スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
視界
いろんな人に「大変でしょ?大丈夫?」と
心配していただいていた“老人ホームのお引越し”
何とか無事に終わりました。
初日は久々に夜勤もして36時間連続勤務などもした。
今年になっても2月までは結構のんびりしていて
3月になると怒涛のように忙しくなって
なのに沖縄には普通に行けたし
仙台にヘルプに行った浅野君は
予想通りにたくましくなって戻ってきた。
水道をひねると普通に水やお湯が出てくることの
幸せを感じたらしい。
まだあんまり話し足らないけど
本当にお疲れ様でした。

無事に引越しが終わって
これから決めること、変わることがいっぱい。
スタッフさん達もまだまだ落ち着かない。
ご入居者さんも突然変わった住まいを
受け入れられ喜んでいる人もいれば
突然連れてこられた“違う世界”で
認知症が進んだかのような人もいて申し訳ない。
でもとりあえず終わった。
何よりミスや失敗や忘れ物だらけだったけど
大きな事故もなく、引越しのばたばたで
行方不明者が出なかったことが良かった。
慌てずにこれから少しずつ
落ち着いていけますように。

IMGP4041_convert_20110412231949.jpg

私の周りの変化としては
夫がお弁当がつめられるようになった。
いつもは深夜2時や3時に作るお弁当が
さすがに私が忙しいので作れず
夫は自分で作っていけるように突然なった!
冷凍食品だけでなくて
卵焼きもちゃんと焼いている。
最初は下手だったけど
「おいしい、うまい」と誉めておいたら
だんだん上手くなってきて
今では私の分も焼いてくれたりする。
塩しか入ってないけど安定した味。
寝ぼけて作る私のお弁当の卵焼きは
焦げたり生焼けだったり
薄かったり濃かったりだけど
夫のは味がいつも一定で安心感さえある。
でもそろそろ深夜のお弁当作りを再開しよう。

こんな時期だけど
さちこさんの京都でのチャリティヨガも準備していて
「えっ、こんなに忙しいのに?」
とあきれ気味の人多数。
しかし、引越しで忙しいからこそ
このチャリティヨガをしようと思うことが
励みになってがんばれたと言ってもいい。

昨日、その打ち合わせでもと理由をつけて
来てくれるお友達とご飯を食べにいった。

久々に会う、なつみさん!!
同じPENTAXカメラ愛用者である。
早く待ち合わせ場所に着けそうだったので
急に「お茶でもどう?」のわがままな私に
手作りの天然酵母の焼きたてあつあつパンを
握って走ってきてくれた。
なつみさんは今回、ヨガとは違う形で
お手伝いしてくれます、お楽しみに。

なつみさんが皆より少し早めに帰った後も、
延々と話は盛り上がって
私は何だかこないだ受けた
気功の学校の話をしていた。

自分が見えている世界
前を見ている時は180度よりもう少し見えて
空を見上げると広がる世界
下を向くと狭まる視界。
右を向いたり、左を向いたり
体をねじってみたり
そんな小さな動きを静かに皆でやって
いろんなことを感じた。
確かにそうだ。

上ばかりみていると世界は広がるけど
足元になにかあっても気付かない。
下ばかり見ていたら視界は狭くて
周りの状況すらわからない。
ずっと体をいがめたりねじったりすると
視野も世界もゆがんでくる。
いろんな角度や体を傾けることも
必要なことだし楽しい。

IMGP4040_convert_20110412232536.jpg

大切なことは偏らないこと
枠を持たないこと。
拘らずにとらわれずに
いろんなものを感じたままに自然に感じる。
その練習をした話をすると
「一緒にやろう」と言ったわけでもないのに
前に座っていた二人が私が話す順に従って
体を傾けたりねじったりして
視界が変わるのを確かめていた。
その姿がとてもかわいくて
同じ店にお酒も飲まずに4時間も滞在し続け
何だか気功までやっている私達。
フレンチ風のかわいいお店だったので
2人の体が揃って同時に動き、傾いているのを見ると
とてもおもしろくて楽しくなってきた。

今日がいろんなことの始まりかも(ゆみこ談)
そう、確かに今日の話は楽しかった上に
濃い時間でもあったかも。
今から動き出す、いろんなこと
それぞれがやりたいことや楽しみ。
そんなことも語り合えた。
私が去年の森田料理教室の田植えで
同じカメラだとなつみさんに突然話しかけているのを
「同じカメラやねー」そう言っている私の声を
背に聞いて覚えてくれていたゆみこさん。
田植えの当日は一言も話していないのに
この“諭吉セブン”を読んで下さって
千絵さんのクリパルヨガに通ってくれて
広がって繋がっている感じが嬉しい。
一緒にいると楽とか気が合うというだけでなくて
何だか不思議なつながりも
去年からたくさん感じながら過ごせることが
本当にありがたいこと。
そしていくつになっても夢を語って
心が浄化されていく人と話せるのは幸せなこと。

「顔つきが変わってきた」
と最近何人かから言われたので
何となく橿原神社の強運になる参拝のおかげか
満たされている感じもあって喜んでいた。
「痩せたね」
と最近これも何人かに言われたので
おかしいな、服がパツパツやけどと半信半疑で
体重計に乗ったらやっぱり太っていた。
悲しいかな、ななちゃん(柴犬5歳)まで太っていた。

IMGP4034_convert_20110412231853.jpg

ご飯会の後で家に戻ると
なつみさんからいただいたパンを
深夜にペロッと食べる。
これでは太って当たり前である。

夜中に食べるパンはとてもおいしい。
新しいホーム用にと買ったズボンのボタンが
次の日の朝、弾けて飛んだ。
それでもパンはおいしいし
ボタンはつけかたが甘かっただけだと思いたいけど
仕事が落ち着いたらななちゃんと一緒に
今度こそダイエットをしようと、そう思った。

*写真と文は関係ありません。





スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。