の了解なくやるのは問題だが
これはなかなかいいと思った。
(もちろん私はやらないのだけど)

よしこさんは月一のペースで
気功の学校に京都にやってくる。
気功の学校の会場は
我が家から歩いて行ける所にある。
「よかったら車、うちに置いてね。
 その日は出掛けるので駐車場が空いてるから」

私の言葉によしこさんは疑いもせず、
駐車場に車を停めてくれ
車の鍵も預けてくれた。
「出掛けるついでだから」と
駐車場から気功の学校の会場まで
歩ける距離なのに私の車で送迎もした。

夫は朝から大急ぎでよしこさんの車を
洗車してガラスコートをかけ
ワイパーを買いに走り
ぐたぐたになっていた。
何カ月も洗車していない車は
いつも洗っている車の洗車とはわけが違うらしい。
それでも彼はもっとやりたかったらしい。
ボディにワックスを丁寧にかけたかったと
悔しそうだった。

夕方、よしこさんは戻ってきて
車がピカピカになっていることに気付き
とても喜んでくれた。
ガラスコートまでしてあることに気付くのは
雨が降ってからだろうな。
ワイパーのゴムは
「よしこさんにお世話になったから」と
友達も一緒にお金を出してくれた。
何度もお礼を言われながら見送り
夫に電話をした。
「ちゃんと気付いて、喜んではったよ。
今から夕飯の買物につきあって」
電話しながら自分の車に乗ると
そこには見覚えのある、よしこさんの携帯が残され・・・

IMGP1908_20140131223831fa5.jpg

夫は近所のスーパーに行こうと駐車場にやってきたのだが
大急ぎで私と信楽に向かうことになった。

「君の友達はなんで忘れ物ばっかりするねん」

そう言いながらも夫はハンドルを握って
ちょっと嬉しそうだからよくわからない。
去年はなぜか3回も
私の車に友達の携帯が忘れてあり
そのたびに夫と忘れた友達の家まで持って行った。

そんなわけで最近友達が車に乗ると
必ず忘れ物をしていないか
シートの下を覗く癖がついた。
これは仕事にも生かされている?

夫は和歌山や神戸の友達の家くらいなら
忘れ物を届けにつきあってくれるらしい。
私の好きなお店には
10分でついても
コーヒー一杯でも付き合ってくれず
車か家で寝て待っているが。



スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:10  
[diary
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。