スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
怒りの行方
徳島から戻った日
ポストにメール便が届いていた。
数週間前にアマゾンで頼んだおいた
来年のスケジュール帳だった。

毎年買う西洋占星術のYさんの占いが
たっぷり載ったそのスケジュール帳は
今年はかなりバージョンアップして
私のテンションは上がりっぱなしだった。
ところがその2日後に
出版ミスが発覚したらしい。
芸能人のブログやツイッターが炎上というのは聞くが
初めてブログの“炎上”というものを見た。
出版社より先にYさんが自分のブログに
謝罪の文を載せると
コメント欄がそこから2,3日で
100件を超える書き込みになった。
多分、コメント欄だけでなく
本人への直メールも行っているだろう。
内容は“怒り”だけではない。
「大丈夫ですよ、気にしないで」
「出版関係の仕事をしていて他人事とは思えない」
などの励ましや同情の言葉から
「買わなきゃ良かった」だの
「誠意が感じられない」
「だから、あなた自身はどうしたいの」
「最近、調子に乗っているんじゃないの」など
匿名で好きなことが書いてある。
そしてそのコメントに対してご本人でなく
又、他の人がクレームをつけ
怒ったり、ばかにしたりしている。
まるでうっかり
「2ちゃんねる」を覗いてしまった時のような
後味の悪い感じがした。
誰が誰に失望したのか
何に対して怒っているのか
怒りそのものが変わっていたりする。

怒っているうちに怒り過ぎて
誰に対して、何に対して怒っているのかさえ
わからなくなったり
争う相手でない人と
もめることもあるだろう。

_IGP9688.jpg

老人ホームの仕事の時に
とても理不尽なことで怒られたことは
何度も何度もあったなぁ。
「俺の人生を返せ!」と頭痛がするほど
怒鳴られたことは今でも
簡単に思い出せる。

体調が悪くなった
老人ホームに入居中の高齢者さんが
緊急搬送してそのまま入院となった。
その家族、息子さんは入院ということで
お金がかかると言って怒って
私に当たり怒鳴り散らした。

「なぜ、病院に連れていったのか。
 いったいお金がいくらかかり
 どれくらいの入院になるのか」

どれだけ怒られたとしても
命に関わることだし
苦しんでいる人を
放置しておくことは出来ない。
するとおまえ(私)が病院代を払えと怒られ
老人ホームの保証人を降りると怒り
どれだけ親のせいで
自分の人生が大変だったかを語られた。

あの親のせいで希望の大学に行けず
あの親のせいで希望の会社で就職できず
あの親のせいで好きな人と結婚できず
あの親のせいで離婚することになった。
俺の苦しみがどれだけわかるのかと。

そしてその後、又怒りはこちらに向いて
私は怒鳴られ、叫ばれた。
「俺の人生を返せ」

もうここまでくるとどうしようもない。
私はこの息子さんの人生を
破滅させた覚えはない。
それでも理不尽に怒られると言うのは
精神的には持ちこたえられても
頑張って平静を装い続けたおかげで
体はぐったり疲れた。

結局、その入居者さんは
翌日には病院を退院された。
本当は入院が必要だったけど
認知症や精神疾患もあって
病院で一晩中騒いだので
追い出されたというのが正確な理由だ。
なので翌日にはもう息子さんも
お金の心配がなくなってケロッとされ
私に「俺の人生を返せ」と言ったことも
忘れておられるような気がしたくらいだった。
そもそも何に対して怒り
怒りがどこまで行き
なぜ理不尽に怒鳴られたのかはわからない。

_IGP9757.jpg

Yさんの炎上したブログのコメントを読んでいると
その内容の“幼なさ”にちょっと悲しくなった。
でもなぜ、そう思いながらも
私はそのコメント一つ一つを読んだのだろう。
きっとそれはあほらしいとか
幼稚だなと思いながらも
私自身が持っている気持ちを
写した鏡なのかも知れないとも思う。
誰かや何かに期待したり
自分で動いているようで
他力本願だったり
思うようにうまくいかなかったら
その責任をどこかに求めたり
目先のことで怒ったり悲しんだり。

これからもきっと私は
怒った所で何も始まらないことがわかっていても
現実を全部受け入れ許せるほど
“出来た人”にはなれないかも知れない。
それでも何に怒っていたのか
何に悲しんでいたのかを見失わないように
誰かや何かのせいにせずに
目の前のことにいつも
向き合っていきたいと思った。

