スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
育てる
午前中は夫の病院に付き合って
午後は奈良に写真教室に行くはずだった。
ところが写真教室は台風の影響で中止。
夫には付き合わされたし
気持ちは奈良に向かっているので
前から行きたかったなづなさんへ。
夫は初めての場所に行く時
すばらしいほど早く到着してくれて
すばらしいほど目的の場所を素早く見つけてくれる。
そしてびっくりするほどさっさと帰ろうとする。
帰りは大抵、機嫌が悪くなっていて
迷っても時間がかかっても
一人でいけば良かったと思うことが多い。

IMGP4900_convert_20110723212609.jpg

陶芸家の城さんのことで
ブログ用の写真をお借りできる所はないかと
たまたま行き着いた『陶屋なづな』さんのブログ。
なづな雑記さん
どの作家さんの器も本当に好きで置いておられる感じや
「静」の感じの写真なのに語りかけるような
そんな空気に引き込まれた。
「写真をお借りしてもいいですか?」
とお会いしたことのない状態で突然メールすると
「どうぞどうぞ」と言って下さった。
そのオーナーさんにも
初めてお会いできてとても嬉しく
私のブログも覗いて下さっているらしくて照れくさい。

IMGP4836_convert_20110723014735.jpg

ちょうど個展の真っ最中で
お客さんは平日なのに
決して便利な場所ではないのに
女性のグループが続いて来られている。
私はたくさん写真を撮らせていただいたけど
一番撮りたかったのはこちらの台所だった。
素敵な作家さんの作品が
生活に自然に溶け込んでいる感じ。
私のように城さんの器を
割らないようにとすぐに片付けたり
お客様用にと新聞を巻いたりしているのと違って
普通に使い、普通に重ねている。
「使い込んでいくと
 器がこんな風に育っていくのよ」
そう言って笑顔で見せて下さった器は
確かに使用前、使用後とも
趣があって進化?している気がした。
IMGP4864_convert_20110723015807.jpg
IMGP4854_convert_20110723015141.jpg
IMGP4873_convert_20110723212206.jpg
IMGP4853_convert_20110723015018.jpg

器って作って完成でなくて
使って使い込んで育てていけるものなんだな。
どこをとっても素敵なセンスと
ゆったりした空気が広がる空間と共に
そんなことを教えて下さったヒロさん。
ありがとうございました。
写真も撮る人が撮れば
どこを切って取ってもポストカードのよう。
陶芸家さんである村上躍さんの器は
薄いものも多いのに
凛としていて繊細でかわいくて
急須なんか一つでもいいけど
こうやって並んでいたら
たまらない感じだった。

IMGP4842_convert_20110723014916.jpg

普通に事務用品など雑多においてある感じでも
ポストカード風に見える??

IMGP4863_convert_20110723015652.jpg

なづなさんでゆっくりしていたら
夫がすっかり怒って車で待っていた。
トイレに行きたかったらしい。
中に入るのも女の人ばかり入っていくので嫌だし
住宅街で立ちションも出来ないとのこと。
トイレを探して入った大型電気屋さんで
ちょっとマッサージ<器に座っていたら
爆睡して口を開いて寝ていたらしくて
起きると夫はさらに怒っていた。
そうそう、私は寝るのが早い。
自分が話し掛けておいて
友達がそれに答えてくれる間に
寝られるほど早い。
気持ち良かったのにな~
今朝は仕事の時よりずっと早くから
病院に行くために起きたわけだし
ちょっと眠かっただけなのに~
夫婦だし、たまには一緒に出掛けなきゃと思うけど
次はやっぱり一人で行こうと
帰りはそう思った。

IMGP4857_convert_20110723015414.jpg
“村上躍さんのうつわ展”は7月30日まで
なづなさんは住宅街にある普通のお家ですが
展示スペースが広めで見ごたえ十分です!

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[ステキなお店
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。