スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
ズッキーニ
ワンドロップさんからべジボックスが届いた。
ズッキーニが入っていて
一緒に大島農園さんの作った
ズッキーにという文字と
ちょっとしたお料理の仕方などが袋に入っていた。
それを見つけた夫は
「君がズッキーニをわからんかったら
わざわざそれ、入れてくれたんちゃうか?」と笑う。
自分もわからなかったくせに
「うりやろ?うりや!」って言ってたくせに。

翌日、三重のかおりさんの料理教室に行く。
先月は間違えて新名神に乗らないといけないのに
普通に名神高速を走り続けてしまって
途中で気づきあわてて高速道路を降りた時には
かなり進んでしまって(2つくらい先?)
下の道を戻ってきたら料理教室に
なんと1時間も遅れるというひどい失態だった。
「すいません、新名神に乗らずに
竜王(インターの名前)まで来てしまったので
道もわからないしいつ着くかさえわかりません」
そんな電話をするしかなかった。
かおりさんはちょっと心配しながらも笑い
「みんなで先に作ってるから気をつけて」
そう言ってくれたので
最悪、食べにだけでも行けばいいかと開き直る。
そもそもなぜ高速を間違えたのかというと
工事で渋滞していたので
テンションをあげるために
調子にのって歌っていたのが原因だった。
のり過ぎてマイクがわりに車中の
コロコロ(美顔マッサージの安いの)を握りしめてたら
すっかり降りるのを忘れた。
今月は、我慢して歌わない(←車で歌うのが好き)
そして今月は無事に到着してほっとした。

IMGP4797_convert_20110717215922.jpg

なぜか伝わったかのように
今回のメニューには
ズッキーニのキビサンド揚げと
ズッキーニが入ったイタリアンサラダなど。
先に料理の手順をざーっと聞いて
レシピももらってからやるので
頭に入っている人は
もうすでに手順が理解できていたりする。
なので私のように他の事を考えて
「わー、ズッキーニや、何でわかったんやろ」」
気が散っていると
「バジルを切ってね」と言われたら
そこにあるバジルを全部みじん切りにして
バジルが足らなくなってしまったり
お味噌を作るのに水を少しずつ入れるのに
全部入れようとして慌てて止めてもらったりで
周りの方もかおりさんもハラハラされてたと思う。
本当にごめんなさい。

青森からお友達が(ともこさん)来てくれた時に
ズッキーニの料理がうまく出来なかった話をすると
先生であるかおりさんだけでなく
他の方も一斉にそれぞれレシピを教えて下さったけど
ごめんなさい、ありがたたいけど
そんないっぺんに難しく覚えられません。

IMGP4796_convert_20110717215525.jpg

お料理が出来て皆でいただく。
常連さんの主婦の方が
最近夫のおやじ臭がひどいので
柿渋石鹸がおすすめだけど
それも安くない。
安いリンスインシャンプーを使わそうとすると
すぐに猫用のシャンプーを使われるらしい。
「猫用のシャンプーで
人間が体を洗ったらどうなるんですか?」
と聞くと
「全身毛の猫用なので全身フワフワ」
などと真面目なのかふざけておられるのか
わからない表情で話されて大笑いした。
猫用のシャンプーは決して安くない。

京都と三重でそんなに遠くないのに
少し離れただけでお店なども全然違う。
皆さんとお話ししていても私だけわからないこともある。
“さんし”と言われたら“桂三枝”しか知らないので
「さんしって桂三枝??」と尋ねてしまうと
その次からは
「ハンターといっても
本物のハンターではありませんよ」
などと私がわかるように
変な質問をしないように
説明をつけて下さったりする。
*さんしもハンターも三重にある食品店だそうです。

IMGP4801_convert_20110717220025.jpg

自宅に戻って今日習った料理を一品だけ作る。
ズッキーニ料理のレシピが増えてきて嬉しい。
調子に乗って翌日、職場でRさんに
前夜作った料理を食べてもらうと
「おいしい!」と喜んで下さったけど
そもそもお野菜がおいしいので
不味くなるのがおかしい。
しかし夫はズッキーニや
トマトが温かい料理を嫌がる。
それでも最近、私はちょっとがんばっている。
とうもろこしも枝豆も大好きなのに
今まで冷凍か缶詰やお惣菜しか食べたことがなかった。
生まれて初めてとうもろこしを鍋でゆがいた。
枝豆も初めて茹でて食べた。
案外簡単でおいしくて驚く。
職場でその話をしたらRさんに
「えー、うそー」とびっくりされた。
でもこれを読んできっと
いろんな人が呆れたり
力が抜けているかも知れない。
そう思うとおかしい。
もうすぐ青森のともこさんが
懲りずに遊びに来てくれる予定。
その時は前回のリベンジが出来ますように。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[料理教室
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。