スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
合掌~鎌倉の日和さん
午前中に渋谷でヨガのクラスを受講し
午後からは仕事をして
順調なはずだった。

渋谷で“湘南ライナー”に乗って
気功の学校で仲良くしていただいている
Yさんのお家がある鎌倉に向かうのだけど
本当なら乗れたはずの電車に
ホームがどこかわからず
うろうろしている間に一本乗り遅れてしまった。
「少し遅れます」というメールを入れて
本当に少し遅れるくらいに思っていた。
JRの車両は混んでいて
電車は普通に進んでいると思っていたのに
途中の駅で突然動かなくなる。
人身事故がどこかであったらしくて
他の在来線もあちこち停まっているらしい。
「復旧の見込みがありません。振替で」の放送で
車両からほとんどの人が降りた。
私も何だか降りてしまったが
何せ土地勘がなく、
どうしたらいいのかわからない。
駅員さんも見つからないので周りの人に尋ねるけど
皆さん「わからない、駅員さんに聞いて」と言う。
駅員さんは振替輸送の切符を配ったり
文句を言う人の対応に追われていた。
私鉄は私鉄の
JRはJRの路線図で
どこもどう乗り換えたらいいとかいう
わかりやすい表示もない。
何せ改札まで辿り着けないし
駅員さんも改札も
そこまでいくのに人、人、人で
どうしたらいいのかわからない。
やっと駅員さんに聞けたけど
「鎌倉にはいけません、バスの振り替えもやるはずです」
みたいな冷たい対応だし
待ち合わせをしているYさんと早く会いたくて
とりあえず流れに任せて
少しでも神奈川に近づこうと
私鉄に乗り換え横浜へ向かう。
横浜も週末の帰宅ラッシュの時間にあたり
色んな沿線からこの事故で集まってきた人で
ホームも駅構内も恐ろしく人が多かった。
電車に乗り遅れたことも悔しいし
いつ到着するのかわかならい私を
ずっと待ってく下さることが
申し訳なくて悲しかった。

Yさんはきっと何時に着いたとしても
優しい笑顔で迎えてくれるだろう。
本気で私を心配してくれているだろう。
せめて目途をつけたいけど
それが出来ない。

その時、突然、若い女性が私を追いかけて
「さっき、他の人との話が聞こえて
良かったら私、案内しますよ」
と言ってくれた。
「こういう方法はどうかなぁ、こういう行き方は?」
急いでいるなら、急いでいないなら等々。
行き方をいくつも考え教えてくれた。
広い横浜駅構内は
恐ろしく人が多くて
どちらに進んで良いのかわからない私を
てきぱきと案内してくれて
一緒にどうすれば早く鎌倉に着けるかと
手段を考えてくれた。
「知らない所で、
 急にこんなことに巻き込まれたら
 不安ですよね。
 でもこっちは人身事故が多いので、
 復旧も案外と早いかもしれません」
そういいながらも彼女は私を
人波に流されないように
スムーズに案内していく。
何だか見ず知らずの若い女性の
その優しさが突然私の涙腺を刺激して
涙が溢れてきた。
彼女は少しびっくりして
「大丈夫、お友達と会えますよ」と励ましてくれた。
不安や心細さでなく
ただ嬉しかった。
そんなことをしているうちに
JRは動き出したというアナウンスがあって
私は優しい女性とお別れした。
こんな都会の真ん中で
突然優しい人と会えたことがただ嬉しくて
もっとちゃんとお礼が言いたかったけど
“ありがとう”が精一杯で
思いが溢れて又、涙が出そうになり
両手を合わせて頭を下げる。
京都から持ってきていた
和菓子の小さいお土産を一つ渡して別れた。

天使っているんだな。
子供だけでなく大人でも
こんな都会の真ん中でもいるんだと
その後も何度も思い出し、
感謝しながら鎌倉へ向かう。
その後も突然乗っていた電車が止まったり
走っている最中に行き先が変ったりと
鎌倉に着くまでは油断できなかった。

おおよそ1時間半遅れて
鎌倉駅へ到着した。
Yさんは思っていた通り優しい笑顔で
改札に私の顔を見つけて
手を振って応えてくれる。
あぁ、良かった。やっと会えた。
ただ鎌倉までふらっと来ただけと違う、
劇的なくらいの感動と一緒に
私はYさんと会えた。

その後は予約して下さった
おいしい会席のお店で
いっぱい話して気持ちも落ち着く。
お料理もどれもこれもおいしく器もきれいで
お店の人まで私を心配してくれて
「この席は電車が見えるから
もううんざりしてるだろうからこっちへ」などと
気を使って下さったけど
「大丈夫です。明日も電車で京都に帰るので」と
笑って言えて良かった。

IMGP3012_convert_20101212221914.jpg
IMGP3020_convert_20101212222118.jpg
IMGP3016_convert_20101212222028.jpg

横浜駅で会ったあの天使のような女性と
又、きっとどこかで会えますように。
でも待てよ、
彼女に涙をためて両手を合せて
お菓子を渡した私の行為を思い出すと
ちょっと恥しく、おばさんっぽいというより
むしろおばあちゃんっぽい感じだと思う。
そう思うと再会は恥しい。
彼女が困った時に
きっと優しい人が現れて
彼女を助け、励まし、
導いてくれますように。
そう何度も祈った。

IMGP3022_convert_20101212222305.jpg
 
     お料理の写真は鎌倉駅より歩いてすぐの
     和料理 “日和” ひよりさん
     関西の人でもきっと口に合う
     美味しい味です。
     今、このブログを書きながら気付きましたが
     私が遅れたせいで
     営業時間を大幅に過ぎていたんですね。
     ごめんなさい。
     それを感じさせずにゆったりとした
     素敵な時間をありがとうございました。
     ごちそうさまでした。
         和料理 日和
     鎌倉市1-6-2田口ビル2階
     0467-24-4499 
     定休日毎週水曜日と第二火曜
     小さなお店の小さな厨房で
     大きな板前さんが(下駄だったからかな?)
     丁寧にお料理と向き合っている姿を見ながら
     食事を楽しめます。
     鎌倉に立ち寄られたらぜひ! 
     HPありました。 
 → 日和
   
     
スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:4  
[diary
comment
横浜駅
西口や東口やら、何本の線も合流していて、確かに方向感覚なくなりますよね。

でも良かった、良い人に巡り会えて。鎌倉に無事着けて。
2010/12/14 15:18 | | edit posted by tokiko
Re: 横浜駅
ときこさま
この長いブログを読んで下さってありがとうございます。
現在、三章目を書いています。
気功の学校で毎月、当たり前のように会っていた人と
違う土地で会うのはとても新鮮でした。
感動というおまけもついて。
色んな人に感謝です。
2010/12/14 21:38 | | edit posted by あゆみ
和料理日和でございます
こんにちは。
先日はご来店ありがとうございました。
大変な道のりののち、日和に
たどり着いていただいたご様子
ハラハラしながら 読ませていただきました。

素敵に店の紹介をして頂いて
大変嬉しいです。
またゆっくりいらして下さいませ。
2011/02/02 11:20 | | edit posted by 和料理日和
Re: 和料理日和でございます
日和さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
とても素敵な時間を過ごせたこと
営業時間が大幅に過ぎていたのに
暖かくもてなしていただいたこと
昨日のように覚えています。
必ず又、お邪魔します。
その日を楽しみにしていますね。
2011/02/02 21:19 | | edit posted by あゆみ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。