スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
給料袋の洗濯
少し遡るけど、先週の土曜日、
久々大喧嘩をする。
夫が給料日だったが給料袋を入れたまま
作業服を洗ってしまったのだ。
今時、現金支給でお金はそのまま入っていた。
私がいつになく「早く帰るね」と電話した時
その電話で夫は気付いたらしい。
お札は洗剤につけられ、脱水までされたら
どんな風になるのかをぞっとしながら帰宅した。
家に戻るとお札がずらりと並んでいたが
どれもしっかり濡れていた。
しかし、今時のお札はとても頑丈で
破れてないけどATM受付けるのかな。
とにかく乾かしたが
そのお札を諭吉がかじって破ったりと
またまた大騒ぎになった。
「君が、ななの散歩行っといてばっかり言うからや。
それが理由で給料袋のことが頭から飛んだ、俺は悪ない!
諭吉もちゃんと見とけ、何でも食いよるのわかっているやろ」
俺の猫ちゃう」と怒られる。
しかし、どう考えても私に落ち度はない。
「今から帰る、元気やったらななちゃんの散歩をよろしく」は
今に始まったことでなくて
私が仕事を終えて電話でいつも言う言葉だ。
諭吉が何でも食べるといっても
私もトイレにいったり目を離す時もあるわけだし。
しばらく怒っていなかったが
だんだん頭にきたので
大喧嘩となり、かなりのエネルギーを使った。
夫は怒って夕食も食べずに寝に行く。
私はこの日、勉強しようと思って早く帰ってきたのに。
IMGP2517_convert_20101113205111.jpg

数ヶ月前に
ある資格試験に申し込んだ。
仕事で取らないといけないわけではないし
仕事で特に役立つわけではないのだけど
来年は勉強して本当に取らないといけない資格もあるし
自己啓発というか、準備みたいな感じでと思っていた。
参考書や問題集を買ったが
どうもやる気にならずに
しばらくバレーのことや仕事などで
頭も余裕がなかったし
試験当日はとりあえず休みをとったが
全く勉強をしていなかった。
受験料と参考書などで1万は使ったのに。
もったいないけど受けに行くのも止めようかな。
だって昼からとても大切な用事も出来たしーと思っていた。
しかし、そうはいかなかった。
職場のYちゃんは同じ日にフルマラソンに初出場するらしい。
私は「がんばってね、私もその日、自己啓発でテスト受けるから
Yちゃんがマラソンがんばってると思ってがんばる」と言った。
しかし、過去問を開いても
こんなんどうでもいいわと思ったり
あんまり仕事に役立たないと思ったり(最初からわかっていた)
とにかくやる気が出なかったので何もしなかった。
前日になってYちゃんに「明日、がんばってね」と言う。
(完全に他人ごとである)
すると「○○さんも(私の名前)今頃テストがんばってるんやーと
思って私も明日、がんばります!」と言われる。
「ごめんね、もう私勉強してへんから」
「えー、一緒にがんばろうって言ってたし
こないだ私の夢に出てきてテスト受かったって言ってましたよ」とのこと。
自分の無責任な発言を反省しつつ
自分ががんばることが人の支えになるんだというか
彼女を裏切るのが嫌なので
仕方ない、今日はとりあえず勉強するしかないと観念した。
それで急に焦って家に帰ると
目の前にお札が広がり
大喧嘩になってしまった。
夫は怒って寝にいったが
私も怒っていて勉強が手につかず
猫達はいつも通り好きなように動き回り気が散る。
テレビを見たりお風呂に入った後、奮起して
近所のドトールまで自転車を飛ばした。
こんなに焦るならもう少し早くから勉強してれば
Yちゃんがあと、せめて3日でいいから
同じ言葉を早く言ってくれればなぁ。
でもそれだと人のせいにした夫と私はまるで変らないし。
そんなことを考えながらペダルを漕ぐ。
IMGP2478_convert_20101113205826.jpg

夜中の12時から4時まで
受験生のように朝まで勉強して
ヘロヘロになって帰ってきたが
6時にものすごい音で起こされた。
コンポのスピーカーを諭吉が棚から転落させた。
IMGP2480_convert_20101113205200.jpg

テスト会場の真横の宗教法人の標語で
「気持ちの穏やかな時は何が起こっても
受け止められるし、動じない。未来も良くなる」
みたいな言葉が書いてあるのを横目で見て
自分自身に反省しつつ
結局ほとんど寝ないままテストを受けた。
結果はわからないけど昨日集中したことで
テストが終わって外に出てきた時の開放感は
何だか言いようのないたっぷりとした充実ぶり。
まるで今まで長い間、苦労して勉強してきたような感覚だった。
午後からは夫に優しくしてあげよう。
給料袋を現金ごと洗ってしまって
一番腹立たしいのはやってしまった夫本人だろうし。
怒ってもいいことなんてないんだし
謝らないけどテストが終わって
迎えに来てくれているからもういいか。
そう思えるくらい清清しい気持ちだった。

*この文章と写真は全く無関係です。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。