スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
見仏記
お休みの日に丸一日ゆっくり出来る日は少ないけど
そんな時にちょっと出掛けるのにいい所としては
奈良はちょうどいい感じである。
先日、「この人と行きたい」と思ったお店が
予約がなかなかうまくとれないので
savvy奈良を久々に買ってみた。
すると又、行きたい所が見つかり
行きたい人もすぐに思いついてしまった。

IMGP1864_convert_20100916225245.jpg
IMGP1859_convert_20100916225202.jpg

それにしても最近奈良にはまってしまった。
夫と先日はMさん、そして今日はFさん。
そしていく度にいろいろ雑貨を買ってしまう。

もともとお墓参りや親戚がいたりで
昔から年に何回もいっていると思うけど
それにしても良く行っている。
そしてちょこちょこ買物ばかりしている。
自分の事はわからないのに
先日、マキさんと出掛けた時、
彼女が精算の度に1万円札を崩しているのを見ると、ふと心配になる。
余計なお世話だが「結構たくさん買物してるね」と言ってしまう。
ご本人に自覚は全くなく
「1万円札2回と5千円札1回崩しているよ」と続ける。←余計なお世話以外の何者でもない私。
「そうかな」と財布を確認して「ほんまや」と納得していたマキさん。

   鹿ペンケース、鹿ハンカチ、大仏マグネット、大仏ポストイット、大仏ふきん、奈良限定チェブラーシカと鹿、
100913_2313_0001.jpg100910_2302_0001.jpg100910_2301_0002.jpg100910_2301_0001.jpg

京都と違って奈良は和雑貨やお土産物になりそうなものも安く感じる。
なのでついつい財布の紐がゆるむのかもしれない。
マキさんも、そして今日ランチをご一緒したFさんも
店へ入るたびに気づけばレジに行って何か買っている。
なので私もつい買ってしまう。
そして誰も止めない。
気づけば鹿だらけ、大仏だらけになっていた。

職場のTさんに薦められ
“みうらじゅん”と“いとうせいこう”の
「見仏記」という本を貸してもらう。
ここでは阿弥陀如来や国宝級の大仏様達が
マジンガーZになっていたり、エマニエル夫人?になってたり
風塵雷神がパンク少年になっていたりと
とにかく楽しくて違う世界が広がる。
100916_2149_0001.jpg

神社や仏閣にいけば何でも誰でもありがたく感じられるわけではないし
時には意味のわからないもの笑いそうなものもある。
どう感じるか、どう楽しむかはその人の自由だと
改めて思うほど楽しい。
いくら立派なものがあっても誰もそこに行かなくなったら,
その場所は存在しなくなる。

しかし、とっても気に入って買った「大仏ふきん」
色合いも大好きで早速おろすが
ちょっと拭きにくい。
夫もなんだか「どこ拭くねん、これで!」と怒り気味。
結局、諭吉の敷物になってしまったけど
彼はとても気にいって気持ち良さそう。
食器を拭かれたり、何かに被せられたりダスターとして使われるよりは
「大好き!」と言わんばかりに諭吉がこの「大仏ふきん」にすりすりとしている姿に
大仏様もきっと許して下さると思う。
100916_2141_0001.jpg






スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。