スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
星を見上げる~都会の星展~
自分のことがあまり好きでなくても
誰かを信じられたり
何かを信じられたら
それで幸せだったりする。

_IGP8609_20120728083101.jpg

去年の秋に大好きな西洋占星術の
石井ゆかりさんにお会いした。
その時、占っていただいた私のホロスコープは
宝物であり
今でも引き出してきては
しまうの繰り返し。
この7月に銀座で開かれる写真展。都会の星の写真一枚一枚に
石井ゆかりさんが言葉を添えられることを知り
そして在廊される日程もブログでわかっていた

_IGP8648_20120728083059.jpg

本を持って行ったらその場所で買わなくても
サインももらえる。
以前ももらったけど
やっぱりサインが欲しいし
次に会える機会もいつかわからない。
それでも又、東京に行くのは贅沢な気がして
夫に何となく止めてもらいたくて言ってみたが
「どうせ自分の金やろ、
 夜ちゃんと帰ってくるんやったら行けや」
あまりにあっさり言われたその言葉に
反対に後ろめたくて足止めされて
ゆかりさんが在廊する最後の日の朝は
早朝から起きていたのに
お昼の12時にはまだ、
京都駅前の伊勢丹で
無意味にウロウロしてしまった。
結局、お昼を過ぎてから新幹線に乗ったけど
快く行けと言ってくれた夫のことを思うと
夕食の時間の前には帰りたい。
滞在時間は2時間ほどになるな。

銀座の駅の真上で
その写真展はやっていた。
ゆかりさんがサインしてくれる
ブースはちょっと混んでいたので
先に写真を観て回る。
東京と大阪の高層ビルや
誰もが知っているような有名な場所での
夜空の星が無数に映っていたその写真は
とてもきれいで
やっぱり、来て良かったと思えた。
*星の軌跡を撮る、比較明合成という手法らしい。

_IGP8618_20120728083100.jpg

一枚一枚の写真に添えられた
溢れるような“ゆかり節”の言葉が
写真を更に素敵に魅せる。

曇り空でも真っ暗な雨雲でも
私達が見えないだけで
星はいつもそこにあって
変わらずに見守り、照らしてくれているという
ゆかりさんのメッセージを
私はいつも信じていたけど
「実際に見えないだけ」で
こんなに星はあるんだ。
その事実をはっきりと見た。

写真を見終わって
石井ゆかりさんのサインの列に並んだ。
圧倒的に女性ばかりだったが
男性も数人並んでいた。
皆さんとてもマナーがいい方ばかりで
静かに待たれて
後ろにいる人に気を使いながら
サインをするゆかりさんと話されていた。

私の番が来たので
以前もお会いしたとはいえ、とても緊張した。
サインの為に名前をと聞かれたので
そこにフルネームを書く。
「あれ、私、とてもお世話になってますよね??」
と言って下さったので
「いいえ、お世話は何もしていませんが
 私が勝手に手紙を書いています。
 アマゾンのレビユーの乙女座も。
 ハンドルネームが諭吉セブンです」と
私が話している途中で
ゆかりさんの中で繋がったらしく
そこで笑顔で「あーっ」と笑顔が見えた。

去年の秋にホロスコープを観てもらい
今年の乙女座の運勢の勢いもあって
嬉しいことが続いていること。
いつもゆかりさんの言葉に
勇気や光をもらって
感謝していることをなどを伝えた。
しかし緊張していたので
握手をしてすぐに帰りかけてしまい
ゆかりさんに
「ちょっと、ちょっと」と呼び止められ
振り返るとサインしてもらった本が
そのまま積んで忘れてあった。
ゆかりさんも、
緊張の面持ちで列を作って待っていた人からも
笑いが起こって、あぁ恥しい。

_IGP8612_20120728083101.jpg

予定通り家に帰って
夫にこの話をしたら
「わざとやろ、確信犯か?」と言われた。
そうか、印象に残るからいいか。

本は二冊持っていったので
これで以前もらったものと合わせて
合計三冊がサイン入りになった。
もう、人に貸せない。
石井ゆかりスケジュール帳も持っていたけど
先日、田口ランディさんのサインが入っていたので
これはさすがに出せなかった。

ここ数日は嬉しいことが続いた。
ずーっと対人関係で悩んできたMちゃんが
私のブログを読んでパワーをもらい
保存したいくらいだと
嬉しいメールをいただいた。

一緒に遊びに行く予定のYちゃんが
前日と前々日寝込んでいた。
無理はしてほしくないし
そこは私の良く行く好きな場所ばかりなので
次の機会は多分すぐにやってくるだろう。
諦めかけた前夜に
「こんな時だけどどうしても行きたい」
とメールをもらった。
そんなに行きたいのならきっと
何かいいことがあるのだろう。
翌日は少し心配はしたものの
予定通り楽しく一日が終わった。
翌日、元気で働いている彼女の笑顔を見て
まるで背負っていた重い荷物を降ろしたように見えて
とても嬉しかった。

_IGP8614_20120728083100.jpg

私も友達もきっと
何かを信じたり
誰かを信じることが出来る。
そして見えない何かも
いつも感じている。
今晩は月がぼんやり見えるだけだけど
星は私達の上で
昼でも夜でも大雨でも
きっと誰の頭上でも
いつも照らしてくれている。
今度、ゆかりさんに会えるのはいつだろう。
その時、私は何を信じて
何を話すのだろう。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:4  
[diary
comment
行ってきはってんね〜。よかったね〜。
2012/07/28 10:22 | | edit posted by じゅんこ
Re:
じゅんこさんへ
コメントありがとうございます。
今回は髪をバッサリ切られていて
ジーンズ姿で感じが全く違いました。
何かいいことがあれば
すぐに報告したい人、ベスト5には
石井ゆかりさんも
じゅんこさんも
私の勝手で常に入っています。


2012/07/28 17:56 | | edit posted by あゆみ
おお、髪を切りはったのか。
最初にACC大阪でお話された頃から
ずっと同じ髪型やったから、
それは大きい変化ですね。
2012/07/30 20:39 | | edit posted by じゅんこ
Re:
じゅんこさんへ
コメントありがとうございます。
雰囲気、全然変わられましたよ。
去年お会いした時より、柔らかい感じがしました。
何かゆかりさんにもいいことがあったのならいいですね。
2012/07/31 17:47 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。