スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
おきみやげ
ブログを休んでいた4ケ月間に
いろんなことがあった。
少し仕事のことを書こうと思う。
ブログの再開にあたって
久々の長文をどうぞ。

これは数ケ月前に
糸井氏のサイトに
全文載せていただいたもの。
ブログでは緩く変えてみたけど
両方読んでくれている人がいたら
パクリに思われるかも?知れない。


デイサービスに通う誠さん(仮名)は
生活保護を受給している。
築40年以上の古いアパートに一人で暮らし
持病を持ちながらも家事をがんばっている。
楽しみといえば週末に娘さんの家に遊びにいくことと
週に一度だけ私の働くデイサービスに通うこと。
特に趣味もなく、地味で実直に過ごされている。

家はいつもきれいに片付いているし
服装も洗濯のしてある小奇麗なもの。
髭もきっちりと剃ってあって
単身で暮らす80代半ばの男性とは思えないほど
清潔感がある。

大工さんをされていた誠さんは
奥さんを数年前に失くされている。
それまでは家事もなにもやらなかったと
若い時から酒ばかり飲んで奥さんに迷惑をかけたらしい。

不器用だけど優しい人で
デイサービスでも認知症の人が困っていると
すぐにスタッフに教えてくれたり
トイレを失敗した人を
「わしもそんなこと、あるで」と励ましてくれる。
普段の生活でも
老夫婦が住むアパートの隣の部屋から
「助けて」と声が聞こえたので行ってみると
お婆さんがベットから落ち
それを助けようとしたお爺さんが尻餅をついていた所だった。
お婆さんをベットに抱き上げ
お爺さんを椅子に座らせ
自分も腰が悪いので更に腰が痛かったと
笑っていた。
又、ある時には
アパートの廊下で倒れている人がいて
救急車を呼んだものの
誰もついて行く人がいないので
家族に間違われて
救急車に乗せられたり。
困っている人をほっておけない性格らしい。

8月のお盆を過ぎた頃
役所から突然、通知が来た。
内容は
“そちらに通われている〇〇誠さんの
生活保護受給を取り消します”というもの。
デイサービスの事務所は騒然となった。
生活保護を受けているけど
生活ぶりが目に余るほど派手で
通報されるような感じでない。
若い時ならともかく、
80を過ぎた今から
誠さんが働くわけでもないだろう。

高齢になってから『取り消し』という利用者さんは
あまり聞いたことがない。
「何があったんやろう?」
「これからどうやって生活していくんやろう?」
皆で心配したが本人にはなかなか聞きづらくて
デイサービスではその話ばかりだった。

数日後、誠さんはデイサービスに来る車の中で
今回の経緯を話してくれた。

ばあさん(奥さん)が病気で死んでしまった当時
もうどうしていいかわからなかった。
家事も何もしたことがない。
お金のやりくりもしたことがない。
全部奥さんにまかせていた。
奥さんは税金の支払いを溜めるだけ溜めていて
その他にも何かあったようだ。
一人になって呆然としている誠さんの所へ
督促がバンバンきたが、それも到底払えない。
一人では何も出来ず
これからどう生きていったらいいのかもわからない。

とりあえず税金の納付書を全部持ち
役所に駆け込んだ。
すると係の人がテキパキと手続し
生活保護を受けることになった。
ずーっと働いてきたことを思うと抵抗がある。
娘に話すと嫌がられたが
目の前の生活を考えると
しばらくの間は(生活保護を受けて)お世話になろうと思った。

誠さんはそこから奮闘した。
80を過ぎてから
初めてご飯を炊いた。
初めて魚を焼き、初めて野菜を煮た。
もともと丁寧な仕事が自慢の大工だったから
やりだしたらきっちり何でもやった。
自炊が一番お金がかからないので
質素なおかずだけどがんばっているうちに
食べられるものが作れるようになって
すっかり自炊に慣れてきた。
部屋も散らからないように片付けて
髭もきちんと剃った。
奥さんのお墓参りの前には
毎回、散髪に行くのも習慣になった。

そして今年の夏の初めに
奥さんの3回目の命日を迎えた。
もういいだろう、何とかやっていけそうだと
役所に自ら出向き
「生活保護の申請を取り下げたい」と係の人に伝えた。
係の人はびっくりされ
「えっ、本当に大丈夫なんですね?」と
何度も聞かれたらしい。
「お世話になりました。ありがとう」
そう言って誠さんは区役所を出てきた。

「(墓前で)ばあさんにも報告もしてきたし
3年を目途に出来たらと思ってたからなぁ」
清々しい笑顔で話す誠さんの横顔には
曇りのない笑顔と達成感が見えた。

IMGP1848.jpg

奥さんの“おきみやげ”に
最初は絶望していた誠さん。
しかし、そのおかげで誠さんは
自立して生活を立て直した。
今まで疎遠だった娘さんは
そんなお父さんの姿を遠くから見守り
週末に家に呼ぶようになり
「一緒に暮らそう」と
最近では言い出してくれているらしい。

奥さんは今ごろ
あの世で喜んでいるだろう。
これはきっと残していく夫への
限りない愛情でもあり
決死の作戦だったのかも知れない。

*写真と文章は一切無関係です。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:5  
[仕事のこと
comment
わぁ。久しぶりですね。v-22
2013/12/10 00:16 | | edit posted by じゅんこ
お久しぶりです
再開、うれしいです。
ひっそり心配しとったばい。
2013/12/10 22:50 | | edit posted by タキ
Re:
じゅんこさん

久々なのにすぐに見ていただき
ありがとうございます。
近況等、掲示板に少し書こうと思っています。


たきさん

ご無沙汰しています。
そしてコメントありがとうございます。
自分のは更新していないのに
人のブログはしっかり読ませてもらっています。
ご心配掛けました。

2013/12/10 23:50 | | edit posted by あゆみ
おひさしぶりです^^
あゆみさん、どうしてるかなぁ、忙しいんだろうなぁと
思いながら時々覗いていました。
誠さん、素敵なおじいさんですね!
そんな清々しい人に、私もなりたいですーー。
2013/12/12 22:23 | | edit posted by nonchan
Re:
コメントありがとう。
バタバタしていましたが仕事で成果も出せてきたし
(年内に書きます)
やっと山は越えました。
最近写真を撮っていないので
写真集を買ったり、nonchanのブログを見ては
楽しませてもらっています。

2013/12/12 23:04 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。