スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
ささえる
「生きているだけで奇跡なのかな」
彼女は静かにそう言った。

私がこの3月からずーっと会いたかった人で
彼女と親しかった人に会うたびに
「元気にしてるの?」と聞いていた人。
だんだん落ち着いて元気になってきたらしいと聞き
又、京都の森田料理教室に
通いだされたことも知っていた。
震災直後に何度かいただいたメールに
返事が返せなくて悩み
何度も何度も書いては削除した。
「光が見えない」と書かれたメールに
私が伝えられる言葉など何もなかった。
3月の初めに会った時は
「とっても幸せ」と笑っていたはずなのに
神戸の震災を経験し、
今回は大切な家族や友達が住む
故郷そのものが被災した。
どれだけ悲しみ傷つかれたろう。
運命ってどうなっているんだろう。
福島在住のさちこさんもそう
優しい人の前にも
何が起こるか何て誰にもわからない。

IMGP6041_convert_20111218231150.jpg
IMGP5575_convert_20111218232828.jpg

今、ズーニーさんの文章力講座に
通うきっかけをくれたのは
まさしくその会いたかった人と
そしてさちこさんに
この春、メールが返せなかったことが要因となった。
そして応援し、見守ってくれている
岩崎さん、久美先生や友人達
青森のともこさんや福岡のきみこさんが
「夜行バス、快適!」と別々に言ってくれたので
この東京でのワークショップに通い出せた。
多分、どれ一つ欠けてもだめだったろう。

IMGP6045_convert_20111218231258.jpg
IMGP6014_convert_20111218230419.jpg

そんな彼女と料理教室で
ばったり会えた。
何でも教室にキャンセルが出て
急遽入れたらしい。
ハグして喜びたいくらいだったのに
私は早起きして朝から大掃除をやりかけ
止まらなくなって結局
教室に5分ほど遅刻して入った。
なので場を乱せずに感情を抑えた。

「たった一人の人に思いを伝える」
ズーニーさんの講座の第二回で学んだすぐ後に
まるで私を試すかのように
悲しいメールが来たその彼女に
あの時、すぐにメールが返せて
ちゃんと伝わったことも実感出来た。
それから会えたことが
年末のこの時期に会えたことが
とても嬉しい。

料理教室では隣の席の方が
美味しい料理を食べながら
「しあわせね~」
そして会いたかったその彼女が
「そうね」と言う。
目の前の今、皆で作った料理を味わい
「ただ幸せ」と感じられ
「そうね」と素直に喜べて
何てかわいい人達で
平和な優しい時間なんでしょう。
ますます料理は美味しく感じ
ますますこの時間が愛しいと感じた。

料理教室の後、久々にゆっくりお話する。
文章力をつけるためにと学びだしたはずなのに
それ以上のことを学べている今
まず自分を知って
相手を理解しようとして
自分を社会にデビューさせ
そして解放しようとしているきっかけを
くれたことにお礼を言った。
本当にありがとう。
↑注:ズーニーさんの講座がこういう内容

IMGP6023_convert_20111218232716.jpg

IMGP6027_convert_20111218230848.jpg

IMGP6032_convert_20111218232519.jpg

彼女はごく最近、故郷のとても大切な人を
亡くされたばかりらしい。
そしてさっきまで普通に起きて
ご飯を食べて元気だった人が
当たり前に横にいた人が
急にいなくなるということを改めて知ったらしい。
「今まで生きてきて
 好きなものやいろんなことに
 こだわってきたけど
 もうそんなこと
 どうでもいいのかなって感じた。
 生きてるだけで奇跡なんだなって。
 そして料理教室でも
 たくさん人とも会っているのに
 出会って仲良くなれるのも
 巡り合わせなんだなって
 久美先生も言われるしね」

IMGP6021_convert_20111218230525.jpg

彼女の言葉が感動的に私の体の中に響いて
別れてからも何度も涙が出そうになる。
夕食の後、PCをつけると
久美先生のブログを開いた。
そこには何と
周りを気にせず必死で出来上がった料理の
写真を撮る私の姿と
横からごはんを狙おうとする
森田家の愛犬
“bonちゃん”“bateauちゃん”
そして私が写真を撮るのを
何とか助けようと守ろうとしてくれる
その彼女が写っていた。
それをカメラに写している人が
久美先生以外にも、もう一人いておかしい。
私がずーっと会いたくていろいろ心配し
何とか支えたいと思っていた人と
久々にお会いして
ゆっくりお話しをする前に
こんなことをやらせてしまったのか、トホホ~。
そう思ったすぐ後に
きっとこの写真のように
会えなかった時間も
元気で過ごしているという噂で
きっと自分自身が支えられ助けられていたのだろう。
そのことがこの一枚の写真に
ぎゅーっと凝縮された気がして
いつまでも何回も久美先生のブログを
開いて見つめていた。

20111217_2399453.jpg
           photo by 久美先生
          低い位置にお皿を置くのでそらぁ狙われます。
          おかげさまで無事でしたが。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[料理教室
comment
あゆみさん
彼女に会えたのですね…。

昨日たまたま福島から西宮にご主人の転勤のタイミングで引っ越してきた方とお話ができました。彼女も震災を経験し、再び向こうで地震に遭われたそうです。人それぞれの想いが交差し、まだ向こうは混乱が続いていると聴きました。

どんな暗闇でもその先には光があります。そう信じてほしいと願っています。
2011/12/20 14:43 | | edit posted by tokiko
Re: タイトルなし
ときこさん
コメントありがとうございます。
そうですね、私もそう信じています。
又、皆で会えると思います。
その日が今から楽しみです。

2011/12/24 23:00 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。