スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
お別れ会
沖縄から戻って来ました!
奇跡のような嬉しいことが起こったけど
それはもう少し落ち着いてから書きますね。
読んで下さっている皆様
本当にごめんなさい。

一週間も遡りますが先日のことを。


老人ホームの移転までもう少し。
いよいよ本当に忙しくなってきた。
そんな中で、お別れ会を開催した。

IMGP3850_convert_20110328222841.jpg     IMGP3851_convert_20110328222959.jpg
               IMGP3852_convert_20110328223048.jpg
            とってもかわいいスタッフさんのイラスト入り館内ポスター
                雅美ちゃんのイラストはいつだって温かい!



3月1日に新しいホームの引渡しが終わってから
バタバタととりあえず毎日が過ぎていって
何の手伝いも出来なかった。
スタッフさんが2月から準備してくれていた
この10年の思い出を振り返る
廊下に飾られた年表のようなアルバムは
いっぱいに貼られていた。
ご家族さんも思いのほかたくさん来て下さって
入居者さんとスタッフさんが作った
紙芝居や皆で作った替え歌
「思い出のアルバム」などの合唱や
パティシェ高橋(いつもの厨房のマネージャー)
の手作りシュークリームや
職人のようなスタッフのたこ焼き作りの横で
一つ一つの演目が終わっていく。

最後に私が一人ひとりの入居者さんに
スタッフからのコメントを読み上げながらの
感謝状のようなお一人お一人の
素敵な写真と押し花のラミネートのプレゼント。

そしてちょっとしたサプライズで私から
今日来て下さったご家族様への手紙と
スタッフや退職したり転勤したけど
この日に駆けつけてくれた方への
手紙総数、約40枚。

皆さんとても喜んで下さって
泣いてくれる人もいて
私もとても嬉しかった。
私のあまりない得意のことの一つに
字を書くのが妙に早いこと。
読むのも早いが書くのも早い。
これはあまり意識していなかったが
銀行で住宅ローンを組む時に感心された。
こんなに早く字を書ける人は知りませんだって。
*大げさだとは思いますが。

昨晩橿原神宮から京都の自宅まで
帰りは渋滞で3時間近くもかかったのに
30枚の手紙は夜中に1時間でかけて
その何か異様な速さと
そのわりには疲れていないことに
自分でもびっくり。
残りの10枚は朝から
来て下さる家族さんを確認してから書いた。
IMGP3854_convert_20110328224820.jpg

一枚一枚大変だったでしょう?と
いろんな人に言われたけど
スラスラ書けたし、何よりも
昨日の参拝のおかげなのか
やっぱりエネルギーがみなぎっている感じがしなくもない?
私に橿原神宮行きをすすめてくれたナースも
「ずっと新しいホームとこっちを
 行ったりきたして忙しかったのに、
 今日は気持ちを切り替えてあんなに上手く話せて
 オーラを感じた、凄かった~」と
誉めて下さったけど
だいたいこの人、誉め上手なので
そこは冷静に受け止める私だった。

たまたま翌日
新しいスタッフさんが2人
増員で入ってきた。
昨日、お別れ会があってねーと話す私に
「誰かスタッフさん辞めるんですか?」
「入居者さんが他へ移るんですか?」と聞かれたので
いいえ、誰も辞めないし
誰もどこにも移られません。
皆全員で香里園の新しいホームに行くんですよと答える私。
「それではなぜお別れ会なんでしょう?建物にお別れ??」
と首をかしげられた。

そういわれればそう。
誰ともお別れはないわなぁ。
場所、建物が変わるだけなんだ。
当たり前のようにお別れ会をしていたので
そんなこと、あまり考えていなかった。
それでも愛着のあったこの場所は
皆が大好きだった場所。
たくさんの人を受け入れて
そして見送ってきた。
この場所で皆、泣いたり笑ったりしながら
皆で一緒に歩いてきた。
新しいホームも
大好きと思える場所になりますように。





スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[仕事のこと
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。