スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
カウントダウン
悩んで悩んで選択したこと
もう後戻りできないけど
ちゃんと背中を押してくれた人がいた。

今から4年ほど前、当時の事業部長が
突然、会社に来なくなった。
いつも誰よりも元気だったのに
うつ病になって
いつ復帰するかわからないらしい。
同じ時期、同じ会社の少し離れた所でホーム長をしている
優しい男性が自殺した。
気付けば“元ホーム長”で
メンタルの病気の人が社内にゴロゴロといた。
私自身はそんな心配はなさそうだけど
孤独な仕事だなーと感じることもあるし
追い詰められる時はとことん追い詰められる。
そして誰も助けてくれないこともある。
考え方を変えて
休日出勤はしないことにし
しっかり休みをとることにした。
自分の時間を大切にして
仕事以外の人との出逢いを
どんどん広げていった。
誰よりもがんばって皆を引っ張れなくても
頼りなくても無責任に見えてもいい。
何か起こっても会社に出てくる
『逃げない人』になろうと思った。

_IGP6668.jpg

それから4年経ち
いろんなことがあった。
「心臓に何本も毛が生えている」と言われ
上から言われることにいちいち動じないようにし
優先順位は自分でつける。
ホームの飲み会は行くけど
年に数回ある
ホーム長や事業部長なとが集まっての宴会には
一度も参加したことがない。
上の人に媚びないと決めた。
しかしこれは嫌われることも多くなるので
周りの人に『とばっちり』が行くこともある。
それでもいちいち評価を気にせず働くと
自由になった。
老人ホームの引越しという
昨年の大イベントも落ち着き
これから安定したサービスの質を
高めていかないといけない時だけど
引越しからちょうと一年、
予定通りに退職を決心した。

理由は今ここにはっきり書けない。
それでもスタッフさんや
ご入居者さんやご家族さん
皆さん大好きな人ばかりだったので
お別れは身を切るように寂しい。
早く皆に言おうと思ったけど
なかなか言い出せなかった。
それでも話すリミットの日は
皆が大好きな『てるさん』が天国に旅立った日。
どさくさにまぎれるのか
悲しみに輪をかけるのか
そんな日になってしまった。

ミーティングなどがあるわけでもないので
一人、二人と呼び出して話していく。
泣いてくれる人、茫然とする人。
一人一人の反応をダイレクトに見てしまい
どんどん悲しくなってきた。
「今まで一緒にがんばろう」と言ってた私が
突然目の前からいなくなる。
その事実は私が勝手に考えていた何倍も
皆にショックを与えたことに
自分が一番ショックを受けていたかも知れない。
新卒で入ったスタッフさんにとっては
私は最初の上司で管理職の社会人だし
ご入居者の家族にとっては
自分の大切な父や母の人生の最期を
信じて託した人になる。

_IGP6665.jpg

自分の選択は間違っていたのではないか
“大好きな人達を悲しませる”
それが本当に望んでいたことなのか。
そしてあまりにも無謀過ぎるのではないか。
ぐったり折れて崩れそうな気持ちに襲われた瞬間に
東京のズーニーさんの講座で知り合った
仲間が二人、知らせてくれた。
私のズーニーさんに送ったメールが
『ほぼ日』で採用されているらしい。
(美保子さん、美穂さんありがとう)
 
「不思議なほど怖くない。
 手放すものも大きいけど
 手に入れられるものも多くて楽しみ」と。

一週間前に送ったそのメールには
腹をくくった私がいた。
ズーニーさんのコラムを読んだ誰かが
そのメールを見て
何かを感じたり心が揺れているかも知れない。
少なくともズーニーさんは何かを感じて
採用して下さったのだろう。
その人達の応援も背中に感じて
踏み出していこうと思った。
このタイミングの素晴らしさに
何かエネルギーみたいな
強さを感じた。

_IGP6672.jpg

「いつも守られている感じがした」
「後ろにいてくれる安心感を感じてた」

何人かのスタッフさんが
私に言ってくれた言葉。
その言葉の一つ一つが温かくて有難くて
胸の奥までじんわり響いていく。
今まで会議や個人の面談中に
「守っているからね」とか「安心して働いて」と
口に出したことはないけど
それは私がいつも思っていたことだった。

大切な人達、大切な場所。
最後に大きな仕事も残っているけど
慈しむように残りの時間を
大切に働いていこうと思う。
みんな本当にありがとうね。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[仕事のこと
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。