スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
シンプルなこと
今日は高槻ハーフマラソンの当日だった。
ハーフの申し込みが終わっていたので
結局職場から私を入れて
3人で10キロに参加した。
私が誘ったのに
肝心の私は1キロや2キロ走った練習程度で
それに比べて他の2人(Yさん、Rちゃん)は
しっかりこの日に備えて練習していた。

今年に入っても
全然練習に気が向かないので
棄権することも考えた。
するとYさんが
「大丈夫、スーパーヴァームがあれば疲れずに走れる」
と言い切るので
 *VAAM、ヴァームとは以前高橋尚子選手や高木ブーがCMに出ていた
  脂肪を燃焼してエレルギーに代えるというドリンク剤です。 
じゃあ、練習しなくてもいいかと楽観的に思ってしまった。
一番心配したのは夫と私の両親で
「心臓発作で死ぬで」とか
「そんなに練習もしないで倒れたらどうするの」
「やめとき」
「若ないで」
等々たくさんの聞きたくない言葉を聞く。
そして当日朝、諭吉が両足の火傷に加え
顔の一部に新しいケガがあることを発見。
夫に高槻の体育館まで
送ってもらおうと考えていたけど
私は電車で行くので
夫は諭吉と犬猫病院に行ってもらわなければ。
CA330097_convert_20110123224401.jpg
しかし夫は大の動物嫌いの為
動物病院で他人の犬猫達に囲まれるのは
本当に嫌でどんな仕事よりも拷問らしい。
朝からさんざん嫌味も言われたけど
それでも予定通り、京阪の駅に着く。
するとあら、偶然。
千絵さんのご主人の
まさゆきさんと改札でばったり。
お仕事に行かれるらしい。
私はジャージ姿なので
とりあえず今日、マラソンに出ること
練習していないけど
スーパーヴァームがあれば大丈夫らしいと話す。
するとまさゆきさんが
「それって、バームクーヘン?」
大笑いしてすっかり緊張がゆるんで
楽しくなってきた。(ありがとうございます)

その後、途中まで電車でご一緒して
「最近、感度が鈍くならないようにって
 だらだらテレビを見るのはやめているけど
 夫がバラエティ番組が好きで嫌になって。
 でも“ほんまでっかTV”の脳化学者の人が大好きで
 あれだけは見ます」
 などと話す私に
「うちも(奥さん)あまりテレビを見ないけど、
 あれは笑って見てますよ」などと
本当にどうでもいい話につきあってもらう。
もうそれだけで幸先も良くて
今日一日が楽しそうに感じる。

会場に到着するとびっくりするほどの人、人、人。
参加者だけで8000人以上らしい。
知らなかったけど
こんなに盛り上がっている大会だったんだ。
NHKのドラマのヒロインとその相手役も
ゲストできていて途中でロケもあるらしい。
準備体操代わりに「てっぱん体操」なども行う。
招待選手としてマラソンの千葉真子さんも登場。
テレビに出て手いる人をみて喜んで
もうこの開会式だけで
お腹いっぱいで走らずに帰っていいほど
3人ではしゃいで楽しむ。
その後、仮説トイレに並んでいると
千葉選手がすぐ横を通ったので
ミーハーに
「がんばって下さい」と手を振ったけど
よく考えれば
「私らもがんばらな、すっかりひとごとやん」って感じ。

CA330098_convert_20110123224803.jpg

いよいよスタートすると
実業団みたいな鍛え上げた足の人から
初マラソンでいきなりふらふらの人まで
子供から上は多分70代の人も
みんながんばって走る。
タイムを競う人、
被り物をして楽しむひとなど様々で
とりあえず私はタイムを気にせず
完走だけを目標にしよう。
一緒にいった2人とはとっくにはぐれて
マイペースにバテたり、
急に走ったりしながらも
もくもくと足を前に運ぶ。
最初の3キロ~5キロくらいはきつかった。
やっぱり練習しておけば良かったなぁ。
その時、淀川を挟んで見えた枚方の街。
なぜこのマラソンに出たかと言えば
もともとYさんが
「走りましょう、美ジョガーですよ」
という声に私が乗っかって
「これ、完走できたら春の老人ホーム引越しが
スムーズに行けるっていう願掛けに」
と言ったからだった。
広がる枚方の街、スタッフさんや入居者さんに
いただいた声援や皆の顔を思い出す。
皆で何度も行っているヒラパーの観覧車を横目に
ホーム長の私が
途中で棄権するという選択肢はない。
それだけは嫌だと対岸から思う。

