スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
取扱説明書
 ~ちょっとお知らせ~
先日から雑誌クロワッサンのHP
クロワッサン倶楽部の『うちの子紹介します』コーナーに
1月に雑誌に載せてもらっていた諭吉の写真が
連絡もないまま掲載してもらっています。
こちらはカラーだけど写真の下が切れています。
見つけた時はびっくりでした!


兵庫県に住む友達が
写真教室の『無料体験講座』に行くと聞き
私も便乗することにした。
友達は通うことを真剣に考えているようだが
こちらはちょっと無料体験講座を
覗きに行きたかっただけで
他に目的があった。

海が近い写真教室のロケーションは
立地もギャラリーを併設する雰囲気も
どこを取っても申し分ない。
しかし先生との相性が合わないのか
最初の自己紹介ですでにカチンときた。
なぜ、今日来たのかを聞かれたので(参加者みんな)
「友達に誘われて」
「写真がうまくならなくても好きな街なので」
みたいな話をした。
「写真教室に通っていたけど通えなくなったし
一眼を持ってから三年になるけど
実は基本的なことがわかっていない。
カメラの取扱説明書が読めない」ということも
正直に話したが
それがいけなかったのかも知れない。
「(取説が読めないのは)文章が読めないんですか?」と聞かれ
日本人だし読めるんだけどなーと思いながら
「文章は読めますが説明書類は読むのが苦手で」と言った。
そんな女性はきっと沢山いると思った。
しかし、返ってきた言葉は
「性格を直したほうがいい。
ピアノを習いにきて違う楽器を弾いているのと一緒」

IMGP1012.jpg

先週、奈良の吉野山で丸2日過ごし
杉の木ばかりに囲まれてからなのか
現在、私はずーっとマスク着用の
花粉症か風邪ひきの人になっている。
マスクをしていると目しか出ていないので
こちらがいくら怒っていても
相手には伝わりにくい。
一人で参加していたらきっと
怒って帰っていたかも知れないが
友達と一緒だったので
何とか我慢することが出来た。

私にはそんな態度だったけど
先生は友達には優しかったし
他の参加者の写真には辛口のコメントもあった中
友達の写真はちゃんと誉めてくれていて
そこは素直に良かったと思えた。
控えめでいつも前には出ようとしなくても
センスと奥行きが感じられる友達の写真は
どうがんばっても私には撮れないものばかりだ。
すっかり見落としていたが
当日写真を持っていけば
講評をしてくれるとHPにはあった。

IMGP1014.jpg

去年の秋まで教わった先生といい
その前に2回だけ教えて下さった先生も
今思えば写真教室の先生は
それぞれ誉め上手で
優しかったなとしみじみ思い返した。
どちらの先生もどこかにいい所がないかと
必死で探して下さったし
写真教室に限らず大人になってから
学んだり通った場所では
いつも何処に行っても
それぞれの場所で
大切にしてもらっていたことを
今含めてしみじみと感じる。

体験教室でやったことは
知っていることばかりで
時間がやたら長く感じられた。
先生がデモに使っていた写真は
自分の子供の写真。
「プロだったら他人の子を可愛く撮れ」と
心の中で呟く。
私が自分家の諭吉(猫)やななちゃん(犬)を
撮っているのと変わらないやん。

IMGP1017.jpg

そんな気持ちが起こる度に
切り替えたように思いながらも
自分自身がかなり怒っていたことに気付く。
そしてそのたびに
気功の天野先生が以前言っていた
「感情的になると冷静な判断が出来ない。
怒るという感情からは何も生まれませんよ」
という言葉を何度も何度も体の中で
全身に行き届くように流す。

IMGP1025.jpg

その後、各駅停車にのんびり乗って
友達と垂水区まで行った。
すぐそこに明石大橋が広がる。
以前から友人のAちゃんが
「美味しいからぜひ行って」と
何度も猛烈に薦めてくれていたお店に
ランチに行く予定だった。
しかし、そのお店が
その日の天気予報が悪かったせいなのか??
あいにく臨時休業していた。
素晴らしいのはAちゃんが
その近くにある違うお店の情報まで
朝からメールで送ってくれていたことだ。
虫の知らせかな?
おかげで友達も私も土地勘がない街で
雨と強風の中を路頭に迷うことなく
お店を目指して歩き
素敵な空間に辿り着くことが出来た。
そうそう、私は写真教室でなく
友達に会いにやってきて
一緒にランチをするのが目的だったんだ。
落ち着いていく
自分の気持ちにほっとしながら
美味しいランチをいただく。
あーしあわせ。

IMGP1024.jpg

その夜、実に3年振りに
カメラの取扱説明書を開いた。
あの写真教室の先生に教わるくらいなら
これを読んだ方がいい。
初対面でロクに話していないのに
会って10分もしない間に
「性格を変えたほうがいい」と言われた今日。
それでも長年ずっと苦手としていた
取扱説明書を読めるようになれば
例え今日、不愉快な気分になったとしても
出会った意味はそこに
存在するのかも知れない。

*写真はすべてこの日立ち寄ったコッタポスさん
手打ち麺のパスタはもちもちで絶品。
前菜もパンも美味しく
デザートをつけてもかなりリーズナブルなランチ。
美味しいことはもちろん
2階建ての小さな空間はゆったりくつろげて
机や椅子もバラバラなのに
素敵な空間でした。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。