スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
はせがわさんと野草酵素ジュースの会
四年ほど前からよく立ち寄る
山の上にある山の家 はせがわさん
一人で行っても誰かと行っても
とにかくとても居心地のいいお店だ。

_IGP8427.jpg
_IGP7579.jpg
       *写真、上は我が家の諭吉ですが
        下のは桃ちゃんではなく、はせがわさんの猫ちゃんです。


お店の人も犬も猫も
いつ行ってものんびりして
何度行っても私に何も聞かない。
名前だけでなく、仕事も家の場所も
今日は誰と来たのかも。
それがとても心地いい。
この十年、介護業界にいたけど
それまでは仕事も良く変わっていたし
友達もいつも同じ人と行くわけではない。
一人でいるほうが楽な時も
大勢でいるのが好きな時もある。
私が話すと聞いてくれるが
余計なことは一切聞いてこない。
一方、柴犬のななちゃんは
初めて行った時から名前を聞かれた。
そして、いつ行っても
はせがわのお父さん、娘さんから
「ななちゃん、来たね」と言われている。
そんな私がこのお店で
とうとう初めて名前を言う機会が来た。

_IGP7582.jpg
     看板犬のヴィックスとはせがわのお父さん(顔が切れてますが)

五月に酵素ジュースの会を行った。
講師は気功仲間の金沢のしずえさん。
気功の仲間に私の友達も加わり
大人数で利用し、宿泊もするのだし
名前と連絡先くらい言っておこう。
聞かれたわけではないけど
私は名前と携帯をメモに書いて渡した。
「こんな名前やったんですね」
お店の娘さんは驚いて
まるで平凡でどこにでもある
私の苗字を見て呟いた。

酵素ジュースを皆で作り
次の日を『気功の学校の日』にすれば
遠方の人も出て来やすい。
佳子さんと考えて
はせがわさんで開催することになった。
打ち合わせや下見、買い出しも
佳子さんやひろこさんと楽しく終わり
お店の横にある小屋を使わせてもらえたり
はせがわさんにも全面的に協力していただく。
水は他府県からも汲みにくる人がいる
山の水、名水が好きなだけ使えるようだ。

以前、しずえさんが
「一人でも虫とか苦手な人がいたら足手まといになる」
という話だったので
虫も蟻も大嫌いだったけど
そこは無理してがんばった。
二キロの野草を抜くのは
わからない上に虫も嫌だしと変に悩み
なかなかに難しく時間ばかりが過ぎた。
草もうまく切れなくて
こっちもモタモタしていたので
結局、草抜きも草切りも
どこも皆が手伝ってくれた。
草をテキパキ抜くしずえさんは
気功の学校ではわからなかったけど
とっても男前だった。

_IGP7575.jpg

夜はお店のは人達が皆帰ってしまい
私達だけの完全な貸切になる
というか完全に別荘感覚だった。
初対面の人同志もいるのに
アルコールも入らず深夜まで話は盛り上がり
朝は六時過ぎから又、話が止まらない。
山上での眠りはどっぷりと深く
目覚めはスコーンとさわやかだった。
神奈川、金沢、鳥取、滋賀、兵庫、和歌山、
そして京都の私達というメンバーは
皆とても元気でこの合宿を楽しんだ。
作り置きしてくれていた朝食のサラダとゆで卵に
自分達でパンを焼きコーヒーを淹れる。
鳥取から来ている典子さんいわく
ここはとても『気の整った場所』らしい。
私が疲れた時にここに来たくなる理由は
間違いなくそこにあった。
典子さんは早朝五時から一人で一時間近く
山を歩いて戻ってきたらしい。
ここで一緒に過ごせたことを
皆さんとても喜んで下さり
私もとても嬉しかった。

足を引っ張っていたと思うのに
お世話をしたように思われて
皆さんからお礼を言われて申し訳なかった。
段取りはともかく
我ながら草抜きや草切りがこんなに出来ないとは~

