スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
丁寧に
料理教室もそろそろ折り返しに
なりつつあるらしい。
私はおそらく他の生徒さんほど
ちゃんと食事が作れていない。
毎晩帰りは9時に帰ればいいほうだし
朝、夫は4時や5時に出掛ける。
休みの日こそがんばろうとするけど
普段は本当にスピードだけが問われる感じの
ひどい夕食かお惣菜で
深夜に作るお弁当を作るのが精一杯になることも多い。
これではいけないと思い立って
ある料理雑誌のレポーターみたいなのに応募しかけた。
ブログをやっていて、自分の料理だけでなく
何か食べに行った時の料理を載せたりしてもいいらしい。
これなら「見られるから料理をがんばろう」と思えるかな。
いいなと思ったが
実際、やっている人のブログを見て
何だかランキングをあげたいだけに
固執している感じの人もいるんだという事実に
応募はあっさりやめた。
その後、たまたまいただいたワンドロップさんからのベジボックス。
野菜や果物がとても丁寧に箱詰めされていて
どれだけ生産者さんが丁寧に作り
ワンドロップさんがその思いを繋いで
食べる人に届けているかが箱を開けた瞬間に感じられる。
いつもの私はたくさん野菜を買っても
冷蔵庫で原型をとどめないほど
液体に変わっていくことも珍しくない。
これ、なんだっけ?みたいな感じで。
色んな物の汁を見てきた。
IMGP2559_convert_20101107234553.jpg
ベジボックスには
何かわからない食材もあったけど
とにかくこれを新鮮なうちに食べないと悪い。
「これ何ですか?こんなん、見たことのない野菜やし」
と職場の厨房の人に聞く。
「これは土つきのレンコン、おいしいよ」と言われ
とにかく教えてもらった通り料理してみる、おいしい!
今まで生きてきた中で柿をむいたことがなかった。
これも職場に持ってRさんに
「どうむくか教えて」と言う。
一瞬、Rさんはびっくり。
森田料理教室では何か特別な柿のむき方を
教えているのかと思ったらしい。
私はここ数年ほとんとみかんとバナナしか
果物は食べていない。
果物は好きだけどむくのがじゃまくさいだけなのだ。
なので柿は子供の頃嫌いだったし
今でも自分からは買わないし、むかない。
でも出されるとぺろっと食べる。
結局柿はRさんにむいてもらった。
これまたおいしい。
そうだ、べジボックスを頼んで
とりあえず新鮮なうちに
腐って汁が出ない間に料理して食べるということを
当分の目標にがんばってみよう。
腐らせたら申し訳ない気持ちになるだろう。
難波さんやワンドロップのりょうこさんの監視があって
*難波さんは料理教室の助手さんで
 ワンドロップさんで働いてもおられる
 りょうこさんはワンドロップさんの女将さん

森田先生に「最近、あの人料理してないわ」とか
言われてつつぬけかも、これはいい。
 *お二人ともそんな人ではありませんが。
森田先生は優しくて
適当な料理とかは嫌いだけど
「ちゃんとお料理作りなさい!」とは言わない。
むしろ「忙しいねんから無理しんときや」といつも言って下さる。
それに甘えて毎日のことに流されているのは
せっかく学んでいるのにもったいない。
おまけに料理が下手でも
野菜がおいしいとごまかせることも気付く。
IMGP2544_convert_20101107233939.jpg

いつも休みの日はなるべく
7時には食事を摂るようにしていたが
今日は初べジボックスなので
届いてから夕食を作ろう。
しかし、よく考えたら
私は一番遅い時間帯指定にしていたはず。
おまけに何が届くかわからない。
 *あとでHPで調べられるとわかりました。
今日は森田料理教室の日で
ワンドロップさんのすぐ近くまで行ったけど
持って帰りたいとか時間帯を変えてとかいうのは
初回からとってもじゃまくさい気がして
とりあえず届くのを家で待つ。
夜8時を過ぎても来ないので
夫は「明日早いのに待ってられるか」と怒り出し
「ほんまに今日届くんか?」
「卵かけご飯でいいから今食べるわ」といいだす。
もうちょっと待ってというが
木曜日発送か木曜日到着かも微妙になったきた。
夫を怒らせ喧嘩をすると怒って夕食を抜いて寝てくれるけど
せっかく昼間料理教室に行き
とてもおいしく幸せな時間を過ごした。
IMGP2554_convert_20101107234041.jpg
おまけに帰りに先生に教えてもらったお店で
ベーグルサンドまでペロッと食べてしまい
その上、気功協会に駆け込み
おいしいお茶とお菓子までいただいた。
なので私のお腹はとても満たされていた(食べすぎ)けど
夫は弁当を食べているだけだしちょっと気の毒だ。
何よりとてもいい一日だったのに
ここでわざわざ夫婦喧嘩をする必要もない。
8時半になっても届かなかったら
卵かけご飯を食べることにして
とにかく夫にお風呂に入ってもらって時間をかせぐ。
8時15分くらいに待望のベジボックスが到着した。
しかし野菜をみてから献立を考えるって難しい。
おいしそう、でも何をどう作るのか
またまたこれは何?というものもあって
一瞬パニックになる。
しかし入っていたチラシのレシピを見て
その通りに作ってみた。
これが又、うまく作れて
(と言っても野菜やきのこがおいしかったので
 料理の腕は関係ないけど)
多少のバタバタはあったけど
何とか9時前には夕食は終わって片付けにかかれた。
夫は夕食が出てくるのが遅くてさんざん怒っていたけど
「待ったかいがあったわ」とだけ言った。
良かった、おいしかったらしい。
IMGP2540_convert_20101107233158.jpg
森田先生は塩を一つまみ、胡椒をかけるなどの「ぱぱっ」とやってしまいそうな一つ一つの動作も
とても丁寧にされている。これは毎回でこれからもきっと変らない。


