スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
順番
とうとう老人ホームの移転まで
あと1ヶ月と迫ってきた。
明日から久しぶりに数週間にわたって
仕事が休めない。
そんな2月の最終日、
森田料理教室のワークショップに参加する。
本当は甘酒と小豆と手前味噌のWSなのに
私は甘酒と小豆は嫌いなので
午後の「味噌」から参加させてもらうことに。
教室の途中から入るというのは
何だか遅刻してきたみたいで嫌だった。

IMGP3646_convert_20110306214132.jpg
IMGP3680_convert_20110306220046.jpg

お昼に森田先生の上門前の家に着くと
まだ小豆の話の途中で
助手である安田さんが優しく迎えてくれた。
3ヶ月ぶりの料理教室は
何だか懐かしい気がするほど
久々な感じ。
それでも先生は相変わらず
たくさん流暢に話して教えて下さってるし
仕事もとっても丁寧で小豆の話も
聞いているだけ、それだけでほっと安心。
もし久しぶりにやって来て
先生の話しぶりが変わっていたり
仕事がちょっと雑になっていたら
きっとどうしていいのかわからなくなる気がした。
まぁ、そんなことはありえないだろうけど。
IMGP3640_convert_20110306214031.jpg

昼食もいただいたので
先生や皆さんの話もたくさん聞けた。
「順番」
何にでも順番があって
それを狂わせると全部おかしくなる。
例えば今朝ベットから
起きてメールをすればいいのに
寝たままメールを返したりすると
朝から一つ一つがうまくいかないこともある。
これは先生の今朝の体験での話。
料理の過程や下ごしらえも同じこと。

私は毎朝起きるとまず換気をする。
そしてお湯を沸かしパンを焼く。
その間にパソコンをつける。
パンもコーヒーも狙ってくる諭吉
廊下にちょっと閉じ込める。
そんなことも全て習慣のようで
順番があって
何か一つでも順番を変えると
途端に“どたばた”してしまったりする。
習慣を変えるのは新鮮だったり
新しい発見があったりするけど
順番を間違えると
今までうまくっていたものがうまくいかなかったり
どこかぎくしゃくしてしまうかも。
でも気付けばやりなおせばいい、
少し戻ってもいい。
そんな話も聞きながら
一つ一つ教室の皆さんと
丁寧な工程を楽しんで
お味噌は厳しい夏を越えて
秋の熟成を待つ。

IMGP3664_convert_20110306214309.jpg
IMGP3654_convert_20110306214226.jpg

皆さん熱心に聞かれていて
私もメモを撮ったり写真を撮ったけど
途中からきっと
今年は味噌作りが無理だなと思った。
沖縄に行く日は別として
3、4月は殺人的に忙しい。
なのであきらめて
「先生、ごめんなさい。
 来年もう一回参加させてもらえませんか?」
皆さんのモチベーションの下がるのが悪いので
終わってから理由と一緒にこっそり言う。
優しい久美先生は
「いいよ、これがあるやん」と
皆で作ったお味噌を指してくれた。

IMGP3668_convert_2010306214619_20110306220504.jpg
IMGP3674_convert_20110306214724_20110306220510.jpg

「かわいい」「愛してる」「感謝」など
思いのつまった言葉を
一人ひとり樽に書かせてもらって
きっとおいしくなることが決まっている“お味噌”
どんな味になるのか
今からとっても楽しみになる。

