スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
すてきなひと
友達のMちゃんが
地元の“あるお店”を手伝っていることは
数年前から知っていた。
「行きたい」と言っても
いつも話をはぐらかされたし
お店の名前も教えてくれなかった。

IMGP0269.jpg

今年も残り一ヶ月を切った十二月のある日
突然、そのお店に行くことになった。
Mちゃんと面識のない
私の地元の友達三人と
五才になる娘ちゃんも一緒に車に乗り
高速を飛ばす。

到着した瞬間から
突然現れた素敵なお店に
写真が撮れない。
大人は皆それぞれブログをやっているし
一眼も持っていたり
インスタをやっていたりなのに
どの空間も素敵過ぎて
どこを選んで切り取っていいのかが
ファインダーを覗いてもわからなくなる。
なので、写真の枚数が
私だけでなく皆、少なくなってしまった。

IMGP0296.jpg

こういう場に小さな五歳の娘ちゃんは
お母さんに連れてこられて
退屈かと心配もしたが
到着したとたんに
子供からいい大人まで
はしゃぐことしきり。
娘ちゃんは私を誘い
小さな小屋でままごとをする。

「朝ごはんはホットケーキを作りましょう。
 大根とにんじんを切ってるから
 ここで勉強していてね。
 (中略)
 ちょっと私は出掛けてくるけど
 変な人がきたら扉を開けてはダメよ。
 私はすぐに帰ってくるからね。
 寝る所はここ。
 着替えはここでどうぞ」

※ここは娘ちゃんのお家で
 娘ちゃんが“お母さんかもてなしてくれる人”で
 私は“娘ちゃんの子供かお客さん”という設定みたい。

IMGP0293_20130103201052.jpgIMGP0294.jpg

娘ちゃんはとても楽しそうに
貸切状態の小さなお家の扉を
開けては閉め、開けては閉めて
出たり入ったりと忙しい。

小さなベンチ式の白いブランコや
ピンクのべンチも小さな子の心を鷲掴みし
大人達は雑貨や料理などの
一つ一つに反応する。
オーナーさんはこの何処からどう見ても素敵なお店を
誉めても照れて素直に喜んで下さるし
そんなお店に相応しい
笑顔の素敵なスタッフさんばっかりだった。
友達のMちゃんは笑顔で私達を迎えてくれて
お料理も一つ一つキレイで
とても美味しかった。

ランチを食べて少ししてから
ちょっとした事件が起きた。
娘ちゃんがママに内緒で家から持ってきた
サンタのかわいいスノーボールが
落下して修復可能に壊れてしまった。
ご機嫌ではしゃいでいた娘ちゃんは
項垂れてしょんぼり。
誰もケガもないし良かったと思わないと。

IMGP0283.jpg

その時、ランチが一段落したMちゃんが
私達がいた庭に出てきた。
サンタのスノーボールが壊れてしまい
娘ちゃんがしょんぼりしていることを知ったMちゃんは
突然娘ちゃんに「おいで」と言って
しっかり娘ちゃんの手をつなぎ
皆の前を横切って行った。
いったい、Mちゃんは
娘ちゃんをどこに連れて行くのか。
私達は呆然と見ている。

そして・・・数分後には
娘ちゃんには笑顔が戻り
私達にも笑声が戻った。

一瞬にして落ち込んでしまった
小さい女の子のテンションを
今日会ったばかりのMちゃんが
上げてくれたこと。
(上げようとしてくれたこと)
いつもなら不安そうに
「ママ~」と叫んだり
振り返ってしまうであろう小さな子が
Mちゃんに手をつながれて連れて行かれる時
振り向かずに安心してついて行っていたこと。
子供はきっと直感で何かを感じているはず。
Mちゃんの優しさだけでなく
強さやその決断の速さに
皆、揃って感動したらしく
「会った瞬間に好きになった」とか
「素敵な人」と絶賛。
その余韻は数日経っても続いたと
娘ちゃんのママは
私に後日、しみじみ語ってくれた。

そんなMちゃんだけど
その一週間後に喫茶大力に行くと
谷口真由美さんのイラストに負けないかわいさと
日な菓子さんのお菓子に見事にやられてしまった。
「だめ、だめよ。さらわれちゃう。」
*谷口さんがあまりにかわいい人だから
誘拐というか、さらわれるという意味

谷口さんは確かにとてもかわいい人だけど
中肉中背で
そんなことを言っているMちゃんの方が
小柄で“さらいやすそう”だと思う。
その話が落ち着けば今度は
谷口さんの着ているセーターが気に入ったらしい。
Mちゃんは次にこう言った。
「その服、素敵。脱がされちゃうよ」

今日会ったばかりの谷口さんに
さらわれるとか脱がされるとか
思ったことをそのまま言うMちゃん。
谷口さんはそんなことを言われても
戸惑いながら優しく笑ってくれている。
日な菓子さんのロールケーキの美味しさも
「何、これ。美味しい」と大騒ぎ。
そして私はこのMちゃんからもらった
ちびななとちび諭吉の人形で
さっきまでゲラゲラ笑っていたのに
喜んで泣き出したので
完全に二人とも変な客になっていた。

IMGP0309.jpg
喫茶大力にて:サンタのイラストは谷口真由美さん

「私、一人でここへ来たら完全に変な人だね。」
Mちゃんがそう言うので
「私の友達み~んなに一週間前
 素敵な人って言われてるんやから」と言うと
「だって私、素敵じゃないもん。
 普通のおばさんだもん」とゲラゲラ笑い
日な菓子さんのお菓子を
買い占める勢いで次々と買物するMちゃん。

ゆっくり話していたら
電車の時間が迫ってきた。
「田舎だから、この電車に絶対乗って帰らなきゃ」
今日会った時にそう言っていたMちゃん。
電車の時間を再確認した時は
発車時間の三分前だった。
地下を歩いていた私達は改札がどこかもわからず
切符も買っていなかったので
全力でおかしいくらい必死に走った。
ドラマのように漫画のように電車に間に合って
Mちゃんは飛び乗った電車の中で
私は電車を見送って
それぞれが別々の場所でどんどん離れて行きながら
一人で笑いを堪えていたことがおかしい。









スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[diary
comment
あゆみさん こんばんは(*^^*)

すてきなひと 先日お話うかがっていたのでより克明に想像できて‥ますますMさんに惹かれております

またいろいろお話お聞かせ下さいね
今年もよろしくお願いします(^^)/

2013/01/10 20:55 | | edit posted by roko
Re:
先日は思いがけずにお会いできて
嬉しかったです。
こちらこそよろしくお願いします。
Mちゃんにも近いうちに
会ってもらえるといいなと思っています。
彼女、全く人見知りしませんので
とても喜びますよ。
2013/01/10 21:35 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。