スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
給料袋
今日は夫の給料日だった。
いつもなら、特に何も思わないのだが、今日は少し違った。
先月、給料袋が間違っていたからだ。
夫の給料はいまどき手渡しで、袋の中に明細とお金が入っている。
違う人の給料を渡され、何の迷いもなく置いてあった。
私も何の迷いもなく開けてから気付いた。
夫の給料をもらっていた人は更に上手で、何の疑いもなく開封し
早速パチンコに行っていた。
共通しているのは苗字と名前が合計3文字という事だけ。

毎月、仕事でスタッフさんの給料明細をそれぞれの引き出しに入れていくが
これもとても緊張する。
入れる所を間違えると大変。
以前、ケアマネのテストに落ちた人に、ケアマネのテストに受かった人用の
社内書類を入れてしまった。悪気はないがとてもきまずい空気が流れた。
喋りながら自分の給料明細を開けると違う人のだった。
これもとても気まずかった。
思い込みって怖いなと思う。
夫だと思って話していたら、顔を見たら違う人だった事がある。
友達が横にいると思って話しかけたら、友達は遠くから私を呼んでいた。
怖い、怖い。
とりあえず、何でも確認しないと。

100506_2122_0001.jpg

先月は夫の給料がちゃんと手渡されるまで、2日間手を出せなかった。
今月は大丈夫。
当たり前の事で金額を見ずに、とにかくほっとする私。
そして何度も名前を確認し、良かったなぁと幸せまで感じてしまった。

しかし、諭吉は給料袋を踏みつけて立っていた。
もう少しがんばって欲しいという私の本音を見抜いているのか。



スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。