森田料理教室は久美先生はもちろんだけど
助手の皆さんもそれぞれ優しくて素敵。
何だか落ち着かない私を
今日はずっと見守ってくれた
安田さん、本当にありがとうございました。
(この日は何だか私を見る安田さんが
 母親目線に感じるほど私、酷かったです~)
森田料理教室には現在、
助手さんが3人いらっしゃるけど
いつも見ていて感心するのは
先生の要望に
全身、全力で応えようとされていることと
何より一人ひとりの生徒さんとの距離のとり方が
一定であることかな?(個人的な感じ方ですが)
これはなかなか出来ないことだと思う。
どうしても目立つ人、積極的に話す人などもいれば
優しい控えめな人もいて
接するのにムラができても普通だと思う。
それでも先生だけでなく
助手の皆さんは
同じように誰にも笑顔で接してくれるし
相手に“関心を持とう”という態度は
いつお会いしても同じで
これまた誰に対しても出来るものではないと思う。
温かく人を迎えることが
ごく自然に出来る人ばかり。
そんな姿を見る度にいつも
私自身が料理以外に
たくさん学ばせてもらって
いろんなことを感じている気がする。

今日はいらっしゃらなかったけど
そんな料理教室の助手さんである
難波さんのブログを紹介します。
難波さんのブログを見るといつも
彼女の清さ、潔さを感じて
ちゃんと生きようと
その真っ直ぐさに背筋が伸びる。
森田先生に今さら聞けないことも
難波さんには聞きやすかったりする。
難波さんのブログには今回
風邪でマスク姿でカメラを構える
私の写真が載っていた。
その場の柔らかい空気を全く無視して
撮りたいものを撮っている一枚。
*これは2月11日のイベントで
 ワンドロップさんの野菜か
 遼子さんと亘さんを撮っていると思われる位置。

20110228_1828735[1]

カメラを向ける私に
上門前の家に差し込む光でさえ
彼女がもたらしてくれる
優しさなのかなと思ってしまうほど
この写真に向けられる目線は柔らかい。
(あくまでも本人の主観ですが)

終わってから先生と少し話をしていたので
おかげで今日のワークショップの
受講料を払わずに食い逃げ状態で
帰ろうとしていたことに突然気付く。
あーー良かった。
今日は何だかおかしかった。
上門前のお家に入った瞬間、廊下の暗さで
一瞬、目の前が真っ暗になってしまって
扉と壁の境目がつかず壁しかないのに
扉があると思って開けようとしたり
他にも何だか失態が多かった。
そもそも今朝はたくさん用事があったのに
通販雑誌を長い時間、読んでしまったことから
結局時間がなくなってしまったのが原因だ。
いつも朝一番に行う換気を省き
お休みの日には必ず朝にするトイレ掃除も出来ず
ななちゃんの散歩も駆け足になってしまった。
そのせいではないけれど
携帯の調子が急に悪くなっている時に
会社の電話が続けて入ったことも
私が落ち着かなかったことの要因だった。
色々反省しながらも
2月の最後の日に
こんなバタバタした日もいいかなと勝手にまとめる。
2月はあっという間で
本当に逃げるように終わっていった。

明日から3月、仕事に集中しよう!
月末に沖縄に行く為にもがんばらなきゃ。
丁寧に暮らそうとすることも
余裕をもって過ごすことも
しばらくは難しい。
でもそんな時こそ
大切にしたいものや優先順位を
間違えずにしないと。
そして朝一番にはやっぱり
換気から始めよう。






スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[料理教室
comment
おみそ
おみそWS参加されたんですね。
家で、お味噌作りしましたが、やっぱりみんなでわいわい作るのが楽しいなあと思いました。みんなで作ったお味噌、楽しみですね。

順番
読んでいて、うんうん、そうだな~って思いました。、私も、朝起きてからすることってだいたい決まっていて、それがくるうとなんだか一日落ち着かないような気がします。

3月4月とお忙しいんですね。
無事に、ホームが移転できること祈ってます。
それから、どうぞお体大切にしてくださいね。
2011/03/08 19:07 | | edit posted by くみ
Re: おみそ
くみこさん、コメントありがとう。
お味噌は今年は諦めましたが
来年はがんばろうと思っています。
一緒にやってあげようという奇特なお友達ができました!
又、紹介しますね~

しばらく忙しいですが、意外と体は元気です。
ご心配なく♪
携帯が突然つぶれたので
時間のある時に空メールでも送ってもらえれば嬉しいです。



2011/03/08 22:13 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。