スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
祝1周年 イロハベーカリーさん
枚方パークの近くに
昨年2月にオープンしたパン屋さんがある。
たまたま見ていたブログから
リンクして見つけたブログには
子猫が2匹フランスパンを持っていた。
あっ、うちの子に似てる。
この近辺に住むスタッフのKさんは
お菓子やパンなど
おいしい物好きさん。
おいしいものを見つけては
お取り寄せの取りまとめなどもしてくれる。
知っているかなと尋ねると
「今度買って来ます、気になってたお店なので」

IMGP0330_convert_20110226230018.jpg

彼女がパンを買ってくれた去年の4月
前々日に私の家にはスタッフさんが拾った子猫が
我が家の子になってたった2週間で
永眠してしまう事件があった。
他の兄姉はどんどん大きくなるのに
なかなか体重が増えなくて
おまけに一度失神みたいになったこともあったので
毎日ディサービスのように
仕事場に連れていっていた。
スタッフさん皆にかわいがられていたので
悲しませると思うと
すぐに事実が伝えられなくて
余計に苦しくて悲しかった。

その子猫の名前は
大好きなご夫婦の娘さんの名前でもあり
森田料理教室に初めていった時
“自然から生まれた奇跡”として話に出てきたり
ヨガとも関係のあるものだった。
小さな命を失ったショックと一緒に
今、自分がいる世界全部が
無くなったような気までして
体が弱かったのかもと思いたいけど
自分の不注意だと
自分を責め続けて
あまりのショックに丸2日以上
水も食べ物も受付けなかった。
何も知らないKさんは笑顔で
「パン買って来ましたよ。かわいいお店やった!」
と私にパンをくれた。
頼んでおいて食べないわけにはいかないと
無理に一口食べると
おいしくて優しい味だった。
お店の子猫のポストカードが
私に「パンを食べて元気になってね」
と言ってくれているよう。
お腹が空いていたのを
私の体は思い出し
泣きながら食べた。
パンはどんどん体に吸収されて
それから食欲は普通に戻った。

その後、パン屋さんのブログに
この話の内容をコメントさせていただいた。
数日経ち丁寧なお返事が載せてあり
やっぱり優しい人がやっているお店なんだと感動する。
そのパン屋さんに初めて行けた数ヵ月後
小さなかわいいお店は
午後2時にはもうほとんどのパンが売り切れていた。

「お店は今年(2010年)2月22日にオープンしました。
 猫の日(にゃんにゃんにゃん)です。
 僕ら夫婦も猫が大好きで。
 同じような経験がありました。
 喜んでもらえたのなら、嬉しいです」
そうおっしゃったオーナーさんはまだ若いけど
人柄が滲み出るとても優しそうな人。
お父様も顔がそっくりで
笑顔も二人揃って温かかった。
コメントを返して下さった奥様は不在だったけど
やっとお店に行けた安堵感で
感謝の気持ちと一緒に
パンを買って帰った。

今度、職場の老人ホームが移転することを聞いた時
ショックだったけど嬉しかったことの一つが
このパン屋さんが近くなること。

そのパン屋さん
イロハベーカリーさんが開店されて1周年になる。
ブログで読んで1周年記念の
トートバックをもらう為に
早起きして仕事の前にお店の前に並ぶことにする。
数日前に電話して
「7時に並んだらトートバックもらえますか?」と聞くと
「あの、7時ではパンがまだ焼けてなくて」とすまなそう。
聞けば開店は9時だった。
この話を聞いて
職場のTさんも一緒に行ってくれることになった。
私と夫が拾った猫を
酔っ払っている時に持って帰ってくれて
以後とても大切に育ててくれているTさんは
猫との生活が始まってから
服のセンスが変わってしまい
今まではでシンプルで大人な感じだったのに
何だか猫のイラストTシャツを買ったり
かわいいグッズを買ったりで
私が見ていてもおかしいくらい
猫にはまっている。

2月22日の当日は
朝から2人でキャーキャーいいながら
職場の駐車場で待ち合わせをする。
こんな時間に出勤するのは
監査がある時くらいだった?
そしてそれぞれが
二つ分のバスケット一杯に
何個買ったのかわからないくらいパンを買って
トートバックをもらって帰る。
Tさんも大はしゃぎで
「何か大好きな芸能人に会えたみたいで嬉しい~」と言って
大きな紙袋いっぱいの、パンを抱えて職場に向かった。

