スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
ただ祈る
今月に入って間がないその日
わくわくした気持ちで気功の学校に向かった。
今日は先日の「お腹が痛い」メールで騒いでから
天野先生やじゅんこさんに会うので
もうだいぶ治ってきていているけど
“個人けいこ”をしてもらえそう。
石井ゆかりさんの2012年のダイアリーを
発売日に手に入れたので
それを嬉しがって持っていくことも楽しい。
(じゅんこさん他、石井ゆかりファン多し)
会場に着き講座が始まってすぐに
耳を疑うような話があった。
今年1月から皆勤賞の状態で休まずに通っている
気功仲間のお友達の御主人が急遽されたらしい。
天野先生の声で皆で黙祷をするけど
信じられない気持ちと
悲しい気持ちが入り乱れ
涙が何度も流れて止まらない。
今年になって気功を通して知り合った彼女は
きっとあまり私と年齢も離れていないと思うけど
聡明なのに笑顔も表現も純粋で
少女のようにかわいい人だった。
ただ嬉しいとか温かいとか
ご自分のブログでも
他人のブログのにも
私への短いメールでも
ストレートで素直な言葉は読むと毎回心をとられる。
「ブログの写真見てたらメールしたくなっちゃった」
「温かいって感じた」
そんな飾らない表現を深夜にいただいては
何度も元気をもらった。
思い出すと笑顔しか浮かばない彼女の
悲しい顔が何度も浮かんで
涙がぬぐってもぬぐっても止まらない。
それでもきっとこんな悲しい現実でさえ
彼女は乗り越えて一緒に生きていくんだろう。
そう思うと又、涙が出た。

IMGP5404_convert_20111017002510.jpg

講座はお話がいつもより長かった。
日本語は深くておもしろい。
例えば「脱原発」でなく「さよなら原発」
“断”や“脱”でなく“さよなら”という表現には
誰かを悪者にしようとする気持ちがない。
「今までありがとう」とか次にやってくるかもしれない
新しいエネルギーに対しても
受け入れられるような柔軟さもある。
そんな深い表現が出来るのが日本語である。
心から沸き起こる言葉を
優しく誰にもわかる言葉に置き換えると
未来を明るくする空想が出来るようになる。
言葉の強さ、言葉の優しさ
そんな話があった。
天野先生は私だけに焦点をあてて
言ってくれてるのかなと毎回思う。
(*これは自意識過剰でなくて他の人もそう思うらしい)
今月末から東京で
山田ズーニーさんのワークショップ
「文章力講座」に通う。
今年、震災などがあって傷ついた友達を
励まそうにも中途半端に励ませず
「大丈夫」などといい加減なことも言えなくて
メールや手紙に悩んだ。
だらだらとした文章ならいくらでもかける。
事実、今までにブログを書くのに困ったことなどない。
仕事の報告書はひどい仕上がりだけど
子供の頃から作文は得意だったし
友人やお世話になった方への手紙は
得意というか書くのが好きなほうだった。
なのに今年になって誰かが苦しんでいる時に
何を書いていいのかがわからなかった。
自分が伝えたいことが素直に書けない。
そのもどかしさが根底にあって
東京に行って勉強することにした。
「最近の夜行バスは快適よ!!」と言って
青森のともこさんや福岡のきみこさんが
「ぴょん」と身軽に京都に来られるのを間近で見ていて
往復夜行バスなら仕事は一日休めば行けるわけだし
なので夜行バスで通うことにした。
今日の講座の中での話は天野先生も
この東京行きの背中を押してくれている気がした。

IMGP5401_convert_20111017000442.jpg
我が家の近くでがんばっている“小さな樹”
コンクリートの間から生えてきれいな実がついています。


お昼休みに“個人けいこ”をしていただく。
私の為に広い和室の端っこでBGMをかけてもらう
とても贅沢な時間。
その横ではちょっとだけこちらに遠慮しつつも
いつものメンバーが楽しそうに
笑いながらご飯を食べている。
いつもならそこに彼女もいるはずだった。
そう思うと悲しいけど
天野先生が私に向き合ってくれているので
涙は出なかった。
天野先生の個人けいこは
私の痛いところばかりピンポイントで触りながらも
何かがほぐれて解けていく感じがした。
おさまらない波がおさまって
穏やかな海に戻ったような
そんな安堵感があった。
この時間がいつまでも続いて欲しいような
それでいて眠ってしまいたいような
そしてゆっくりとした時間は
半分夢心地のまま終わっていった。
(天野先生、ありがとうございました)

