スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
薬と毒
 私は王様です
 誰からも好かれていたい
 誰から嫌われたくない
 誰からも必要とされたい
 いつも中心にいたい

そんな自己紹介を聞いたのは
ズーニーさんの講座の一回目だった。
“渡辺さん”は見た目は青森のともこさん風だったけど
自己紹介が始まった途端に面食らった。
そして終わると感じたのは
「すっきり、気持ちいい」ということ。
誰もが誰からも嫌われたくなくて
好かれたくて
必要とされたいし
寂しい思いはしたくない。
でもそれをはっきりいえる人は少ない。

「あなたの為を思ってあえて言う」
「あなたのことをAさんがこう言ってた」
悪意はなかっただろうけど
今から約2年前、私はそんな些細な言葉に傷ついた。
私の大好きな龍ちゃん(享年17歳半キジ猫♂)が
天国に旅立った時泣いてくれたし
胸の中にどーんとのしかかる痛みも
聞いてもらったことがある人はそう言った。
『私の為』に言ってくれているのではなくて
『あの人』が私を悪く言っているのではなくて
その言葉はその人自身が思っている気持ちそのもの。
あなたの成長の為に私は優しいから
あえて言ったげるというその言い方は嘘くさいし
人の口を借りていうのではなく
例え喧嘩になったとしても
はっきり直接言ってほしかった。
私はその人の話を怒るでも泣くでもなく
とてもフテブテしい態度で鼻で笑いながら聞き
それを機に距離を置いた。
その夜、いっぱい泣いた。
でもそれは悲しみや怒りの感情でなくて
どこかで勝手にその人に期待し過ぎた自分に対してだった。

ここ数ヶ月の間に起こった嫌なことで
きっと本人は気付いていない。
そこに悪気はないけど
私がとても嫌だと思うことを
その人は笑顔で平気でやっていく。
そして感じるのは相手への怒りでなく
寂しさでもなく
自分のエゴの大きさや嫉妬、独占欲の強さ。

新しい出逢いがたくさん続いていく一方で
素敵な人とたくさん知り合える反面で
嫌だなと思うことも起こる。
最初は起こった事実を受け止められないが
その後、自分の汚さに嫌気がさす。
そんな私の心の奥の奥に
この渡辺さんの自己紹介は薬のように利いた。
もっと自分の欲求に貪欲に
どれだけ汚かろうが卑しかろうが
素直に生きようと思えた。
私は決して優しくないし
器もでかいわけではない。
そんな風に思えたら
随分すっきりしてきた。

IMGP5787_convert_20111130213906.jpg
        ↑“驚きや混乱は枠を外すきっかけ”とある

そんな渡辺さんとのペアワークだったのに
私の頭はこんがらがったまま。
何せ暗闇を体験する
ダイアログインザダークの後
余韻を楽しむ時間もなく慌てて電車に飛び乗り
気分が悪くなり昼ごはんを抜いて
ペアワークをしている。
それでも彼女は東京で活躍するプロらしく
テーマにそって容赦なくきっちりインタビューし
言葉遊びのように豊富なボキャブラリーで
私自身のことを
何十倍もわかってくれるような
スピードと解読力を使って
手足もバラバラ、脳みそも飛び散っているような
こちらの話を素晴らしくまとめてくれた。
おかげで「自分を社会にデビューさせる」
そんな恐ろしい三回目のテーマも形になる。
講座が終わり
「頭も身体もバラバラやったのに
 おかげで形になった、ありがとう」と言うと
「こちらこそ
 私は朝から献血に行って
 大丈夫だと思って多目に献血したら
 貧血になってしまって
 その場で点滴してもらってここにきた。
 能力を超える献血はだめだね」
と笑う渡辺さん。
2人して仲良くフラフラで
ペアワークをやったんかと思うと
それも大笑いできた。
この日の「自分を社会にデビューさせる」の宿題に
渡辺さんは自分が書いた原稿と一緒に
イメージがつきやすいようにと
プレゼングッズまで作って事務局へ送ったという。
彼女の文はただおもしろいとか
引き込まれるだけでない。
薬にも毒にもなる。
(第一回目ペアワークの相手、羽田氏談)
それが毒にもなるとわかっていても
読みたいような気がするくらい
引き込まれ次が読みたくなる文章が生み出される。
その『読む薬』が発売されたら
きっと私は真っ先に買いにいくだろう。

IMGP5801_convert_20111130214430.jpg

講座の後、夜行バスの時間までまだまだあるので
あちこち寄りながら東京駅でぶらぶら歩いていたら
羽田さんとばったり会う。
(前述の一回目のペアワークをしてくれた人)
その後、買物したり
夕食をとって丸善で立ち読みを散々して
ふらっとお茶を飲みに入った店で
これまた、同じズーニーさんの講座で
ご一緒している方と会う。
こんなに人がいーっぱいいる東京駅で
同じ講座を受けている人に
講座が終わってから時間が経っているのに
ばったり、又ばったりと会うことが嬉しい。
人との出会いは偶然でなくて
必然だと信じたい。

もうすぐ私はずーっと会いたかったあの人に
念願叶ってとうとう会える。
それがどうかたまたま運が良かったとか
偶然でありませんように。


















スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[diary
comment
僕も「出会いは偶然ではなく必然」派です。
そう考えたほうが、勇気が出るからです。

あと、僕も「読み薬」欲しいです。
2011/12/07 22:21 | | edit posted by 通りすがりのzenso君
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
そうですね、勇気か~いいなぁ
読み薬の人は文壇デビューしそうな
勢いのある人なので
そのうち本当に買えそうですよ。
2011/12/08 22:04 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。