沿道にはたくさんの応援の人がいた。
皆さん寒い中を見ず知らずの人に
「がんばれー」と応援してくれている。
中にはかなり高齢のおじいちゃんも
椅子を持ってきて座って応援していた。
そしてその時私は気付く。
例えかっこ悪くても
ぐたぐたになっていても
一生懸命走ろうと頑張っている人に
みんな声援を送る。
諦めたようにふてぶてしく歩いている人には
何もいわない。(というか言えない)
皆さんよく見ている。
頑張っていない人に
頑張ろうとしていない人に
誰も声援なんか送らない。(送れない)
なので私も必死で歩かずに走ろうとする。
アップダウンもあってかなり足はきついけど
それでも頑張れるのは
みんなの声援や
ボランティアさんのおかげかも。
「あきらめんな」「もうちょっとやで」
「もう何キロ,がんばって」
ずーっとずーっと声援が続く。
住宅地、河川敷、
マンションや団地の窓からは手を振って
どこにいっても、たくさんの人が応援してくれた。
何だかそれだけで
泣きそうになってきた。
体育会系でないので
誰かの声援を受けるということが今までない。
なので知らない人が自然に応援してくれて
それでパワーをいっぱいいただき
足が前に出て走れるということが
こんなにすごいことなんだと感動した。
途中でふっと感覚が変る。
自分の為に空や道が広がっている感覚や
自分が地球の一部分で
とてもちっぽけな存在であるとともに
地球の中の確かな生命体である感覚。
今まで感じなかった
波に身を任せているような、
そんな感覚にも
感動して世界が違って見えた。
CA330101_convert_20110123224935_convert_20110123230056.jpg

無事、10キロ完走したけど
誰も迎えてくれる人がいない。
これは3人とも感じたことで
バラバラにゴールし
すぐに完走の受付などをするので
家族とか会社ぐるみで来ていないと
なかなか感動の「ゴール!!」にならないみたい。

走っている時も感じたけど
今回は自分の弱さもたくさん実感した。
本当は止めたい
練習しんどい
急に仕事にならないか
前日から風邪でもひかないかなとも思った。
諭吉のケガも悪い知らせかもとか
あれだけ頼っていたのにスーパーヴァームを忘れて
Yさんに私の分をお願いしたり
それでもまさゆきさんと偶然会っただけで
一気にモチベーションが上ったし。
諭吉のケガが心配で
どうだったか電話したいけど
夫と話すとモチベーションが下がるので
犬猫病院の看護婦さんに
こっそり診察結果を聞いて
ほっと安心したりしていた。
マラソンが始まるまでの数時間だけでも
たくさんの感情を持って
黙々と一人で走る中で
そんなことも楽しみながら
何だか悟ったような境地に似た気持ちになる。
CA330100_convert_20110123224858.jpg