個人けいこが終わって
私も皆さんに合流してご飯を食べる。
「お腹大丈夫なの?」
ブログを読んで心配して下さる方が声を掛けてくれる。
「いろいろ心配し過ぎて考えすぎなのよ
 いい方に考えなきゃってさっき天野先生が言ってたよ」
そう言われて
「いろいろ心配して悪い方向に考える人も
 頭がいいとも天野先生言ってたよ」と自分で言う。
良い方に考えることも悪い方に考えることも
空想したり、想像して膨らましていけるのはとても
頭がいいというか頭の回転が早いらしい。
一番どうしようもないのは
痛ければ「痛い」という事実で留まってしまうこと。
悪い方向に想像が膨らむ時は
角度を変えてよい方向に考えればいいだけだと。
そうさっき先生が言っていたことは
何かが起こっても「しまった」を「しめた」に変える。
心が動くように言葉を使っていく。
人にも自分にもどんな言葉を使っていくかが大切だと。

お昼からはたっぷり動き
ペアでの「てあて」も回を追うごとに深まっていく。
終わる頃には体もすっきりしていて
あちこちの痛みや疲れはとれていて
これからがんばろうという気持ちだけが残った。

IMGP5093_convert_20111017000226.jpg

数日後友人はご主人とお別れされて
告別式の2日後にはブログを更新されていた。
「あなたと結婚できて良かった。
結婚生活楽しかったよ」と
笑顔でお別れ出来たと書かれていて
皆に心配かけまいと書かれたのだろうけど
読んでは泣いてをただ繰り返し
ただ祈ったりしていた。

今年3月沖縄での講演で
森のイスキア主宰の佐藤初女さんが
「行ってきますって出て行った人が
 必ず帰ってくるとは限らない」
 だからこそ今を生きることが大切」
そんな言葉が何度も頭の中を行き来する。

今はご冥福を祈るばかりで
まだまだ元気が出ないだろうけど
彼女や息子さん達を温かい光が
これからずーっと包みますように。
希望の光が見えますように。

今は届かないかもしれないけど
あなたと出会えたことに
私と出逢ってくれた奇跡に心をこめて
ありがとう。
繋いでくれた「気功」にも
一緒に今までもこれからも学べることにも
本当にありがとう。


スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:6  
[気功
comment
あゆみさん、やさしいな。。
2011/10/17 20:37 | | edit posted by じゅんこ
Re: タイトルなし
いえいえ。

おかげさまでもうすっかり元気になりました。
毎回とても深い講座だし
天野先生やじゅんこさん
皆さんに会えて本当に良かったですi-236


2011/10/18 22:26 | | edit posted by 諭吉セブン
お。楽になりましたか。

先日の禅密では、2009年卒業生のみなさんが
すっかり女学生のようでした v-411 ええなぁ~。
ほんと、見てて嬉しいです。

また、ことしのかたも再受講で
きてくださるような気がします。
2011/10/19 12:22 | | edit posted by じゅんこ
Re: タイトルなし
おかげさまで~本当にありがとうございました。
講座の中だけでなく
じゅんこさんが掛けて下さる言葉も
いつも私の背中を押してくれている感じが
温かくて嬉しいです。
2011/10/20 23:02 | | edit posted by 諭吉セブン
2009年度女子学生メンバーの一人です(笑)

あゆみさん、昨日も彼女に会いに行ってきましたよ。
お仕事も再開されて、日常が流れているようでした。
どんなに大変なことがあっても、彼女は彼女のままで
相変わらず素敵でしたよ。
このブログのお話もしてきました。観てくれてます。
いつもありがとう。
2011/10/24 00:23 | | edit posted by tokiko
Re: タイトルなし
tokikoさん
コメント及び教えて下さりありがとうございます。
そうですか、良かったです。
きっとそうだろうなと思いつつ
この記事を書いては泣き
読み返しては泣いたりしていますが
彼女に会っても恥しくないように
私もがんばりますね。

今朝夜行で帰ってきましたが
東京でのズーニーさん講座が始まりました。

2011/10/24 00:57 | | edit posted by 諭吉セブン
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。