スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 諭吉セブン
 
[スポンサー広告
これは何?
先日、久々に写真教室に行ってきた。
今まで2回行っただけだけど
ブログを読んで下さっている方から
もうずっと習っているように
思ってもらっているらしい。
私の家から写真教室のある、
玉造までは少し遠いのと
なかなか休みが合わなくて
これでやっと3回目それも約半年振り。
うまくなるはずがない。

玉造でJRを降りて
写真を少し出力したくて
セブンイレブンを探すが見当たらない。
ベビーカーを押している若いお母さんに尋ねるが
信号を3つ先に行けばと聞き、歩き出した。
途中でツタヤがあったのでふらっと入ると
さっきの若いお母さんが私を追いかけ店内に入ってきて
もっと近い場所に
セブンイレブンがあるのを思い出したらしい。
右手に赤ちゃんの乗ったベビーカー、
左手には小さい子と手をつないで
わざわざ店内まで、本当にありがとう。

大阪駅の人ごみのどこかで
カメラケースを落としてしまい
(マジックテープがボロボロになっていた)
少し落ち込みがちだったけど
優しいお母さんに会ったおかげで
笑顔で写真教室のドアを開いた。

写真教室でほりのうち先生に見せた写真は
それぞれ説明がないと
わからない写真ばっかりだった。

IMGP2679_convert_20101126234137.jpg
私:包丁がきれいに手入れされていて青魚みたいに感じたんです
先生:そういう視点はいいですね。

IMGP2709_convert_20101124225621.jpg
IMGP2600_convert_20101116005304.jpg
IMGP2362_convert_20101020222052.jpg
先生:いい笑顔ですね、人を撮るのはとてもいいと思います。
私:モデルさんがいいので、
  誰が撮ってもいい写真になる人達です。
  (再登場の皆さん、すいません。個人的にとても気に入っています!)
IMGP2150_convert_20101014230517.jpg
先生:これは何ですか?山芋のふかしたのですか?

IMGP2409_c<br />onvert_20101023233135.jpg
私:屋外のアート展で羊のオブジェの中に
自分とこの犬を置いたんですが、
リードをくくっとかないとすぐ走ってどこかへ行ってしまうので
先生:この羊は粘土ですか、材質は?

IMGP2536_convert_20101103001746.jpg
私:これはカタログハウスの222万円もらえる
  猫の写真のコンテストに応募したのですが
  20000件以上ある応募写真の中で、
  カメラで見てると思わなかったのですが
  出力するとどれよりも暗い写真になってしまいました。
先生:暗いですねー。


そんな感じの会話だった。
前回、先生は
「ざーっと撮らない」
「全体をとらずに、一部分からイメージさせる」
ということをはっきり言って下さり
それ以降、撮り方も
かなり考えて変な写真も多くなった反面
撮りたい写真に少しでも近づけたなら
いいかなと思ったりする。
今回は
「光をうまく使う」
「ピントは点でなく面」
「背景に気を使う」などを教えてもらう。

そして私は突然、気付いた。
いつもどこかへ行くからカメラを持っていく。
そして思ったように撮れなかったりする。
でも、物をいろんな角度から撮ったり
ななちゃんを散歩の時にいろいろ考えて
試して撮ったら、きっと上手くなって
いざという時に
撮りたい写真がとれるんだと。
「先生、わかりました!!」
と急に悟ったように話す私。
それでも先生は初心者に慣れておられる上に
優しい人なので「そうですね」と
わかりきったことにうなずいて下さった。
次回、行くまでに
時間が許す限り練習したり
背景をもう少し考えたら
違う写真が撮れるかもしれない。

今日は体調がもう一つだったけど
やっぱり習いに来てよかったな。
行きはケースを落としたので
裸で鞄に入っていたカメラを
帰りはヨガウェアにカメラを包み
大切に持ち帰る。

今日はかなり構えて行った。
もっとびしびし先生に言われるつもりだったけど
思いのほか、誉めて下さり
少し拍子抜けするくらい。
「きっとこの生徒は誉めないと伸びない、来なくなる」
と思われたのかもしれない。
「少し体調が」と言って気を使って下さったのかも。

カメラを持ちだして8ヶ月、
写真も3000枚を超えた。
変な写真もたくさんあるけど
気に入った写真も撮れている。
こんなに楽しいとは思っていなかったけど
来年もたくさん撮ろうと
今からとても楽しみ。
とりあえず年内は写真の整理だけで終わりそう。
バレーの写真やら
結婚式の写真やら
恐ろしい数、200枚を超える写真を
何とか年内に整理し、渡していかなければ。

私の写真はコメントがつかないと
わからないものが多い。
でも「これは何ですか?」と
先生に聞かれて解説するのは私自身、
とても楽しかったので
又、この先生を「は?」と驚かせられるような
写真をきっと次回も持って来よう。
「先生、もっとはっきり言って下さい」と
厳しいアドバイスを求めたがる困った生徒だけど
来年もよろしくお願いします。

エレファンとカメラノート写真教室改め→木草写真教室



スポンサーサイト
Posted by 諭吉セブン
comment:0  
[カメラ
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。