スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
背中
大阪市内のギャラリービー玉さん
友達の“みさをちゃん”が
合同展に出展することになった。

「自分のことが大嫌い」
「普通の人が出来ることが出来ない」
「不器用過ぎる」
「自信がない」
「話す時に主語がない」
「変なものを作る。気持ち悪いものとかも作る」

みさをちゃんは自分のことを語るのに
マイナスな言葉以外使わない。

IMGP0877.jpg

誰にでもコンプレックスはあるし
なりたい自分となれる自分は違ったり
上手くいかないことも沢山。
それでも彼女はいつも
自分を責めることはしても
他人のせいにはしないし
誰にも甘えず何にも依存せずに
この一、二年は追い込むくらいに
自分自身と向き合って
本当にやりたいこと見つけて
そして動き出した。

IMGP0871.jpg

今まで押し殺してきた感情をもって
表現するものは
歪みでもなく屈折でもなく
今にも動きそうな動物や
水の中をひゅるひゅると泳ぎそうな
イキイキとした魚達だった。
そして一つ一つや
置き方にも世界観やストーリーがあって
話を聞けば聞くほど面白い。

IMGP0873.jpg

みさをちゃんが自分のことを
今も変わらずに嫌いだとしても
遠方から何時間も掛けて
見に来てくれた友達が何人もいたり
突然やってきて
照れ臭いのか
すぐ帰ろうとするお父さん
温かい笑顔でずっと見ていたお母さん。
こんなにも周りは
優しい人で埋め尽くされている。
主語がなくても話は通じるし
普通の人が出来ることは
出来る人にやってもらえればいいのだし
普通の人が出来ないことを出来るほうが
よっぽどいい。
そしてそれは個性であり魅力になる。
自信も勝手についてくる。

IMGP0869.jpg

早速、作品を購入してくれた人や
これからのみさをちゃんの作品を
楽しみにしてくれている人
「作った作家さん本人と会えて良かった」と
喜んでくれている人もその場にいた。

ギャラリーのオーナーさんも
人柄がいいのがすぐわかる感じだったし
みさをちゃんだけでなく
若い他の作家さんのことも
応援して包み込むような
優しい雰囲気の人だった。

みさをちゃんは誉められると
嬉しいくせに照れくさくて
どうしていいかわからずに
ちょっと挙動不審になっていた。
落ち着かずにウロウロしていて
せっかく誉めてもらっているのに
誉めてくれている人でなく
私達のそばに立っていたりする。

この数年の間に
みさをちゃんのつらさや悲しさが伝わってきて
か弱く小さく感じた事もあった背中は
右へ左へ揺れ続けても
今は等身大にしっかりと見える。
もうどこにも隠れようがないし
背中を丸めて一人で泣く理由もない。
一つ一つ作ったり描いたイキモノたちを
愛して大切にしてくれる人や
一人の作家さんとして
ファンになって応援してくれる人が
これからどんどん増えていくことを
確信できる時間に胸が熱くなり
私までなぜか照れくさくなって
目の前に置いてあったお菓子を
ボリボリ食べたりしていた。

みさをちゃんの作品を見て
笑顔になったり癒される人がいるのならもう
「自分のことが嫌い」なんて
本人は言ってられなくなる。
そして案の定彼女は
自分の作品を気に入ってくれた初対面の人と話し
「私、不器用なので~」と言うので
「こんな絵が描けたり
 こんなものが作れるのに不器用っていわれたら
 私、どうしたらいいの?」と
ちょっと切れ気味な声が聞こえてきて
友達と一緒に「ほら、言われてるわ」と
私は笑いが抑えられなかった。

今年の夏には京都で
個展も開催の予定らしい。
ますますの活躍を
皆で応援しているからね。

IMGP0885.jpg

そんな彼女をギャラリーに残して
帰りに“喫茶星霜”へ立ち寄った。
美味しいコーヒーと噂のチーズケーキで
ゆったりと時間が過ぎる。
そして友達がもうすぐ夢を形に
できそうだと聞き
ますます時間を忘れて聞き入った。
もう一人の友達も
結婚や仕事など今の心境を話してくれた。
知り合った時期も
仲良くなった時期もそれぞれ違う。
取り巻く環境もどんどん変わっていく。
大きく前進している人もいるし
地味なくらいに一歩だけ
踏み出す人もいる。
それでも皆、確実に
前を向いて歩いているなと
ちょっと感動した。

IMGP0889.jpg

感傷に耽っていると
静かな特急電車の中で携帯が鳴る。
雑貨屋さんに立ち寄ってから帰ると
話していた友人の一人は
土地勘が全くない上に方角もわかっていない。
「大丈夫?帰れるの?」と私が心配しても
「大丈夫よ、それくら!!」と笑っていたが
予想通り、最寄駅に着いたものの
地下鉄の御堂筋線と合流するには
どこからどの線に乗るのか
わからないらしい。
駅員さんに聞いたほうが早いと思いながらも
一度、携帯を切り
乗換案内やら大阪地下鉄路線図を
調べてメールをするころには
「駅員さんに聞いたから大丈夫、ありがとう」
とメールが届いた。

電車の中で最後にバタバタしたが
今日もいい一日。
そう思ってもう一度
薄暗くなった街を車窓から眺めた。











スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[diary
comment
みさをちゃんのブログをリンクしたいのにリンクの仕方を忘れて日々、パソコンとにらめっこです。
もどかしい。


それにしてもほんとに素敵。みさをちゃんの世界。すてきだなぁ。
2013/03/19 19:45 | | edit posted by なつみ
Re:
なつみちゃん
コメントありがとう。
本人もなつみちゃんのコメントを読んだら
とてもとても喜ぶと思います。
これは家族で読んで喜んでくれて
(ちょっと書き過ぎたかなと心配もしたけど)
その日はほかにも嬉しいことがあって
鼻血が出そうだったらしいです。
7月に京都で個展をする予定らしいので
その時はぜひ立ち寄ってね。

リンクは又、あせらずに出来たら宜しくお願いします。
又、きっとキャーキャー喜ぶと思います。
2013/03/19 20:36 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。