スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
空を飛ぶ 後編
securedownload[1]
写真教室の方が撮って下さった空を飛んでいる写真はこれ!
うまいんだよね~Mさんさすがです、ありがとうございました。


帰りに一度行きたかったミシマ社さんの
京都オフィスへ。
このミシマ社さんは山田ズーニーさんが
ラジオで社長の三島さんを初め
社員さんお二人と対談されているのを聞いたことがある。
その中の窪田さんという若い男性が
学生ボランティアさんと一緒に
京都オフィスを運営しているらしい。
京都オフィスの一角は小さな本屋さんになっているとか。

_IGP7203.jpg

窪田さんは社長のミシマさんとズーニーさんの
ラジオでの対談を聞いて
ミシマ社に入社した人らしい。
経験も学歴もなく
熱い気持ちだけ持って三島さんと会い
嘘を言わずにすべてさらけ出して
自分の事を何時間も語った。
自信も知識も風格も、少しのおごりも持たずに
この人と働きたいという強い気持ちだけで
まさに「ありのまま」で面接をされたとか。


「こんにちは~」とお邪魔すると
ボランティアさんらしい人と窪田さんがいらっしゃった。
真面目そうな学生ボランティアさんと窪田さんは
歓迎してくれているけどちょっと照れ臭そう。
私は人見知りをしないので、気にせず普通に話していく。
「窪田さんに会いたくて、ここに来ましたよ」と言うと
窪田さんは更に照れくさそうだった。
ボランティアの学生さんも何だか小さな冊子やら
チラシをいっぱい渡して下さったし
窪田さんは私が手にする本を全て
一つ一つ丁寧に解説して下さった。
ミシマ社さんらしい『一冊入魂』
身を削るように本を書く人がいて作品が出来て
そして本は何もなかったように
涼しい顔で本屋さんに積まれて
新しい出会いを待つために、並んでいる。
ミシマ社さんが手売りをしたり
いろんな既成概念に捉われないことを
次々にやろうとされているのも
とてもおもしろい。
財布にあまりお金がなかったのでセーブできたけど
窪田さんの話を聞いていると
どんどん本が買いたくなってくるのでちょっと怖い。
「この本はですねー」「その本、おもしろいですよ」
「これ、おすすめです」と
書かれた背景や作家さんのこと、カメラマンのこと
何でもどれでも解説出来てしまうのだ。
私達が何となく手にする一冊の本との出会いも
きっといろんな人の汗や涙が間にあって初めて
出逢えるものなんだなと思った。
窪田さんと話していて
「本を作る」ということの
楽しさや大変さ、そして感動と人の繋がりなど
たくさんのものを感じることが出来た。
私はこの窪田さん相手に
全くどうでもいいような話をする。
今日は写真教室のロケで
奈良の若草山で『空を飛ぶ』写真を
撮ってきた(飛んできただけ)話しをすると
一冊の写真集を見せて下さった。
「いえ、今回初めてなので
 まずは王道の三島社長の本を買いますね」と
三島邦弘さんの『計画と無計画のあいだ』を購入する。

_IGP7138.jpg
_IGP7292.jpg

帰りに窪田さんが
一つだけ、ドーナツを下さった。
それも窪田さんの机の上にあったらしくて
「買ってきたのか、もらったのかわからないですが」
そう丁寧にドーナツを差し出す窪田さんは
とても自然な感じがした。
これが三島社長の心を捉えたところやね。
普通はつい、余計なことを言ってしまう。
「おいしいかどうかわかりませんが」
「いただきものですがおいしいので」
「とてもおいしいドーナツですので」
「有名なドーナツですので」などなど。
昔、おじいちゃんの家とか親戚の家にでも行って
「何でもいいから、せっかく来たから」と
そこらにあったものを持って帰らせる。
そこには「来てくれてありがとう、又おいで」という
*あくまで私の勝手な思い込みですので
何だか身内みたいな温かい血が流れている気がして
お腹が空いているのではないけど
ほっこり、暖かい気持ちになった。
もちろん、車中でおいしくいただきながら帰る。
静かだけど熱くて、でも暑苦しくない。
聞き上手に思える相槌に調子に乗りそうになるが
淡々とした話し上手なのだ。
一緒にいて“居心地のいい青年”って
こういう人を言うのだろうか。

_IGP7291.jpg
_IGP7293.jpg

そんな窪田さんに先日のドーナツのお礼にと
福岡土産を持ってミシマ社さんで借りた貸本の返却日
当日ギリギリに駆け込む。
すると、何と窪田さんだけでなく、
三島さんご本人にもばったり。
何と翌日にはツイッターに
『福岡のお土産ありがとう』と
私がお土産を渡したという軌跡が残っていて
朝からあんまり嬉しいので
休みで寝ている夫を起こしたが
「俺には何も買って来いひんくせに」と反応悪し。
夫には明太子を買おうかなと思って福岡で悩んだが
近所のスーパーの方が安いと思ったので止めたもんな。
おまけにミシマ社さんも
三島さんも知らない男に言うのはおかしい。
嬉しいとは言え、完全に言う相手を間違えた。

_IGP7286_20120504001022.jpg

窪田さんが教えて下さったソラリーマンが
今、とってもお気に入り!!!で
会う人ごとにすすめている。
元気が出ます!スクロールして見て下さい。こちらから→☆ソラリーマン→☆sora ri-man

ミシマ社さんはこちらから→★ミシマ社さん

_IGP7288.jpg
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。