スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
お知らせ~川添洋司展
お友達のご主人が
作品展をやっておられます。

IMGP2939_convert_20101206223019.jpg

 川添洋司 作品展 
  -廃船Ⅱ-
12月4日~12月12日まで
  8日のみお休み
 
 北白川のCAFE&GALLERYりほうにて
 
住所 京都市左京区北白川東蔦町24-3
 電話 075-721-2628
  

本日行ってきました。
マキさん(友達)は仕事、ご主人はぎっくり腰とか 
なので「りほう」のお店の人(奥さん)が
案内してくれるのですが
これが又、上手くてびっくり。
ご本人よりマキさんよりきっと饒舌なのでは?
自分の作品を自画自賛なんて出来ないし
個展をやっといて謙遜もおかしい。
なので案内するのは身内ではないけど
大ファンでいてくれる他人のほうが
いいかもと思った。
「絵でも、文でも何でもうまいの。
ほらっ、これも素敵でしょう!
作品を置く位置とかもね、必死に考えたはってねー。
そんなに考えるなら測ったらいいのにって言ったけど
それではあかんっていうて。
本当の芸術家、アーティストさんだと思うわ」
と大絶賛、べた褒めされていた。

洋司さんお大事にして下さい、
ゆっくりでも大丈夫そうです。
マキさん仕事しててもいいよ。
そんな感じでした。

IMGP2942_convert_20101206223237.jpg

マキさんとはここ「りほう」で知り合った。
今年3月に
彼女の写真展をここでやっている時に
たまたま私がコーヒーを飲みにきていて
お店の人に薦めれるままに
2階の個展に案内されたのがきっかけだった。

彼女がきっかけで
私は突然カメラを始めた。
短期間であちこち一緒に出歩いたけど
気が合うからかどこへ行っても楽しい。
もちろんカメラは必須アイテムになるので
一度私がカメラを忘れただけで
彼女のテンションは下がった。

IMGP2947_convert_20101206223323.jpg

マキさんは私の写真を他の写真を撮りながら
こっそり?撮っているのは知ってるけど
何だか8、9割動物と一緒の写真ばかりらしい。
いったい一緒に遊んでいる時、
どこに行ってんだろう。

ご主人は料理がとても上手いらしくて
それを目当てに友達が集まってくるくらい
上手いらしい。羨ましい!
確かに作品もとても繊細で
短い文章や絵も良かった。
お話しした時は朴訥な感じだったけど
何でも器用なんだろうな。

廃船とは人の一生そのもので
流れたり転がったりしながら
辿り着いていくーみたいな感じの
そんな言葉や
一つ一つの作品のネーミングも素敵だった。
小さなギャラリーで空間をまとうように
繋がり、まとまった作品の一つ一つが
顔に表情がない分、
自分の中に何かを問いかけてくる。

IMGP2952_convert_20101206223410.jpg

私の写真では作品の良さが伝えられないので
近くに行かれたらぜひ訪ねてみて下さい。
お店《りほう》も落ち着いた素敵な空間です。



スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[diary
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。