IMGP3613_convert_20110226230112.jpg

私とTさんは変な気合を入れて
並ぼうとしたけど
開店前に並んでいたのは私達だけで
優しいご主人がびっくりして扉を開けてくれた。
お店のオープンと同時に
地元のお客さんは日常として
パンを買いに来られていた。
嬉しくて出勤してきたスタッフさんに
さんざんバックを見てもらい
家に戻って諭吉に無理やりかけて
写真を撮る。
記念品にはおいしいクッキーもついていて
とっても幸せ、ご馳走様でした。
仕事前に2こ、お昼3コ、帰りの車で1コ
今日、一日でパンを6コも食べ食べすぎた。
夜勤明けのスタッフさんなどにも
皆に食べてもらった。

喜んで空の紙袋まで写真を撮っていると
「君、幸せそうやな」夫が一言いった。
そしてその夜、
夫が寝静まってから
夫にパンを一つもあげてないことに気付いた。

IMGP3618_convert_20110226230205.jpg

あの時、小さな命が消えてしまったけど
あの子はたくさんの出逢いをもたらしてくれた。
あの子が我が家にきたので
前から欲しかった一眼を慌てて買ってカメラを始め
ペットブログでもやろうかと思った。
そんなきっかけで
そこから繋がりが次々と生まれていく。
このブログやカメラがきっかけで
小さな出会いが無限に広がっていくように
どんどん新しい世界が見える。
そして写真を撮ることで感じる
今まで自分の中になかった感覚や
このブログを書くことで
整理されリセットされる心の中で
新しい何かが生まれていく。

IMGP0076_convert_20110226225834.jpg

蓮ちゃん、本当にありがとう。
繋げてくれたたくさんの縁を
これからも大切にするね。
今までもこれからも大好き。

そんなかけがえのない出会いの一つ
イロハベーカリーさん
京阪の枚方公園駅から徒歩5分くらいで
夕方にはもうすでにパンが
売り切れていることもありますので
早目にどうぞ。

心からの感謝をこめて
1周年おめでとうございます。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:4  
[ステキなお店
comment
突然ですみません
昨日 森田久美さんのワークショップでお会いした方ではないかと思っているのですが。 もし違っていたら失礼をお許し下さい。 昨日 少し遅れて 私の横(右隣)に座られてから 何の確証もなく 名前をお聞きしたわけでもないのに わたしの頭の中で「諭吉セブン」というブログの名前が 浮かんで来ました。 時々読ませてもらってますが 深く共感する部分があったり ご自分のお気持ちを とても素直に書かれておられるのが良いと思っています。
突然 お邪魔してすみません。
これからも ブログ楽しみに読ませていただきますね。
もし 人違いでしたら本当にごめんなさい。 
2011/03/01 09:26 | | edit posted by あさい
Re
あさいさま
昨日、参加しています。間違いないです。
こんなのでよければいつでも覗いて下さい。
昨日のWSは楽しかったですね。
どう文にまとめるかは難しいですが。

個人的にいろいろあった日だったのですが
皆さんにお会いできて2月の最後の日が良い日になりました。
ありがとうございます。
2011/03/01 10:12 | | edit posted by あゆみ
ありがとうございます
こんにちは。イロハベーカリーのヨメです。
先日は素敵なお花までありがとうございました。
バタバタして、ゆっくりお話出来ず、申し訳ないです。

blog読ませていただきました。
切なくて、暖かくて、本当に優しい方なんだなぁ・・。と。

まだまだ課題のあるお店ですが、
またきて下さるのを楽しみにしています。
2011/03/11 09:46 | | edit posted by イロハベーカリー
Re: ありがとうございます
コメントありがとうございます。
読んで下さったんですね~
老人ホームの移転で
今は西禁野と香里園山の手町をいったりきたり
間にちょくちょく行かせてもらっています。
おいしいのでついたくさん買ってしまい
このままでは
「イロハベーカリーさんのパンを食べ過ぎて太りました」
とブログに書きかねないので
今はちょっと我慢しています。
3つ買いたいのを2つにとか
その程度ですが。
私の職場でも「おいしい」と大好評!
これからもどうぞよろしくお願いします。
2011/03/11 10:10 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。