スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
料理教室森田 ~卒業~前編
三月の一日が整理できないまま
気が付けば四月になった。
二回に分けて書いていきます。

二年間通った森田料理教室が
今日でとりあえず卒業となった。
この二年はちょうど
いろんなことを同時に始めた年でもあり
自分の中に起こる変化は
仕事を辞めることだけではなかった。

_IGP6899.jpg

最後の教室では
仲良しの“みさをちゃん”と“なつみちゃん”も
一緒だと聞いていたので
最後だからと??皆で歌うことになった。
久美先生や助手のお二人にも
「ありがとう」の気持ちをストレートに伝えたい。
TUTAYAに通い、PCで検索し
メールのやり取りで何度も曲を探しては
あれもいい、これもいいと迷い尽くす。
ゴスペルからテレビアニメまで
いろんな歌の候補が出てきて
みさをちゃんとはスーパーの駐車場で
練習までしたけど
結局は三人だけでなくて
その日、参加される皆で歌えるようにと
誰もが知っている歌での替え歌になった。
先日、たまちゃんの合格で替え歌を歌ったけど
べたべたな歌詞でも
ちゃんと伝わることを知ったので
みさをちゃんの作った替え歌の歌詞は
きっと伝わると信じられた。

_IGP6818.jpg

前々日に思い立って色紙を買い
前夜になってから突然
「そうそう、写真を色紙に貼ろう」と思いつき
コンビニのコピー機を三時間独りで占領した。
深夜に帰宅してから夢中で写真の区分けしていると
疲れているはずなのに思い出すのは
この二年、何を作ったか
久美先生はその時何を話してくれたか
その夜、私は何を料理したのか。
思い出せないことと
思い出せること
まばらなことの方が多いけど
ブログをしていて良かったと思えるのは
少なくともその日を辿れば
その時間や空気が思い出せる。
_IGP6810.jpg

最近知ったが、みさをちゃんのイラストは
素敵で温かくかわいくて
犬も猫も人間も、もれなく笑っている。
そして見ると幸せな気持ちになる。
(陶芸でもがんばってね)
先日うちの家族全員を書いてもらって
会ったことのない夫まで
とてもかわいく幸せそうに書いてくれて
宝物が又一つ、増えた。
替え歌の歌詞と一緒にイラストも
きっと書いてくれるのだろう。
写真を夢中で見ながらストーブの前にいたら
完全にのぼせて鼻血が止まらなくなった。

昨日の鼻血が良かったのか
頭がすっきりした状態で朝を迎えた。
“最後の教室”という
変な緊張がきっととれたのだろう。
朝早くからスタバに三人集合し
写真を貼って、寄せ書きを始める。
こんな日曜の、のんびりした朝に
無言に近い状態で必死に作業する人達を
私は今まで見たことがない。
それが私達で
おまけに歌の練習までする。
(もちろん声は控えています)
なつみちゃんもみさをちゃんも
それぞれが楽しそう。
写真を見たり貼ったり字を書きながら
思い出したり考えたり
そして手を動かしたりと
集中した時間が続いた。
スタバを出る頃にはすっかり
一仕事終えた満足感が
「出来た!!」という達成感に変わっていた。
そして歩き出してからも三人で練習を続ける。

「いつもはギリギリにしか行かないのに
 今日に限って早く言ったらおかしい」
三人のうちの私を含む二人がそう言うので
わざとばらばらに教室に入った。
教室に入ってさっきから一緒の友達と
「わー久しぶり」と
三人で小芝居もしたけど誰も見ていないし
気付いていない事が余計におかしい。

_IGP6807.jpg

私達以外の他の生徒さん達は落ち着いておられて
「最後だからとか終わってから歌わなきゃ」という
変な気負いも緊張もなさそう。
今日初めての初対面の人も数人いらっしゃた。
「最後だから一緒に歌いましょう」に
皆さんが付き合ってくれるかが不安だった。
一瞬そう感じたけど
皆で料理を作って食べる頃には
きっと揃って歌えるだろう。

そんなことより今からは切り替えて
料理に集中しよう。
卒業の日の教室が
間もなく始まろうとしていた。
            
                  <続く>
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[料理教室
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。