一週間ほど天地返しをして
酵素ジュースを完成させるのだが
二日でじゅわじゅわと泡が出てきて
とってもいい感じになってきた。
草の中に虫がいても蟻がいても気持ち悪いので
メガネもコンタクトも外して
なるべく中を見ないようにして混ぜる。
皆さんにたくさん手伝ってもらったので
途中で止めるわけにもいかない。
何度もしずえさんに電話して進捗を確認するが
どうやら順調に仕上がっているらしい。

私の酵素ジュースはあれから一ヶ月半経って
当初はドクダミが多くて匂いもきつかったが
今はいい感じで冷蔵庫にいる。
味も少しずつまろやかになって
友達に飲んでもらっては
ゲップや屁を誘発しているらしい。
春の酵素は解毒、浄化だからそれでいいみたい。

神奈川から一年半振りに
京都に来てくれた陽子さんは
その二日で頑固な口内炎が治ったと
嬉しい報告ををいただいた。
美味しいものを皆で食べて
きれいな空気を吸い
たくさん話して笑い
酵素ジュースを作って飲んで
気功をして帰る。
どれを取っても確かに体にも心にも良さそう。
そもそも何を作るのかの説明を
私がちゃんとしていなかったのに
お休みをとって来てくれたことが有難い。

あれからもはせがわさんには数回行ったけど
以前とは何も変わらない。
相変わらずななちゃんには
「ななちゃん、来た来た」と言ってくれるけど
私が狂ったように原稿用紙に何かを書いていても
どっぷりと本の世界に浸っていても
一定の距離感を持って接してくれている。
一度名前を知ったからと言って
相変わらず、名前を呼ばれないのも同じだ。

_IGP7576.jpg

先日、財布を忘れて行った時は
小銭がギリギリあったので
とにかくコーヒーだけを飲んで帰った。
「余計なお世話かも知れませんが」と
そのコーヒーにはキットカットが添えられていた。
この距離感が気持ちいい。

はせがわのお父さんは曇り空を見ながら
「今日は絶対に降らん」と店から山に出ていく。
その後、滝のような豪雨になった。
「絶対に雨、降らへんって言ってたのに」
私の言葉に娘さんは笑いながら言う。
「願望を言っているだけです。いっつもですよ。
 降った、降ったって言いながら
 濡れて帰ってくるだけやから大丈夫です」

_IGP8443.jpg

梅雨空を見るたびに
そんな言葉を思い出し
何かが起こっても
たまたま起こっただけで
大丈夫な気がするから不思議だ。
そして又、あの山奥の細い細い道をくぐって走り
はせがわさんに行きたいなと思う。

*しずえさんのブログはこちらから⇒☆にじいろママ!通信
当日は写真を撮るのを忘れていました。


スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:4  
[ステキなお店
comment
しずえさんのところも見てきましたよ〜
ようすがわかりました、ありがとう!

はせがわさんで、気持ちよく過ごされているんですね。
2012/07/08 10:18 | | edit posted by じゅんこ
Re:
じゅんこさん
コメントありがとうございます。
又、こんな機会があればいいなと思っています。
大山のことも近日中にアップしますね。
2012/07/08 11:04 | | edit posted by あゆみ
はせがわさん。気持ちよいところでした。

懐かしく読ませていただきました^^

野草酵素作りがどんなものか想像つかなくて、
来てみたら虫が怖くてダメだった人がいたので、
虫が嫌いな人がびっくりしないように、無理かもしれませんよ。とお知らせさせていだきました。
この体験のおかげで、自分の家の草むしりが出来るようになった人もいますけれど(笑)

2012/07/18 22:06 | | edit posted by しず
Re:
しずえさん
コメントありがとうございます。
虫嫌いの私が酵素ジュースを無事に完成させられたのは
しずえさんを初め皆さんのおかげです。
おかげでとても楽しく
いい経験が出来ました。
ありがとうございました!!
2012/07/19 23:46 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。