Yさんはきっと出版社から謝罪のコメントが出る前に
制作者側の責任として
とりあえず早く
どこかで謝りたかったのだろう。
占いをネットで発表することで
今の位置を築き本を何冊も出した人だから
誹謗中傷も覚悟の上だと思う。
この件に対して更に数日後
出版社の窓口が案内され
ブログはしばらくして落ち着きを取り戻した。
今年のYさんの手帳がきっかけはどうあれ
例年より多く売れますように。
















スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:12  
[diary
comment
「俺の人生を返せ」といった息子さん。

ぶつける先が違っているのに、

たまたま目の前にいた、あゆみさんにぶつけるしかなかった。


息子さんの激しい怒りと言動にぐっと心を締め付けられ、

自分の中の引き寄せられる部分もあって

心の中でグルグル出口を探している気持ちが、ハッと目覚めました。


だから、彼の言動から

あゆみさんが感じたように

私も

”何に悲しんでいたのかを見失わないように
誰かや何かのせいにせずに
目の前のことにいつも
向き合っていきたいと思った。”

そういう気持ちを大切にしたいと思いました。

ありがとう。


2012/10/29 01:31 | | edit posted by しずえ
Re:
しずえさん
コメントありがとうございます。
アルコールが入って怒られることもあり
(老人ホーム内で飲まれてたり
 おうちに電話したら飲まれてたり)
この息子さんはすごい当たられ方でしたよ。
でもいっぱい勉強させてもらったなぁ。
いつまで経っても親や環境をを憎んでいる
人生の空しさや悲しさとか
怒ってばかりいると
顔の筋肉が歌舞伎のように吊り上って
こんな風になっていくのかとか。
本気で怒られると疲れるので
いろんなことを考えながら
この人の話を聞いていました。
怒鳴られた一つ一つのこともそのうち
懐かしい思い出に変わるんだろうと思います。
2012/10/29 09:34 | | edit posted by あゆみ
お久しぶりです。

ほんと、しばらくぶりに、
ブログ拝見しました。

老人ホームでは大変お世話になりました。

少しだけお知らせしておくと、
義母さんは、
いよいよ、食事が取れなくなり、
「看取り」の時に入ってきました。

ぼくも、妻も、義姉さんも、
高橋さんをはじめ、
いい方々と出会えたと、
ホームの方々、みなさんに感謝しています。

ありがとうございます。

残された時間を、
大切にしていきたいと思っています。

そうそう、来年、秋か冬、
大阪で少し大きな展覧会を
開催できそうです。

また、お知らせいたしますので。
man.






2012/10/29 09:55 | | edit posted by man
Re:
お久しぶりです。
いろんなことが気になるので
なるべく情報が入らないようにしていたので
びっくりしていますi-182
メールしますね。
どうかお母さんも、ご家族の皆さんも
穏やかな日々が過ごせますように。
2012/10/29 10:03 | | edit posted by あゆみ
同感です
タイトル観て「おおっ!」と思ってしまいました。

ブログのコメントは本名でないぶん、好き勝手なことを書いている人もいますよね。あるところでは「言うだけ言ってあとは丸投げは、ある意味超他人に依存的です。」と自ら反省されている投稿者の方もおられましたが。
ネットのように顔が見えないやりとりはホンマに不気味です。いつから自己責任が浸透しなくなる世の中になったのでしょうか。やれやれ…。

あゆみさんのようにお仕事で直接顔を見合わせてのやりとりも大変だっでしょう。お疲れさまでした。誠実に対応されたのですから、何かは解けたような気がします。

今日は私も職場で少し戦ってきました(笑)そのお話はまたこんどお会いしたときに。
2012/10/29 15:00 | | edit posted by tokiko
Re:
ときこさん
コメントありがとうございます。
来年の手帳のことで
早くアマゾンのレビューを書かなきゃと
思っていた矢先の炎上を見て
ネット社会の怖さを見た感じがしました!
いろんな人がいていろんな価値観がありますが
偏らずに向き合っていきたいなと思います。
私の体癖が“ねじり”なので余計に
そこを意識しようかなとか思っています。

又、お会いした時に
ゆっくり聞かせて下さいね。
私は体調もすっかり戻り
現在体質改善中でちょっと痩せました♪
2012/10/29 19:41 | | edit posted by あゆみ
私も見てました。まじまじとは読んでないけど。
こんなときの当事者の状況判断って、すごく難しいね。
iYさんも、みんなに話さずにはいられなかったのでしょうね。

