スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
扇風機争奪戦
毎年夏になるたびに
夫と扇風機を取り合う。
夫は暑がりで寒がりで
節電などどうやっても難しい。
体中に熱を籠らせているのかと思うほど
真夏は体中が熱くなって帰ってきて
お風呂に入っても体の熱はとれない。
私は冬には強く薄着で過ごせるけど
夏は弱いのでエアコンは欠かせないけど
それでも夫ほどではない。

我が家は以前も書いたが
夏に強いのは押入れで過ごす桃ちゃん(猫)くらい。
その桃ちゃんは猛暑も押入れの中で
平気で過ごしているけど
それというのも世間の流れを全く無視して
この夏もエアコンを24時間かけっぱなしにしているからだ。
鉄筋マンションの最上階の端部屋というのが
こんなに暑いとは知らなかった。
引っ越してすぐの頃に昼間寝ていて
タイマーが切れて1時間もしないうちに
部屋は急激に暑く戻ってしまい
外気の方がまだ涼しいくらい
部屋がサウナのようになって湯気が出そうに酷かった。
網戸にしておくと猫達が外に出ていき
下に落ちれば即死だと思う。
(桃ちゃんはたまたま助かっただけ)

_IGP9185.jpg

そんなわけで我が家はずーっとエアコンを入れているが
エアコンが一台しかなく、広い部屋用のやつなので
全部の部屋の扉を開けて凌いでいる。
そして扇風機も一台しかない。

以前、一緒に住んでいた龍之介と
部屋で遊んでいて扇風機が倒れ
扇風機の羽は折れた。
その時、カバーが外れてとても危なかった。
ネットをかぶせるのも嫌だし
なるべく新しいのを買いたくない。

夫は寝る時にエアコンの効いた部屋で
自分の体にだけに扇風機が当たるような
微妙な角度にして眠っている。
これは夫と私の体温が違うのを
夫なりに百歩譲って
エアコンの設定温度を上げてくれているので
その分の暑さを扇風機でとっているらしい。
ところが私がお風呂上りに暑くて
扇風機をこっそりリビングに持っていくものだから
夫は30分も経たないうちに汗だくで起きて来て
怒って扇風機を持っていってしまう。
あんまり怒るのでお風呂上りは
夫の寝るベットの片隅に座って涼んでいると
私についてくる
諭吉(猫)桃ちゃん(猫)ななちゃん(犬)も移動してくるため
人口密度が高くなり室温は一気に上がる。
おまけに私とななちゃんが壁になって
扇風機の風を遮断するので
結局夫は起きて怒る。
毎日そんなことばかりやっているけど
新しいのを買う気はしなかった。
今年になってから諭吉によって噛まれた線は
実に10本を超える。
Lanケーブル、電話線、マウス、携帯の充電器など
おまけに扇風機は留守の時も猫達がリモコンの上を歩いて
勝手に動いていることもあることが多いし

お盆明けに木津(京都と奈良の間にある街)にある
大好きで立ち寄る喫茶店で
900円代の扇風機が奈良の電気屋には
大量に積んであると聞いた。
その電気屋は京都にもいくつかあるので
わざわざ奈良に戻らずに
京都で探してもすぐに見つかるだろう。
「900円代ならお店の雰囲気に合わなくても
 一夏で壊れても悔いはないと思って」

店主さんと話していて
本当にそうだと思った私は
やっと新しいのを買うことを決意した。
ところが京都の電気屋に行くと
同じメーカーの同じ扇風機はあるのに
2000円以上の値札が貼られていた。
「これ、奈良店で1000円切ってましたよ」と言っても
こんな安い客は知らんとばかりに
「そうですが~」とやんわりかわされたケー〇電気
そこから意地になって急に扇風機を見に
京都、滋賀の電気店をあちこち回るが
どこもそんな安いのは売っていない。
エアコンを見に行くと声を掛けられても
扇風機だと店員はほとんど無視。
2,3種類しか置いていない店も数件あった。

この一年ほどで各電気店は
マッサージ器のコーナーに店員を置くようになったので
電気屋でマッサージをする楽しみもない。
もう私は扇風機を見ることにすっかり飽きた。
ところが夫はどうしても欲しいらしくて
一緒に出掛けるとホームセンターや
大型スーパーでもどこでも見に行く。
私はうんざりして車で寝ていた。
(いつもと逆になっている)
そしてとうとう少ない自分のこずかいで
夫は新しい扇風機を買ってしまった。
しかし、これが涼しくない。

_IGP9182.jpg
    人気のない新しい扇風機、諭吉は怪訝そう

去年発売されたダイソ〇の羽のない扇風機のバッタもの。
値段は1万円だったらしい。
本物は5万くらいしたかな。
自分はもともとあったものを使い
私に新しい扇風機を置いてくれるのだけど
これが涼しくない上に
とてもうるさくてデザインも偽物っぽい。
どれくらいうるさいかというと
この扇風機をつける時は
リモコンのボリュームボタンの+2くらい?
上げる必要がある。

夫はとても満足気で
「うちは犬猫が多いから安全を考えた」と豪語し
もともとあった扇風機を独占して
寝室に持っていって寝ている。
その扇風機は話していないけど
私が前の結婚の時から使っていたやつで
あんたが気に入るのはおかしいやん。
私はいつも深夜に一人
そう思って扇風機にあたっている。

しかし、やっぱりお風呂上りには
夫のベットの片隅に座る私と
ななちゃん、諭吉、桃ちゃんの姿があり
夫は起きてしまう。
「新しい扇風機が不満か。返品してこいや」と
その度に夫は怒っているが
「長年の癖やから」とか
「お風呂上りだけはこれでないと」と言っては
何とかごまかし
夫がいない時は従来の扇風機をリビングに運んで
帰ってくるころには寝室に戻しておく。
文句を言うときっとこれから
何もしないし何も買わなくなるだろうと
「うるさい」「涼しくない」とは
口が裂けても言わないようにした。

_IGP9205.jpg
      従来のもの、諭吉はこのリモコンの上もお気に入り

その扇風機達ともやっとお別れできる
涼しい季節がやってきた。
来年こそは本物のダイソンの扇風機でも買うぞ。
線を諭吉が齧ったと言っても
そんなものは簡単に直せる夫なので
この新しい扇風機を使わなくてもいい
何かいい言い訳を
来年の夏までの間に考えておこうと思う。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。