スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
記憶
初めてそのお店に行った時
美味しかったからとか
雰囲気がいいからとか
そんな単純な理由でなくて
真っ先に「連れて行きたいな」と思った友達がいた。

_IGP9034 (2)

それから一年経って
この一年、何度も会っているのに
やっと彼女を連れて一緒に行けた“QUIQUIさん”
ところがその日は一日一緒にいたのに
何を話していたのかを
さっぱり覚えていなかった。
理由は連日のオリンピック観戦による寝不足と
カウンターにいた他のお客さんの話が
あまりにも面白くて
笑い過ぎていたことだった。
久々に聞くコテコテの『おやじギャグ』ぎゃくと
ダジャレの連続でずーっと笑い転げ
気付けば家に帰っていた。

介護業界に入った頃に
あるディサービスの所長さんが
話してくれたことを思い出した。
「認知症の人は昨日の記憶どころか
 5分前のことでも忘れるけど
 楽しかったということや
 笑った記憶だけは忘れないんよ」
この日の私の頭は失礼だけど
そんな感じだった。

私が大丈夫かということはさて置き
友達のなつみちゃんはあの日のことを
ブログで素敵にまとめてくれた⇒☆hati-meshi日記
綴られた言葉の中には
彼女を連れて行きたかった理由が
ちゃんと載っていて
私は横でただ笑っていたのだけど
感じてくれた沢山のことが
とても嬉しかった。

_IGP9014.jpg

もうすぐ結婚する彼女が
これからの長い人生で
どんな時でも夢を諦めないで
幸せに過ごせますように。
一日の終わりには笑顔の記憶が残るような
そんな毎日が続きますように。

*写真と記事は無関係です。
QUIQUIさんの料理は次回、アップします。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。