森田料理教室で習うお料理は
手間隙惜しまず丁寧に作る。
きのこ類や洗った野菜が
ただ洗ってボールにあるだけでも
それはそれはおいしそうでつい食べたくなる。
一つ一つのお料理も
自分の味覚が変っていく感じがするほどおいしい。
なので最近、お惣菜やコンビニのお弁当に目がいかない。
何もない日でもおにぎりだけでいいから
家から持っていこうと思ったりする。
料理が飛躍的に上手になったわけでもないのに
味覚だけが気功をやっていることも手伝って
妙に発達していく気がする。

IMGP2556_convert_20101107234206.jpg

嬉しいことが一つ
森田先生のご主人、徹さんが
来年から気功の学校で学ばれるらしい。
気功の天野先生と徹さんは
どこか似ていると以前感じた。
徹さんは今年5月に料理教室から田植えに行った時、
たまたま私のすぐ横で田植えをされていた。
昼食の時もとても席が近かった。
その時感じた波動みたいなもの
とても安定した空気感は
天野先生のそばにいる時と似ている。

IMGP2560_convert_20101107234656.jpg

徹さんは気功を学ぶ時
森田先生の作ったお弁当を持ってくるんだろうか?
それには何が入っているのかな?
味見させて下さい!!などと言ったらびっくりされるだろうな。
「あの人(私のこと)、お弁当とりそうやし」とか考えて
多目に持ってこられたりして!
などと違う楽しみや妄想も加わって
夕方は嬉しくて天野先生とじゅんこさんに会いに行った。
じゅんこさん(天野先生の奥さん)と一緒に喜んでいたら
ふらりと戻ってこられた天野先生。
ゆっくりと丁寧にいれて下さった玄米茶は
おいしくて身体に浸みた。
興奮していた気持ちは
嬉しい気持ちだけを残し
いただいたお茶でようやく落ち着いた。

IMGP2558_convert_20101107234439.jpg

丁寧に作ること、丁寧に扱うことそのものが
おいしくなること、ご馳走かもしれない。
料理だけじゃなくても
コーヒーやお茶一杯でも
時間をかけてしてもらうと
大切にしてもらえている気がする。
今日は料理教室で
天野先生のお茶で
そして届いたベジボックスを広げてみて
その「丁寧さ」を改めて何度も感じた一日だった。
この気持ちを忘れずに
出来ることからやっていこう。

IMGP2557_convert_20101107234303.jpg

この日は丸く
幸せな感じに終わったけど
その2日後に
夫が給料袋を入れたまま洗濯機を回してしまった。
 *現金支給です。 
その上、ひどいことになったお札を乾かしていると
諭吉がかじって大変なことになる。
そして夫と喧嘩になり、
そのまま夫は夕食を食べずに寝ている。
せっかく素敵な人に何かを教わったり
出逢いにも恵まれているのに
まだまだ私の家には
丁寧で穏やかな日が来るのは遠い。

スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:2  
[料理教室
comment
お野菜、おいしいですよね~

私も、今は余裕がありますが
以前はとてもばたばたしていたので
短時間でごはんを作るほうですが、
よつ葉の生協に入っていて
野菜と調味料がいいので、
単純なものがおいしくなります。

だしのついてる高野豆腐に頼ってしまう時もあるし、
コロッケ買ってくるときもありますが
ごはんと、お野菜、調味料が自然でおいしく感じものを選んだら
全体が丸くおさまるような気がします。。
2010/11/09 14:36 | | edit posted by じゅんこ
Re: タイトルなし
じゅんこさん

ありがとうございます。
とりあえず今週は何とかがんばりましたが
少しずつ料理が嫌いにならないように
無理せずと思っています。
4月に気功の学校で竹山さん達に
お料理教室に通う話をしたら
「何でも作ってきて、食べてあげる」と言ってもらったのに
結局一度も作らないまま残り2回です。
来年も通うのでまぁ、そのうちにと思っていますが・・・
2010/11/09 23:50 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。