スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
光をまとう ~山口達己写真展 総武線に沿って~
二週続けて土曜日に東京に行ってきた。
日帰り夜行バスはちょっときついけど
翌日の仕事にもだんだん慣れてきた感じ。
山田ズーニーさんの講座は
とても濃くて楽しい。
その反面、苦しさもある。
今まで湧き上がらなかった感情や
自分の中ので避けてきた
自分自身の脆さと向き合うことや
一つ一つのワークは
今までに使わなかった脳の一部を使っているようで
苦しかったり切なかったりしてくる。
たくさん書きたいけど
もう少しお待ち下さいね。

そしてそんなことをやっている間に
気功仲間の福岡のきみこさんがご自分のブログで
森田久美先生と森田徹さんのブログを
2008年の天然生活で見つけて紹介してくれていて
おもしろいので、ぜひこちらから→mominoきみログ

東京行きが決まってから
行きたい所がいくつかあったり
待っていた情報が不思議と集まってくる。
何ておもしろいんだろう。
その一つ、山口達己さんの写真展。
山口さんは私の大好きな占いの石井ゆかりさんの本の
写真をされたりしている。
今年発売の“2011年星栞下半期”の
アマゾンのレビューでも勝手に書いたけど
山口さんの写真、本当に素敵なのだ。
ちょうど東京に行く日と
個展の日が一日だけ重なったので
絶対に行こうと決めた。
DMを直接送っていただき写真展の場所など調べると
写真展は12時からで
ズーニーさんの講座は13時からだった。
講座が終わる時間にはギャラリーも閉まっている。
どうしようかな、でも行きたい。
路線などを調べると
遠くはないけどJRで一度乗り換えもあるし
何しろ東京は道も電車もわからない。
おまけに何だか事故で電車がよく止まる。
そこで早めに行ってギャラリーが開いたら
失礼ではない程度に速攻で見て講座に行くことにしよう。
何より個展などをしている人に
話掛けたり写真についての感想を言うのはわりと苦手である。
ご本人がどんな心境で作ったのかとか、撮ったのかとか
コンセプト?テーマ?などを聞けばいいのかも知れない。
しかし私はすぐに感覚や感情だけで
「わー、かわいい」「きれい~」と
少ないボキャブラリーで話してしまうので
一生懸命作られたり撮られた作品を前に
それでは失礼な気がするのだ。

IMGP5471_convert_20111031230136.jpg

ギャラリーが開く30分以上前に到着すると
ギャラリーの前には「ご自由にどうそ、OPEN」と
書かれてあったので扉を開ける。
扉は開いたが照明は点いていなかった。
そうか、まだ山口さんも来られてなくて
(ブログに居ますとあった)
誰もいないんだな~
そう思いながら何歩がおそるおそる入ると
後方からメガネを掛けた男性がお一人
「わぁー」とびっくりされながら入られた。
「すいません、どうぞって書いてあったんで
 でもここ12時からでしたっけ?」(私は確信犯です)
そういうと優しいその人は
「いえいえ、いいんですよ。
 まだ(山口さん)来ていませんね。」と話された。
この後方から声を掛けてくれた男性は
このギャラリーのオーナー、上野さん
(*なのでアップフィルードらしいと後日、
 山口さんから教えてもらった。)
「京都から来たんですけど昼から用事があるので
 少しでもいいので見せていただいていいですか?」
そう言う私に
「どうぞうどうぞ。本人、いたら喜ぶのになー」
その言葉で安心して
一人で広い空間の中で山口さんの写真を堪能した。
完全な貸切である。
こんな写真を撮りたいとは
恐れ多くて思わないけど
時空が止まったようなこの感じは
何ともいえなくて
そんな写真に囲まれて一人過ごす時間が
とても贅沢で幸せに感じた。
山口さんの写真は招き猫やぬいぐるみの虎でさえ
今にも普通に言葉を発してくれそうだったし
逆に野良猫達は確かに生きているのに
眼力は強く何かを語るけど
言葉を持たない気がした。
どの写真も一つ一つが“光をまとう”
なぜそう思ったのかわからないけど
一人でギャラリーにいたこともあって
何次元だかわからない空間に、迷い込んだ気さえした。

その間も何度か上述の上野さんが
隣のオフィスからギャラリーに入ってきては
私にお茶を出してくれたり話しかけたりしてくれて
何度もかまって下さった。
小さなお花を置いて帰ろうとした時
私もカメラを持っていたので
ちょっと上野さんに質問をすると
上野さんはいろいろ教えて下さり
結局、隣のオフィスに座らせていただき
上野さんのプチ写真講座を受けさせてもらった。
短時間だったけど山口さんの写真展にやってきて
ギャラリーのオーナーさんで
アートディレクターさんで
大きな仕事もされ活躍されているらしい
上野さんから教えてもらうことになった
この展開がまるで自然であるような気がしてしまうことが
おかしくて楽しい。