息子さん、あゆみさんに怒らはって
めっちゃすっきりしはったんと違うかな。
人徳ですね。

ことばの裏にある思い。
ほんまはどないな気持ちでそう言うてはるのか。

今回の表紙をかくときに、とうさんに
「話す、ってどういう感じ」と聞きました。
「話されるほうも、話すほうも、ほんとはないねん。」
みたいなことを言っていました。
言葉として表れてこない、たくさんの情報を
私たちはお互いに、やりとりしているのかもしれません。
そんな感じで描いてみました。




2012/10/31 17:56 | | edit posted by じゅんこ
Re:
じゅんこさん
コメントありがとうございます。
あのブログのコメントの内容の酷さに
驚いて心臓がバクバクと鳴りました。
気さくな感じで文章も書いておられるし
お会いしたらニコニコ話して下さるけど
こちらが思う何倍も人との関わりが
決して器用な人だと思わなかったので
どれだけショックを受け責任を感じてはるのかと思うと
胸が痛かったです。
でもこの話をミシマ社の奥さんにしたら
いつもはにこにこ優しいのですが
「出版する側の責任」ということを
厳しい顔で語られていていたことも
印象に残っています。

この息子さんに教えられたことは沢山あって
エピソードも盛りだくさんで
いつか本が書けそうなボリュームです(笑)

気功生活の表紙、絵も言葉も素敵ですね~
ついつい体癖の写真ばかり見てしまいますが
何度も表紙を見直して
あの世界に浸っています。


2012/10/31 23:36 | | edit posted by あゆみ
あゆみさん、ありがとう、
体癖の写真おもしろいですよね。
ちょうどセンターになるようにしたんです。笑
表紙、「話す」一発で決まらず、書き損じを何枚も出しました。
とうさんに聞いてやっと決まった。
これでいいか聞くと、
「大阪の人が話し、してるみたい」とのこと、そう言われると
たしかに「ふんふん」「ほんでな」「そやなぁ」みたいに見えてきておかしかったです。

iyさん、当初から比べると格段に読者層が広がりまくっているような気がします。
ツイッターを見ていると、だいぶやりとりに慣れはったなと思うけれど
それでもていねいに、それぞれと接しようとしてはる姿勢は変わらない。
これだけ人気が上がってきた、ということでもありますよね。

発信する側にはいつも責任があって、
それゆえに
ほんとにありがたい思いをすることも多いです。

事実やこちらの思いと違う、痛い言葉も飛んできたこともありましたが
だからこそこちらからは、文章で中傷することの決してないようにしたいと思っています。

「呪いの時代」って本を気功生活で紹介したことがありましたが、
みな、発信する側であって、受信する側でもある。
ひとつ海の中を泳ぐ魚なんですよね。。
2012/11/01 18:45 | | edit posted by じゅんこ
Re:
じゅんこさん

何だか10月の一ヶ月は
じゅんこさんが書いて下さったことが
私のテーマだったように思いました。
今、ちょうどそこをまとめて
次回に繋げている所です。

もう少しかかりそうですが。
今日いただいたコメントにも見事にリンクし
有難い気持ちと同時に
不思議な気持ちが共存しています。

2012/11/01 19:08 | | edit posted by あゆみ
そうでしたか? ほんなら良かったです。。v-344

うち2人も、若かったですから至りませんし
めちゃくちゃ言われたこともありましたよ。

でも、書かれたほうがきついんですよね。
その場で反論できないのに、それが広がってしまっているから。
ある意味暴力的ではありますが、
その人にはその人の抱えてきたものがあるのもわかりました。
それが表に出てきているので、
わたしたちが何か、というのではない時もあるんですよね。
iyさんも、それは分かって読んではるんじゃないかな。

大きな声の人の話は、みんなに聞こえる。
マイナスの感情は、人の気をひきやすい。
でも、おかしいな。って
思ってくれる人もいるんですよね。

尼崎で悲しい事件がありました。
その人に関わった人が次々不幸になっていく。
それよりも、
周りの人が、楽しく幸せにあってほしいし
人は、それが本来ではないかと感じています。

ネットでも、願えば、人のpcを操作したりできる。
願いの向くベクトルの違いだけで、
大きく変わってしまうことが
ネット上で、かなりの速さではっきり表れるようになってますね。

愛をもって、いきたいなと思います。


2012/11/04 22:42 | | edit posted by じゅんこ
Re:
そうですね、私も愛をもっていきたいし
周りの人が楽しく幸せであってほしいと思います。
素敵なコメントありがとうございます♪


2012/11/04 23:07 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。