スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
ヨガジェネボランティア座談会
前回、私は友人との待ち合わせに少し遅れたので
今日は早めに到着した。
まだ時間があるので
雑貨屋さんに入ってぶらっとしていたら
何だか狭い通路を塞いで動かない人がいて
「ちょっと通して」と思った瞬間、
待ち合わせしていたご本人に
ばったり会って大爆笑だった。
初めて行ったお店の人が緊張している店でも
おかげでとても楽しく話しが弾んだけど
その後セルフのコーヒーの店で
妙に落ちつき自分達が
とても緊張していたことに改めて気付きおかしかった。

友人はマスミ先生のチャクラワークへ。
私はヨガジェネレーションのボランティア座談会で
同じ時間にTAMISAに行く。
ヨガスマイルやブログで拝見していたMIKIZOさん。
思った通りの人だった。
ヨガが好きでヨガをやっている人が好きで
この仕事をやっているらしい。
ブログ等で見せる“ちょっとおちゃらけ風”が
親しみやすいようにやっておられることも理解しやすいし
とても頭のいい人なんだなというのは建仁時のヨガスマイルで
ボランティアさんに指示を出されているのを
偶然見てすぐにわかった。
まだまだ若いけど何でも出来そうな人
顔は童顔だけど。(関係ないことでした)
その人の思いをうまく聞き出して整理して
「おもしろい、形にしよう、文章にして」みたいに
とてもスムーズにリードされる。
相手を認め、聞き出し活かしていく。
そしてうまく人と人をつなげて
もっとヨガを広めたい。
kids-yoga-7-2-5.jpg
そんな思いが座談会ではびんびん伝わってきて
初めて会ったお二人も私も
ついつい自分についてヨガについて語ってしまう。
私は明らかにお二人よりお姉さんだったので
あまり自分ばかり話さないようにと思いつつ
でもせっかくのチャンスなので
ヨガを通じてやりたいことも話してきた。
お一人は西宮から来られているまだ学生さん。
とってもかわいい人だったけど
就活もしないといけないけど
ヨガが好きでぶれているらしい。
カナダに行って英語が出来ない時に
言葉や説明がわからないけど感覚だけでいい!と思ったヨガで
偶然行った所が「ヨガ島」みたいな所だったりと
きっと導かれるようにヨガに繋がっていたんだなと思った。
話はとても楽しくてきっとそのうち何か形になりそう。
もう一人は海外などにもワーキングホリデーや
世界一周船の旅のピースボードに乗ったりと
にこやかで穏やかな印象だけど自由に世界を旅している人。
これまた話がおもしろい。
そう、ヨガ好きな人の特徴の一つに
一人でとっても身軽にどこでも行く。
何の制約もないような
羽が生えたような感じで。
私もふらふらとどこにでも行っている。

kids-yoga-7-2-4.jpg

1時間半はあっという間で、
又、きっと皆さんと会えますように・・・


昨晩は町内の自治会に久しぶりに参加した。
定年退職した人や専業主婦の中に
なぜ私が役員にされたのか
(こう見えてとっても忙しいのに)
順番だとわかっていても違和感がある。
とてもしんどい会議で
意見があったり、発言した人が
色んなことを押し付けられるので
なるべく何も言わないように皆がしている。
それでもマンションの改装の請負業者とか
コンサルティング会社の人とか
話をまとめるのも説明もうまい。
素人や高齢者にもわかりやすい説明で
これはこれで勉強になるなーと
何とかその会議に自分が参加した意味を見出そうとした。
終わって会議の会場であった近所の小学校を出ようとすると
通用門と正門の両方に南京錠がかかっていた。
外に出られないのだ。
私は同じ役員の70代のおじいさん二人と途方にくれた。
どうする?どうやって外に出る?
「助けてーって犬の散歩に通る人に叫ぶか?
せやけど鍵持ってへんから助けようないで」
「警察に言いましょうか、でも警察も鍵持ってないしね」
時間は夜10時前、小学校はどこも照明が消されていた。
会場を片付けるといっていた他の人も帰り
宿直の人もいない様子だ。
2つの門を行き来する間に皆帰ってしまった様子。
私達がまだ校内にいると知らずに。
校門の鉄柵が「刑務所の格子に見える」と嘆く
横にいたおじいちゃん。
私がマンションの管理人さんに電話することを思いつき
関係者に電話が入ったのでやっと鍵は開いた。
このおじいちゃん2人と吹きさらしの寒い中で
朝を迎えるのは嫌だった。
今の仕事をしていて良かったー
携帯電話は肌身離さないから。
待っている間の約30分、とてつもなく長ーく長く感じた。
「この年まで生きてても、何が起こるかわからんわ」
「あんたが電話持っててほんまに良かった」
と帰り道でおじいちゃんはつぶやく。
私もまさか、こんな所で突然軟禁状態になるとは思わず
家に帰って出迎えてくれた
ももちゃんと諭吉の顔を見てほっとするけど
寝室からは妻が夜の小学校から出られず
大変だったことも知らずに(私の電話にも出てくれなかった)
ぐーぐー寝ている夫のいびきが響いていた。

IMGP2612_convert_20101118223218.jpg

昨日、そんなことがあったのに
今日は友達とご飯を食べてたくさん話し
ヨガジェネの座談会もあって楽しい日だった。
同じ会議のような、皆で顔を衝き合せて話しているのに
この天国と地獄のような差は何だろう。
昨日は、会議も嫌だったのに
最後にまさか閉じ込められるとは。
それに比べ今日は足取りの軽いことといったらない。
これから実現したいこととか
たくさんありすぎて
それを語れる友人や仲間がいることが素直に嬉しい。
来年はちょっとマラソンに出ようということにもなっている。
職場で盛り上がっているのだけど
他にもつきあってくれそうな人もいる。
バレーボールの次はマラソンって
仕事大丈夫かな?でもがんばろう。
(ちなみに今でも毎週日曜の早朝だけ
 児童公園で夫とバレーの練習をしています。)
この先、何が起こるかわからないし
出来る間に出来ることをして
とことん欲張って過ごしたい。
そしてもう二度と親しくない人と
例え僅かな時間でも閉じ込められないように気をつけよう。
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[ヨガ
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。