ギャラリーのHPはこちらから→UP FIERD GALLERY

今年はこんなこと、何回目なんだろう。
会えると思っていた人がいなくて
変わりに必ず新しい出逢いがあって
その人が初対面の私にとても優しくて
最初はちょっとびっくりされながらも
素敵な時間が過ごせている。

IMGP5469_convert_20111031225846.jpg
IMGP5468_convert_20111031225741.jpg
↑上野さんのプチ写真講座受講中

上野さんの話はきっと
写真のことがわかっていない私には
きっと何割かしかわからなかったけど
「又、いつでも遊びにきてね」と
親しみやすく言っていただき
本当に又遊びに行こうかなと思えた。

そろそろ行かないとズーニーさんの講座に遅れると思って
ギャラリーのあるビルを出ると
前方からカメラを持った男の人が歩いてきた。
あの人が山口さんかな?
それにしては小雨の上がった空を立ち止まって見上げたり
地面を見たりとキョロキョロしているので
東京にあんまり慣れていない
この写真展を見るのに出てきた人にも思えた。
(ごめんなさい)
話しかけようと思ったが以前、
知り合いだと思って男性に声を掛けたら
「ナンパですか?」と言われたこともあるし
何より本当に山口さんなら
写真展の感想を手短に言うのも失礼で
話していたら確実に遅刻してしまう。
一瞬目は合ったけど
そのまま足早に駅に向かった。

IMGP5536_convert_20111031230236.jpg

翌日、山口さんからメールをいただき
丁寧な文と一緒に
素敵な写真も送ってきて下さった。
やはり、あの空を見上げていた人が
山口さんご本人だったようだった。
以前、メールを送って下さった時もそうで
いつも惜しげもなく
ご自分の写真を付けてメールをして下さる。
私が持参した小さなお花も
ご自分のブログできれいに写して下さっていた。
こちらから→山口さんのブログ

調子に乗って諭吉(猫♂)の変な写真を送ってみる。
「個展、お疲れ様でした。
 うちの諭吉です。疲れがとれますように」
そんなことを書いたよと言うと
案の定、夫に一言「あほか」と言われた。
すると又、お返事がきて
「疲れがとれましたよ、諭吉くんかわいいですね」
何て優しい人なんでしょう、ありがとうございます。
猫好きだと思ってもらえたのか
撮ったばかりの猫の写真も何枚か
ご自分のブログとほぼ同時進行くらいに
早速に送って下さった。
東京は都会だけど
たくさん優しい人がいるらしい。
そんな風に思える
素敵な出逢いがいろんな人のおかげで続きそう。
これからが楽しみである。

IMGP5540_convert_20111031230338.jpg

山口さんの写真展から
小さなカードやポストカードをいくつか
持ち帰らせていただいた。
その中にご本人の名刺もあって
そこには“雨を待つ男”とあった。
あの時、ビルの前で空を見上げていた山口さんは
雨を待っていたのかも知れない。
シャッターチャンスを待っていたのか
虹を待っていたのか
ただ空を見上げているだけでも
素敵な写真を撮る人はきっと
いつも何かを探しているのかも知れない。
そんな瞬間を見たのなら
その瞬間に触れられたのなら
私にもちょっとだけ
今までとは違う光が見えてくるのかも知れない。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[diary
comment
あゆみさん、こんにちは~
東京への夜行バスの旅、満喫中ですか???
体力はやっぱり使うし大変だけど、
バスの中で、どんな座り方したら楽かな?
って体をゆらしながら重心を移動しつつ
その心地いい場所を探す感覚を
味わうのもおもしろかったりします。
(かなりマニアックですが)

いつもブログ拝見してコメントしようかなぁって思いつつ...
『天然生活』で徹さんを発見したときは
本当にびっくり&嬉しくて、友達にネホリハホリ説明してました~
私にとって、まさに今の出会いが一番自然なタイミングでした!

そして、諭吉セブン見たら、森田久美さんと三重におでかけ
されてて、またそれも嬉しかったです。

それから、石井ゆかりさんの乙女座の本と
青い鳥、来年のスケジュール帳、買っちゃいました~(笑
乙女座は本当に11月から激動かもなってこと
私にもおこってます。
詳しくはまたお会いしたときに!

あゆみさん、いろんなこと
ありがとうございます!
2011/11/02 12:34 | | edit posted by きみこ
Re: タイトルなし
きみこさん

コメントありがとうございます。
よく寝ているのであまり考えたことがなかった!
次回から楽な姿勢を考えてみますね。

講座の後、夜11時まで一人で東京駅で過ごすことが
日常と違う特別な時間のようで
今は楽しいです。

知っている人を雑誌で見つけるのは
とっても嬉しいですよね。
お二人を見つけてくれたことが私も嬉しいです。
ありがとう。
今頃もうバスの中かな?
気をつけていらして下さいね。
2011/11/02 22:20 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。