スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
絶対味覚 ~料理教室森田~
第2回目の森田料理教室の日、
今日の料理も
どれもおいしそうで
おいしくて
楽しくて
言葉にならない。
IMGP0562_convert_20100610234531.jpg

先日田植えでご一緒した方も
お二人おられて
「あっ、又すぐ会えましたね」と
嬉しい気持ちもいっぱい。

トマトの切り方、パプリカの切り方。
一つ一つ丁寧にしっかり教えてもらう。
まだまだ何も出来ないが
野菜との向き合い方は少し変わってきたように感じる。
後で写真を見ても
トマト一つが愛おしく感じるから不思議である。
IMGP0560_convert_20100610234352.jpg

1回目の後、皆とてもがんばってお料理をされたらしい。
私は完全にずれていて
①森田料理教室の生徒っぽいエプロンをひなたさんに習って作る。
(リネンのエプロンを作りました!)
②先生のお家にあったのと同じ色、同じ大きさのルクルーゼを安く買う為、必死で探す。
という所から始まった。

すでに方向性がずれていると自覚はあり、
「でも大丈夫です。がっつりついていけます。」
と思っているのは私一人のような気がする。

今日は味覚の話があった。

私は幼稚園の頃から
アニメソングとか、流行っていた歌謡曲やポップスを
すぐにピアノでひけた。
4歳からピアノを習っていたのもあったが
いわゆる「絶対音感」があった。

そんな事は皆知らない時代だったので
天才かもとちやほやされたが
なぜそんなに騒がれるのかわからなかった。
どの音も私には
ちゃんとドレミファソラシドに聞こえるからだ。

大きくなるにつれ聞いた曲が
楽器だけでなく
楽譜に落とせるようになってきたが
別に便利なわけではない。
楽しいわけでもない。
それを生かせる仕事についているわけでもない。
IMGP0576_convert_20100610235808.jpg

今、働いていて一番困るのは
集中力がない事である。
とにかく周りの音を耳が全部拾う。
自分と話している相手との話だけでなく
後ろで話している話、
少し離れている知らない人の話。
紙を引き裂くシュレッターの音、
車の音やBGM、電化製品の音。

全部聞こえすぎて便利な時より
気が散る事のほうが多い。
IMGP0570_convert_20100610235453.jpg

その変な聞こえ方が絶対音感によるものだと
知ったのは実はまだ1年前だった。
原因がわかってかなりほっとした。
(Tさんありがとう)

そんな私の話はさておき
「絶対音感」ならぬ「絶対味覚」というのもあるらしい。
そして味覚は鍛えれば感度が上がるらしい。

子供で冷やご飯の好きな子とかは
その素質があるらしい。
IMGP0554_convert_20100610232349.jpg

味見とは
「からい、甘い」でなく
味がどこを見ているからしい。

前に出そうとすると、まっすぐ届く。
前に出そうとするお料理は
均一に混ぜる、均一に炒めるなどの意識から。

舌の上で感じて、味をどっちに向けるか。
味は上、下、右左、前と広がる。
味覚は12層、肉体も12層。

そんな難しい話を聞きながら
皆で味見をすると
口の中で広がる味がいつもと全然違う感じで広がっていった。
おもしろいなぁ、でも難しい。

夕方、じゅんこさんにお会いしたので
喜んでその話をしたが
そもそも私が理解していない話を
車の運転をしながらメモも見ずに出来るわけがなかった。
(すいませんでした。)

でも感度を上げる事で、
お料理が変わるだけでなく
緑や光などがより鮮明に感じられたり
先の事を感じる事もできるらしいので
とても興味を持てた。

IMGP0564_convert_20100610235148.jpg
しかし、私はある意味違う感度が
最近高まってきている気がする。
怖い話などをすれば背中や肩は重くなる気がするし
スピリチュアル系の話も大好きだったのに
見ただけで気分が悪くなったりする事もある。

うたた寝して起きたら
丑三つ時の事もとても怖い。

こういう日に限って
夫は私を見捨てるように
深夜から仕事に行ってしまう。
猫達は宙を見て何か考えている。
「何が見えるの?」と聞いても
宙を見続けているから怖くて
その後走り出す時もあるので
怖くて寝られない。

だから怖い話をしないでね
と思うが
なぜか自分から怖い話を振っておいて
それで「怖い怖い、夜寝られないからそんな話は止めて」と
肩を祓っているのが、私の職場での状態である。

感度もあげたいが
怖いの以外でお願いしたい。

でも今日、森田先生の話で
自然界のもの、野菜や植物は4拍子のリズムで生きている。
土から出た野菜は、まだゆっくり4拍子で生きている。
その4拍子の野菜達の半歩先を行く動きをする事で
野菜達はこっちに寄ってきてくれるらしい。
IMGP0687_convert_20100611000109.jpg

話していて何となく気が合う、
自分と波長が合うという人でなく
いつも半歩先を行く人。
痒いところに手が届くという表現は違うが
「先にちょっと嬉しい事をしてくれたりする人って
誰でも好きやん?」と先生は言う。

それと一緒という表現をされていた。
これまたおもしろくて難しい話だった。

私はいつも先を急ぎ過ぎるか
反対に遅すぎるかのどちらかで
良く言えばマイペースだし
悪く言えば自分勝手でしかない。

なかなか半歩先という微妙な距離は難しそう。
お料理だけでなく、
まだまだ修行は必要だと思った。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:3  
[料理教室
comment
こんにちは!
絶対味覚の話、おもしろいです~+゜.(*゚д゚*).゜+料理で、心のこもってる料理とざざっとつくる料理とでは感じ方が違うっていうことも、ちゃんと意味のあることなんやなぁと思いました!

また話聞かせてください~☆

猫ちゃんがぼーっと宙をみて急に逃げ出したのも意味があるんでしょうか???(≧w≦;)
2010/06/11 11:28 | | edit posted by まさみ
e-348まさみちゃん

コメントありがとうe-68
うまく説明出来ないことに興味を持ってもらい恐縮です。
今までで食事をしに行ったお店はミレットもみかつき食堂も
心をこめて食事を作ってくれているお店でしたね。
怖い映画はどうがんばっても無理ですが、又、うまく時間が合えば遊びに行きましょう。楽しみにしていますね。
中川さんも皆のおかげでみるみる移乗が上手になってきましたね。人の成長を見るのはとても幸せで嬉しいです。




2010/06/12 00:21 | | edit posted by あゆみ
はじめまして!
高橋様

まだお会いしたことは無いですよなぇ~。

私は少々天然入っているのでもしも教室ですでにお会いしていたら・・・ゴメンナサイ。

そして、まだならご一緒できたらどうかお声をかけてくださいね!

私は今日(6月13日)絶対味覚の教室受けてきました。
ホテルで頭がウに化していますがブログのコメント拝見して嬉しくてコメントのお返しを差し上げました。

お互い2年間頑張ってクーちゃん先生についていきましょうね!
2010/06/13 19:42 | | edit posted by 倉田いつこ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。