ゴールの後、Yさんに会って
何だか私の何倍もYさんが私が無事完走したことを
興奮して喜んでくれていた。
途中で倒れた人を見てしまったらしく
練習をあまりしていない私を
とても心配してくれていたらしい。
そしてもう一人のRちゃんとも会って
ゴールの余韻を楽しみながら
3人で食べた100円のうどんと
完走祝の赤飯饅頭は
最高においしかった。
私が2人に背中を押されたのに
なのに2人は何回も
「誘ってくれて良かった、ありがとう」と言ってくれる。
Yさんは何度も
「大丈夫、スーパーヴァームがあれば走れる」と言ってくれたし
Rちゃんは
「楽しみましょう」と言って
練習していない私を励ましてくれた。
こちらこそ、本当にありがとう。
一人だったら多分、この場にいることすら出来なかったかも。
そして職場に電話して3人とも完走できたことを報告する。
そうそう、雅美ちゃんにも電話しよう。
「負けず嫌いやからきっと完走できますよ」
私に前日掛けてくれたその言葉でやっと
腹をくくれた感じだった、ありがとう。
いろんな人に支えらて
励ましメールもたくさんいただいた。
せっかく「応援に行ったげる」と
何人も言ってくれたのに
「寒いし風邪でもひいたら悪い」とか
「待ってもらうのが悪い」
と言ってしまった。
きっと私がどれだけボロボロになって
鼻水を垂れ流してゴールしたとしても
喜んで迎えてくれただろう。
人の好意をもっとこれからは
素直に受けられるようにしよう。
寒いので鼻水がだらだら出て
美ジョガーにはほど遠かったけど
爽快感や満足感、そしてがんばっていれば
がんばろうとしていれば
知らない人までも
皆が応援し支えてくれることを
それがマラソンだけでなく
自然なことなんだという
とてもシンプルなことを
今日はいっぱい実感した。

ゼッケンには住所地や(高槻市、京都市など)
名前はフルネームで書かれている。
「ナンパしやすいね」とスタート前に笑い合い
帰りのバスでも人間違い、思い込みで
ゲラゲラ笑いながらYさん、
Rちゃんと別れたけど
全身の味わったことのない筋肉痛に加え
股関節がおかしくて歩きにくい。

それでもこのマラソンで
なんだか小さなことが吹っ飛んでしまって
今年のいいスタートが切れた気がした。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:5  
[diary
comment
気持ちよさそう~♪
そういえば最近「走る」ってしてないよな~。
長距離、割と得意だったんだけど。

この記事も10km一緒に走ってる感じで楽しいです^^
2011/01/24 08:03 | | edit posted by tokiko
完走おめでとう
もしかしてブログに書かれているかと思いパソコン開けてみました。忙しい日常を送られているのにやること早いですね。いつも感心しています。走っているときのあゆみさんの気持ちやゴールしたときの気持ち、こちらに伝わってきます。応援に行っていたら、もっと感動していたと思うと本当に残念。ゴールの時のあゆみさんをシャッターに収められなかった。
2011/01/24 11:35 | | edit posted by sara007
おめでとうございます
マラソンの完走、おめでとうございます!
味わったことのない世界が見えてきそう。。。そして沢山の、応援してくれる人々。やっぱりあゆみさんのブログは泣けてしまいます、なぜだろう。
(´・ω・`)
マラソン前のてっぱん体操だけでも、ぜひご一緒したかったです。♪
2011/01/24 15:06 | | edit posted by 山ねこ
祝☆完走~!!
当日は応援にもいかず、応援メールもしなかったのに
報告メールをいただいてしまい、申し訳ないですっつ(笑)

でも、なんだかその日は 妙なヤル気が湧いてきて、
地味ながらもいままで先送りにしていたことに対して
ようやく進展がみられました。。

遠くにいてても 空がつながってるみたいに
つながってるなぁ~って思いました。
2011/01/24 22:18 | | edit posted by まぁ姉
ときこさま
途中、本当にきつかったけど爽快でした。
いつか一緒に走りたいです。
早いコメント嬉しかったです。
ありがとうございました。

SARAさま
「応援に行ったげる」と申し込む前から
言って下さったこと
本当に嬉しかったです。
次の機会にぜひ、ヘロヘロの私を
見に来て下さいね。

山ねこさま
ありがとう。
開会式のてっぱん体操もお祭りみたいな感じで
楽しかったですよ。
しんどい所もありましたが
満ちたりた感じは気功っぽいかも。

まぁ姉ちゃん
何度も「応援行こうかな」と言ってもらったのに
完走する自信がなくて
何だか言ってくれる度に反応が悪くてごめんなさい。
なので完走したらすぐに報告したかったんです。
沿道の応援の中にまぁ姉ちゃんがいそうな気がして
応援の人の前は絶対歩かず走っていたのが
完走できた要因かも!です。
2011/01/25 23:19 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。